オウンドメディア戦略の事例から見る成功のための目的設定

オウンドメディアの戦略を決めるには、目的を先に決定する必要があります。つまり、何のためにオウンドメディアを運用するのかをベースにして、戦略が決定されるということです。成功しているオウンドメディアは、目的がはっきりとしており、それに合わせたコンテンツ制作を行ない、情報を発信しています。オウンドメディア運用に実績のあるメディファンドが、成功事例から戦略と目的を解説します。

参考オウンドメディアとは

参考他社がオウンドメディアを運用する目的と設定しているKPI

参考オウンドメディアでSEO対策に失敗する企業5つの共通点

オウンドメディア戦略の成功事例

オウンドメディアと一口に言っても、その目標は企業によって異なります。例えば、すぐに想定できるのは新規顧客の獲得ですが、それ以外にも既存顧客との交流であったり、自社の価値観に適合した人材の採用であったりさまざまな目的でオウンドメディアは活用されます。
代表的なオウンドメディアの成功事例と紹介されるWebサイトおよびその目的をまとめると次のようになります。それぞれの特徴について説明します。

  • サイボウズ式|知名度向上に特化
  • Hugkum(ハグクム):ユーザーの信頼度を上げる
  • アマノ食堂|顧客のエンゲージメント向上
  • Lidea(リディア)|商品開発・販売のヒント
  • メルカン|採用ブランディング
  • 北欧、暮らしの道具店|ECサイト一体型

サイボウズ式|知名度向上に特化

サイボウズ式のWebサイト
サイボウズ式はChatworkやkintoneなどのグループウェア開発・提供を行っている企業が運営しているオウンドメディアです。オウンドメディアといっても、自社の製品やサービスについてはほとんど紹介せずにサイボウズの「チームワーク」「働き方」「多様性」などに対する価値観を外部に伝えることを目的にしています。
メディアを運用する際は通常アクセス数やPVなどのKPIを設定しますが、あえてサイボウズ式ではKPIを追求せずに自社の価値観に則った記事を公開しています。
とはいえ、月間PV数は平均20万PV以上あり、過去にはFadebookで1万いいね以上を集めた記事もあります。
サイボウズの企業としての知名度及びイメージの向上に貢献しているメディアだと言えます。

Hugkum(ハグクム)|ユーザーの信頼度を上げる

HugKumのWebサイト
Hugkumは出版社の小学館が運営するオウンドメディアで、幼児から小学校低学年のお子様がいる保護者を対象にしたメディアで、「パパママの教養」「学ぶ」「自由研究」「健康」「遊ぶ」「食べる」「ファッション・美容」「おでかけ・旅行」などの多様なテーマの記事を公開しています。月間総PV数は1,100万PV以上、月間総UU数は600万UU以上を誇っています。
子育てに悩むユーザーに役立つ情報を提供することを大切にしており、商品を紹介する場合も自社の商品だけではなく他社の商品も含めて良い商品をセレクトして紹介しています。自社の販促ではなくユーザー利益を重視する姿勢を示すことにより会社に対するユーザーの信頼度向上の効果が期待できます。

アマノ食堂|顧客のエンゲージメント向上

アマノ食堂のWebサイト
アマノ食堂はアサヒグループ食品が運営している食に関するオウンドメディアです。「おいしい食・人・暮らしのあれこれが集まる場所」をコンセプトに料理に関するレシピ集、料理人のコラム・対談、食材や調理方法に関する豆知識などが掲載されています。
月間100万PV以上を誇るメディアで、ターゲットとなる30代前後の女性の取り込みに成功ています。アマノ食堂ではメディアで自社商品以外にもついても積極的に紹介しながら、コンバージョンの1つとして自社のフリーズドライのお試しセットの申し込みを設定しています。これはメディアを通じて顧客のエンゲージメントを向上させ、最終的にお試しセットからマネタイズしようとしているのだと考えられます。

Lidea(リディア)|商品開発・販売のヒント

LideaのWebサイト
歯磨き粉や洗剤などの日用品メーカーのライオンが運営している「Lidea(リディア)」というオウンドメディアは商品開発・販売のヒントを獲得するためのオウンドメディア事例として挙げられます。
リディアでは商品を使って日常生活のちょっとした悩み事を解決する課題解決型のコンテンツが豊富に用意されています。
これからのコンテンツに対するユーザーのメディア内の行動を分析することにより消費者動向のインサイトをつかみ、営業担当が販売店舗への商品提案に役立てたり、製品の売り上げアップに活用したりしています。
ライオンのように主に販売店経由で商品を販売する形態をとっている企業の場合、メディアで直接売上アップを狙うのではなく、メディアでデータを収集して、そのデータを間接的に販売に役立てるといった手法も有効です。

メルカン|採用ブランディング

メルカンのWebサイト
メルカンはフリマアプリのメルカリが運営している採用のためのオウンドメディアです。メルカン内では社内の様子や雰囲気、仕事内容などがわかるコンテンツが豊富に用意されています。
オウンドメディアは売上アップや認知度向上といったフロントオフィス側の役割だけではなく、採用・人事といったバックオフィス側にとっても有効な武器となりえます。
採用のためのオウンドメディアを運営することにより、応募者の母集団を増やす、入社後のミスマッチを防ぐなどの効果が期待できます。

北欧、暮らしの道具店|ECサイト一体型

北欧、暮らしの道具店のWebサイト
オウンドメディアの成功事例としてよく語られるのが「北欧、暮らしの道具店」というメディアです。北欧テイストの雑貨を取り扱っているクラシコムという通販会社が運営しているメディアで、ECサイトとメディアが一体型になっているという特徴があります。
オウンドメディアと共にSNSも運営しており、新商品の情報や生活に役立つ知識・コラムを配信して多くのファンを集めています。
通販サイトの場合、店舗のように接客ができず、Amazonのように型番商品を中心に販売していると価格競争に陥りがちなので、いかに商品の魅力を伝え価格以外で勝負するのかは重要なポイントとなります。
「北欧、暮らしの道具店」にはこのようなメディアを使ったECの販促に関するヒントが数多く含まれています。

オウンドメディア戦略を立てる前に目的を考える

オウンドメディアは無目的で運営しても成果をあげられません。メディアの運営・構築の前提として、目的を考えなければなりません。目的によって設定すべきKPIは異なりますし、必ずしもアクセス数やPVなどの指標にこだわるべきではないケースもあります。メディアの運営目的は大別すると「知名度の向上」「ブランディング」「新規ユーザーの確保」「商品開発・販売のヒント」の4種類に分類できます。
参考オウンドメディアのコンセプト設計方法-情報収集段階のユーザーニーズに応える-

参考WebマーケティングにおけるKPI設定方法と成約までの目標指標事例

参考ゼロから立ち上げるオウンドメディアの作り方マニュアル

知名度の向上が目的の場合

製品やサービスの知名度向上のためにオウンドメディアを活用する場合があります。商品の知名度が低く、情報が少ないといくら良い商品であってもユーザーは購入するのに二の足を踏みます。特に自社で直販せずに、小売店などを通じて商品を販売しているメーカーの場合、小売店の棚に自社の商品を置いてもらう、消費者が陳列されている商品から自社の商品を選ぶためには知名度は重要な要素となります。
例えば、課題解決型のメディアを運営することにより、自社の商品名やサービス以外の検索キーワード経由で集客、ユーザーに悩みを解決すると共に自社の商品を簡単に紹介することにより商品の知名度を向上させるといった手法が考えられます。

ブランディングが目的の場合

オウンドメディアは会社や商品のブランディングにも役立ちます。サイボウズのサイボウズ式やメルカリのメルカンはその典型的な例だといえるでしょう。
メディアによるブランディングにおいてポイントとなるのは、売上アップだけではなく採用や組織づくりにも活用できることです。また、ブランディングを主目的にするのであれば、アクセス数やPV数などのどれだけリーチしているかを計る数値をKPIとせずに、ユーザーのリピート率や平均PV数のようないかにユーザーがメディアを読み込んでいる、リピートしているかを計る指標に気をつかうべきです。

新規ユーザーの確保が目的の場合

新規ユーザーの確保についてもオウンドメディアは有効なツールとなりえます。例えば、比較サイトのようなサービスにとってメディアは安価にユーザーを集める手法としてよく採用されています。
ただし、新規ユーザーを獲得していきなり商品の購買に至るというケースは少ないので例えばメルマガやLINE登録者を増やすことを目標にして、その後の営業方法は別途準備するといったように、新規ユーザー獲得から売上になるまでの一連の過程は設計しておくべきです。

商品開発・販売のヒント収集が目的の場合

オウンドメディアには商品開発・販売のヒントに役立つ情報が集まります。例えば、アクセスが集中しているコンテンツ、流入キーワードにはユーザーの悩み・商品開発に関するヒントが隠れていますし、販売する際の商品の見せ方の参考にもなります。
ただし、これらのデータを分析、品質を担保するためには一定以上のサンプルが必要になるのである程度のPV数が確保されたうえで、SEO対策が十分なことが条件になります。メディア運営の初期にはこのような目標は難しいかもしれませんが、一定以上のメディアに成長すれば、そこから商品開発・販売のヒントを見つける仕組みづくりもした方が良いでしょう。

オウンドメディア戦略は目的を基本にして決定される

どの目的を選択するかによってオウンドメディアのコンテンツ作りやKPIの管理手法など運営に関わるさまざまなことが変わります。よって、メディアを構築する際には第一に目的を明確にすることが重要です。
「知名度の向上」「ブランディング」「新規ユーザーの確保」「商品開発・販売のヒント」がよくある目的ですが、例えば知名度の向上、新規ユーザーの確保の両方を目指すといったように複数の目標を両立させることも可能です。

オウンドメディア戦略のメリットと他社事例

「新たなマーケティングとして、オウンドメディアを始めようかな」と考えてはいませんか?とはいえ、オウンドメディアって具体的にどんなことをすればいいのか悩んでしまいますよね。そこでこの記事では、

  • オウンドメディアでできること
  • オウンドメディアのメリット
  • オウンドメディアの導入方法

について詳しく解説します。オウンドメディアの導入は、メディアの設計を理解できればそこまでハードルは高くありません。これからオウンドメディアの導入を検討している人は参考にしてみてください。

オウンドメディアは企業が運営・管理するメディア

オウンドメディアとは、企業が自社ブログやメールマガジンなどを運営および管理しているメディアのことです。オウンドメディアを使うことで、

  • 商品や企業の認知度を上げる
  • 新しいお客様を獲得できる
  • オンライン経由のお客さまを増やす
  • お客さまの満足度を上げる
  • 企業のコンセプトを広める
  • メディアによるマネタイズ

などができます。

近年では、スマートフォンやパソコンの普及によって、お客さまがインターネットを使って企業や商品の情報に触れる機会が増えました。オウンドメディアは、低コストで情報の発信ができるだけでなく、費用対効果が高いことから注目されています。

オウンドメディア戦略と目標の設定方法

オウンドメディアを活用するなら、まずは戦略を立てる必要があります。オウンドメディアの戦略を立てる手順は、

  1. 目的を設定する
  2. ターゲットを設定する
  3. コンセプトを設定する
  4. 編集の体制を調整する

です。それぞれ詳しく説明します。

1.目的を設定する

まずは、オウンドメディア運営の目的をはっきりさせましょう。運営の目的がはっきりすると、自然とメディアの方向性が決まりやすくなります。方向性が決まっている場合、運営の途中で軌道を修正しやすくなります。一般的にオウンドメディア運営の目的は、

  • 資料請求の件数を増やす
  • 会社やサービスを知ってもらう
  • 広告で収入を得る

などが上げられます。

2.ターゲットを設定する

次に、オウンドメディアのターゲット(ペルソナ)を設定します。ターゲットを明確にすることで、読者がオウンドメディアにどんな情報を求めているのかをイメージしやすくなります。例えば、自社オリジナルのプロテインを訴求したい場合。ペルソナを

  • 性別:男性
  • 年齢:30代前半
  • 職業:サラリーマン
  • 住所:東京都
  • 体型:やせ型
  • 所得:450万
  • 悩み:仕事で忙しいため、効率良く筋肉をつけたい

と設定することで、どんな読者に対し商品を提供するべきかがはっきりします。

3.コンセプトを設定する

サイトのコンセプトを決めることで、情報の発信における軸を設けることが可能です。軸を設けることで、メディアを運営でのズレを防止できます。例えば、「どんな人にどんな商品を進める」かを決めておくことで、狙ったターゲットに対して的確に情報を提供してオウンドメディア運営における方針のズレをなくします。

4.編集の体制を調整する

オウンドメディアを運営するには、「戦略を立てる」「運営を始める」「分析や改善をする」という3つの体制が必要です。
「戦略を立てる」の場合、

  • 市場の調査
  • コンセプトの設定
  • 目的の設定

などを担当します。
「運営を始める」の場合、

  • サイトの設計
  • SEOの対策

解析ツールを導入
などを担当します。
「分析や改善をする」の場合、

  • 目的の達成率を分析
  • 改善案の提示
  • コンテンツの公開

などを担当します。

トリプルメディアの活用例

オウンドメディアのほかにも、

  • ペイドメディア:テレビやWEB広告など、お金を払って情報を広めるメディア
  • アーンドメディア:口コミサイトやSNSなど、第三者が広めるメディア

も存在しており、これらを合わせて「トリプルメディア」と呼びます。 トリプルメディアは、企業マーケティングの中心 とされています。例えば、自社の商品において

  1. インフルエンサーに、オウンドメディア上でのコンテンツ制作とSNSでの拡散を依頼する
  2. Facebook広告を依頼する

ことで、商品の知名度を効果的に上げることができます。

オウンドメディアにおける6つのメリット

オウンドメディアのメリットは、

  1. 企業としての資産となる
  2. 見込み客を獲得しやすい
  3. 訴求しやすいコンテンツが作れる
  4. ファンをつくることができる
  5. お客さまの情報を得られる
  6. データを分析して新たなコンテンツが作れる

の6つがあげられます。それぞれ詳しく説明します。

1.企業としての資産となる

オウンドメディアは、サイト自体が企業としての資産になります。自社でメディアを管理することで、運用にかけるコストや力を入れるポイントを決めることができます。また、メディアとして形が残るものに投資できるので、かけたコストが無駄になりません。さらに、メディアの内容をコントロールすることで 長期的にも資産化しやすい です。

2.見込み客を獲得しやすい

オウンドメディアは、ユーザーと直接コミュニケーションを取れるので見込み客を獲得しやすいです。有益な情報を提供しお客さまの信頼を獲得することで、 新規ユーザーから見込み客へと引き上げ ることができます。

3.訴求しやすいコンテンツが作れる

オウンドメディアは、SNSや広告枠がいらないため訴求しやすいコンテンツが作れます。企業の商品やターゲットによって、 お客さまに適した表現で訴求 することが可能です。

4.ファンをつくることができる

オウンドメディアは、価値のあるコンテンツを提供することでファンをつくることができます。ファンをつくることで 継続的にサービスの利用や商品の購入 をしてもらうことが可能です。

5.お客さまの情報を得られる

オウンドメディアを通じて会員登録をしてもらうことで、お客さまの情報を取得することが可能です。例えば、会員登録の際にお客さまの

  • 年齢
  • 性別
  • 職業

などを入力してもらうことで、自社サービスを求めているユーザー層がわかります。オウンドメディアでは、お客さまの情報から 新たな施策を考える ことができます。

6.データを分析して新たなコンテンツが作れる

ユーザーの行動データを分析することで、新たなコンテンツをつくることが可能です。例えば、新規ユーザーがどんなキーワードで自社サイトにアクセスしたのかを分析することで、新たなキーワードからの流入を増やすことができます。ユーザーの行動データを分析してメディアを拡大することで、 新しいお客さまをつくる ことができます。

オウンドメディアを使った成功例

オウンドメディアを使った成功例は、

  • 企業の認知度を高める:サイボウズ株式会社
  • 求人の10%が利用ユーザーに:株式会社バーグハンバーグバーグ
  • メルマガの購読者数が70万人を突破:日本電気株式会社(NEC)

があげられます。それぞれ詳しく説明します。

企業の認知度を高める:サイボウズ株式会社

引用:サイボウズ式

サイボウズ株式会社は、新しい価値を生み出すチームをつくるため「サイボウズ式」という情報サイトを運営しています。その結果、サイボウズ式を経由して求人が来るほど 企業の認知度を高める ことに成功しました。

求人の約10%が利用ユーザーに:株式会社バーグハンバーグバーグ

引用:ジモコロ

株式会社バーグハンバーグバーグは、地方の魅力を面白く伝える「ジモコロ」というWebサイトを運営しています。その結果、バイトや正社員として 求人に応募する人の約10%は、「ジモコロ」を見たことのあるユーザー となりました。

メルマガの購読者数が70万人を突破:日本電気株式会社(NEC)

引用:NECマネジメントパートナー

日本電気株式会社(NEC)は、経営・IT・歴史をテーマにしたビジネスメディアを運営しています。その結果、メルマガの購読者数が70万人を突破し、 数億円の利益アップ となりました。

成功事例として取り上げたオウンドメディアを目指すには、立ち上げるまでに入念な準備が必要です。オウンドメディアを導入するには、どこから始めるのかを次でお伝えします。

オウンドメディアを導入するための4ステップ

オウンドメディアの導入は

  1. ペルソナを明確にする
  2. サイトのコンセプトを決める
  3. サイト内での導線をつくる
  4. サイト及びコンテンツをつくる

というステップを踏みます。それぞれ詳しく説明します。

1.ペルソナを明確にする

まずは、ペルソナ(読者)を明確にしておく必要があります。例えば、読者は

  • 男性なのか女性なのか
  • 職業はなにをしているのか
  • どんなことに困っているのか
  • 休日はどんなことをしているのか

をはっきりさせることで、 サイトの方針を決まりやすく します。

2.サイトのコンセプトを決める

ペルソナが決まったら、次はサイトのコンセプトを決めてみましょう。先ほど決めたペルソナに「何を提供するのか」をはっきりさせます。提供するコンテンツを決めることで、 オウンドメディアの方向性を定める ことが可能です。

3.サイト内での導線をつくる

ペルソナとコンセプトが決まったら、サイトの設計について考えます。例えば、

  1. ユーザーの悩みを分析
  2. 悩みを解決できる商品を紹介
  3. 商品を詳しく紹介
  4. 購入する

などの視点からサイトをつくることで、コンテンツ同士で導線を引くことができます。これにより 効率的にサイトの運営 ができます。

4.サイト及びコンテンツをつくる

上記で決めたことを基に、実際にサイトやコンテンツをつくっていきましょう。サイトとコンテンツは、 同時につくる ことができるのでスケジュールに合わせて進めてみてください。

メディア運営はSEOだけでなくオウンドメディアが攻略のカギ

今までのマーケティングは、SEOだけに力を入れている企業が多くみられました。しかしトリプルメディアを使い、企業ブランドを確立しているケースも多いです。その中でもオウンドメディアは、メディア攻略において中心となる存在です。まずは、自社のサービスをどんなユーザーが求めているのか洗い出すところから始めてみましょう。

オウンドメディアとは?事例から分かる自社Webメディアの存在意義

オウンドメディアとは、消費者に対して発信する自社情報媒体すべてを指しますが、Webマーケティングの領域においてはブログやポータルサイトなどの情報ストック型Webメディアを意味します。

オウンドメディアの位置づけと顧客獲得の仕組み
▲オウンドメディアは検索エンジン、SNS、広告からアクセスを集め、見込み客育成を行う中継地点の役割をもつ

オウンドメディアとは

オウンドメディアとは、自社が所有するWebメディアを意味します。

アーンドメディア・ペイドメディアと合わせて「トリプルメディア」と呼ばれる、マーケティング戦略に用いられるメディアを3種類に分類した概念のひとつです。

トリプルメディアは、それぞれ

オウンドメディア=自社が所有する

アーンドメディア=SNSなどで自然拡散する

ペイドメディア =広告費を支払って掲載する

という性質を持っています。

オウンドメディアの特徴は、自社で管理・運営を行うため、発信する情報を自社でコントロールすることができる点です。

マーケティング戦略に合わせて、見込み顧客やファンに向けて適切な情報を提供することができます。

また、インターネットやSNSの普及・多様化によって、企業と顧客のコミュニケーションにはさまざまな形式ができました。

 多様化するコミュニケーションにおいて、オウンドメディアはアーンドメディア・ペイドメディアを補完し、相乗効果を生み出すことができます。 
トリプルメディアとは
▲トリプルメディアの内訳とオウンド、アーンド、ペイドメディアの連携

アーンドメディアは発信内容が顧客にゆだねられているため、内容を自社でコントロールすることができません。しかし、オウンドメディアよりも顧客同士や自社と顧客間のコミュニケーションに長けています。

ペイドメディアは広告のスペースや文字数に制限があるので、伝えたいメッセージをすべて伝えきることはできません。しかし、オウンドメディアよりも多くの人に認知される影響力を持っています。

トリプルメディアにはそれぞれに役割があり、強みと弱みを補完し合うことで、相乗効果を生み出すことができます。

トリプルメディアのそれぞれの役割については「>トリプルメディアとはオウンド,アーンド,ペイド3種のメディア」を参考にしてください。

オウンドメディアが注目されるようになった2つの理由

オウンドメディアが注目されるようになったのには、2つの理由があります。

1.広告費の削減

オウンドメディアは広告費の削減手段として注目されています。

国内のインターネット広告媒体費は

2010年 6,077億円

2018年 1兆4,480億円

(引用:>日本の広告費|電通)

と、年々高騰していて、今後も高騰を続けると予想されています。

従来のマーケティング戦略では、リスティング広告やバナー広告といったインターネット広告や、新聞広告・テレビCMなどのペイドメディアが売上を伸ばす有力な手段でした。

しかし現在では、顧客とのコミュニケーションの接点が多様化したため、そのすべてで広告を出稿するには、予算がいくらあっても足りません。

競合他社よりも少しでも露出を多くするには、単純に他社よりも費用をかける必要があるからです。

約3割の企業が500万円以上をWeb広告費に充てているという調査結果もありますが、従来のマーケティング戦略のまま、費用削減をすると売上も落ちてしまいます。

(引用:>リスティング広告とは?平均費用、キーワードの選定、平均数値などまとめました!|エムタメ

その点、オウンドメディアは自社で構築・運用をすると1万円以下で可能です。

ペイドメディアに比べて断然安く、顧客へのアピールをすることができます。

また、コンテンツをストックできるので、たとえ更新が止まったとしても顧客へのアピールを続けることができます。

過去のコンテンツであっても、掲載されている情報が顧客から求められ続ける限りは検索やSNS経由で読まれるからです。

 オウンドメディアを運用することで、低価格で顧客を生み出すコンテンツという資産をストックすることができます。 

2.ブランディング効果

オウンドメディアにはブランドイメージを刷り込む効果があります。

ブランディングが成功すると、iPhoneのように例え販売金額を上げても、顧客に選んでもらえるようになります。

オウンドメディアでのブランディングは、専門性の高いコンテンツをストックしていくことで、顧客が繰り返し訪問し、成果を出していきます。

顧客に「このサイトは役に立つ情報を提供してくれる」と認識されることで、サイト、そして自社への信用度が増していきます。

また、コンテンツを通じて自社のメッセージを伝えることで、自社への共感や企業理解も期待できます。

顧客の「ファン」化に成功すると、商品やサービスの販売に「売り込み」は不要です。オウンドメディアで作られた信頼感によって、顧客は自社の商品・サービスを選択してくれるようになります。

競合他社と比較検討されにくくなったり、継続発注をもらいやすくなるなど、 ファンを作ることで売り上げの増加が期待できます。 

オウンドメディアの事例

しっかりと目的を定め、運用に成功しているオウンドメディアの事例を3つ紹介します。

レッドブル・ジャパン

(引用|>レッドブル・ジャパン

レッドブル・ジャパンの公式サイトでは、スポンサーをしているスポーツの大会やアスリートに関するコンテンツを掲載しています。

商品の紹介は最小限にとどめ、レッドブルの企業理念や商品のイメージ構築を目的としています。

mercan(メルカン)

(引用|>mercan(メルカン)

「mercan(メルカン)」はフリマアプリ「メルカリ」を運営する株式会社メルカリのオウンドメディアです。

メルカリの会社としてのカルチャーや、社員の人柄が伝わるようなコンテンツを掲載しています。

メルカンの運用によって、一般の顧客が会社自体のファンになってくれるだけでなく、就職希望者に社内の雰囲気などを伝えることができるため、カルチャーマッチする人材を採用できるという特徴があります。

北欧、暮らしの道具店

(引用|>北欧、暮らしの道具店

「北欧、暮らしの道具店」は株式会社クラシコムが運用するオウンドメディアです。

ECサイトでもありながら、スタッフの商品使用レビューやメイク・ファッションに関するコンテンツを掲載しています。

まだ商品を買う気がない人に商品のイメージを持ってもらい購買意欲を高めることを目的にしています。

しっかりとした目的の設定は、オウンドメディア成功の鍵になっています。

やみくもにコンテンツを作成するだけでは、顧客の信頼を得ることやファン化を期待することはできません。

目的に沿ったオウンドメディア運用で顧客をファンにする

質の低いコンテンツでは検索流入が少なくなるため、オウンドメディアの特徴である広告費削減とブランディングという効果を発揮できないばかりか、かろうじて流入してくれた顧客に対して「役に立つ情報がない」とマイナスイメージを付けてしまうことさえあります。

商品の認知度向上・採用向けのブランディング・オンラインでの購入増加・企業の世界観を広める・新規顧客の獲得・既存顧客のファン化など、オウンドメディアでできることは多岐わたります。

目的に沿った質の高いコンテンツを掲載することで、オウンドメディアを100%活用することができます。

オウンドメディアのSEOが失敗する理由

オウンドメディアのSEOが失敗する理由

オウンドメディアはうまく活用できれば驚くほど自社の業績と認知度を高めることができます。しかし、言葉だけが一人歩きしすぎてうまく活用できず失敗している企業も多くあります。

「うちもこれで事業を波に乗せよう」と意気込んで始めても、うまくいかない失敗パターンを5つお伝えしていきます。

1.コンテンツが増える前に予算をオーバー

ネット上にはあまりにも数多くのオウンドメディアがありますが、ほとんどのサイトがコンテンツ数が少ないです。

 数を増やしてGoogleインデックスを高めていき、効果が出るまでに多少なり時間と記事数が必要となります。 有名な企業のサイトであっても認知度は上がりません。

すぐに結果がでないからといって、失敗と判断するのは大きな間違いです。コンテンツが注目度を集めたり会社の認知度が高まったりするようなことを期待しすぎないことが重要です。そしてコンテンツを地道に増やしながら早くても半年から1年と言った時間を考えていく必要があるわけです。うまく予算などが組めず、収益が出る前にそのオウンドメディアを閉鎖させなければいけなくなってしまいます。

2.コンセプトがなく、他のサイトとの差別化がされていない

オウンドメディアの中のコンテンツを増やす時、基本的にチームを組んで作成します。サイトのコンセプトや方向性がバラバラでターゲットがブレてしまい、ユーザーに離脱されてしまうことがよくある失敗例です。

とにかく、時間がかなりかかると担当者がよくわきまえ、 一貫したコンセプトで維持し続けることを計画しましょう。 質の低下やモチベーションの低下を予防することが可能です。

3.収益化に集中してユーザー離れが起こる

メディアの最終的な目的はもちろん業績を高めるために、ひたすら売ることばかりに執着しているせいで誰も寄り付かなくなってしまいます。例えば、記事まとめコンテンツを作った場合にユーザーは役立つと感じず、企業の宣伝ばかりをしているページがよくあります。

恋愛と同じように、相手の話を聞かずひたすら自分の売り込みを必死にやっている人がモテないのと同じです。そこで コンテンツをきちんと作り込んでサービス等の宣伝はあくまで控えめに押さえておくことが重要です。 

4.PVの向上や拡散を狙いすぎている

アクセスを集めてユーザーを拡散しようという考え方だけではいけません。メディアをうまく活用できないパターンに陥ってしまいます。

 アクセス数を増やそうとするばかりで、ターゲットに関係ない記事を量産すると失敗してしまいます。 一時的に注目度を上げるための施策としては有効かもしれませんが、すぐに興味を失われてユーザーが離れていき収益につながらないのです。

5.執筆者や運営者の負荷がかかり続けられない

ペルソナをかなり限定的にしすぎると、記事作成できなくなってしまいます。SEO対策のキーワードを盛り込みペルソナを限定し、記事執筆をしてアップするのはかなり手間がかかります。

記事のネタがなくなって執筆の負荷が大きくなってしまいます。また、執筆するライターに多くのことを要求しすぎて、記事を書ける人がいなくなってしまうか、かなり高額の報酬を払わなければいけなくなってしまうこともあります。。

コンセプトを立てて長く続けられるメディアへ

オウンドメディアの力を過信しすぎて、すぐに結果が出ると勘違いしてしまっている運営者は数多くいます。

多くのアクセスが集まっているサイトも地道に記事を書き続けていたということを忘れないようにしましょう。失敗例を参考にオウンドメディアを見直してみてはいかがでしょうか。

今さら聞けないオウンドメディアの意味とは?運用の注意点を徹底解剖!

今さら聞けないオウンドメディアの意味とは?運用の注意点を徹底解剖!

2年ほど前から注目されているオウンドメディアというワード。

今回の記事では”価値が上がり続ける不動産”とも言われているオウンドメディアの中身と実態に迫っていきます。

アクセスアップを第一優先としたブログ運営はもうやめましょう!

マーケティングの本質を理解して人が集まるサイトを作っていきたいですね。

オウンドメディアとは

引用元: Google Trend

曖昧な意味で遣われることが多いオウンドメディアというワードですが、歴史を紐解いていくとなぜ曖昧な言葉になったのか分かってきますよ!

インターネット上では、オウンドメディア以外にもペイドメディア、アーンドメディアという全部で3種類のメディアがあり、それぞれバランス良く運用していくことが重要になってきます。

今回はその中でもオウンドメディアに焦点を当てて見ていきましょう。

オウンドメディアの定義

オウンドメディアとは「Owned(自分のもの)」と「Media(情報発信場所)」が組み合わさったものです。

ところが、オウンドメディア(Owned Media)という言葉の意味は2つあるんです。

広義の意味でのオウンドメディアと狭義の意味でのオウンドメディアは少し違います。

  1. 英単語の意味そのままで「自社の媒体」
  2. コンテンツマーケティング用「自社”情報”サイト」

・自社媒体という意味のオウンドメディア

自社が使っている情報発信媒体であればなんでもオウンドメディアだと言う意味で使っている人もいます。

「自社で運営していれば全てオウンドメディアでしょ!」

ということで、ネットに限らず、広報誌、ニュースレター、HP、ブログ、無料ブログ、SNS、メルマガもオウンドメディアに含まれます。

・自社“情報サイト”という意味のオウンドメディア

主に情報提供型ブログサイトを指します。

もともとのオウンドメディアは広報誌やパンフレットを指す言葉でしたが、近年インターネットが普及したことにより、自社で運営するオンライン上の情報サイトをオウンドメディアと呼ぶようになりました。

特に日本では人(潜在顧客)が求める情報(自社の宣伝臭さを消した情報)を発信し、メールマガジンのリスト取得などを行うサイトを指すことが多いです。

情報というコンテンツを発信して集客をするコンテンツマーケティングの一環としてオウンドメディアを運用するのが一般的です。

この記事では日本で一般的に使われている自社“情報サイト”という意味でオウンドメディアを解説していきます。

ブログとオウンドメディアの違い

もともとブログというのは「weblog(ウェブログ)」というインターネット上に書く日記でした。ところが、コンテンツマーケティングが流行りだし、自分が気軽に書く日記から人が求める情報発信サイトに移り変わって行きました。

現在もブログを日記として使っている人が多いのですが、そのような書き方では検索エンジンからの集客が見込めません。

つまり、ブログというWebサイト(ワードプレス等)を使って本来の意味である日記にすることもできますし、人が求める情報にフォーカスしたオウンドメディアにすることも可能なんです。

「ブログはオウンドメディアに含まれる」と説明する人もいれば、「ブログとオウンドメディアは違う」という人両方いるのはこのためです。

オウンドメディアを持つべき4つのメリット

1.広告費を大幅に削減できる

インターネット広告には様々な広告形態がありますが、全体的な料金相場を見ていきましょう。

広告媒体費(=掲載費)は上昇傾向にあります。

インターネットの利用率や利用率時間の向上はどうしても広告費の上昇を招きます。

【グラフ&表】日本の広告費推移(2005~2014年)|number

インターネット広告媒体の1つであるリスティング広告と自然検索の費用対効果を見てみましょう。

リスティング広告に関してはこちらの記事をご覧ください。

オウンドメディアのは主に検索流入を狙ってアクセスを集めるので、クリックあたりの費用をここで知っておくと良いかと思います。

自然検索のクリックが80%、リスティング広告からのクリックが20%の場合、自然検索からのクリックに比べてリスティング広告での費用は10倍以上になります。

インターネット広告費を削減し、オウンドメディアからの流入を増やしたい企業が多く存在するため、オウンドメディアを所持する企業が近年急激に増えてきたのです。

引用元: 「2012年度国内SEO市場規模予想」クロスフィニティ株式会社のプレスリリースより、「2012年日本の広告費」電通 運用型広告費より

2.オウンドメディアがあればプル型集客が可能

オウンドメディアの戦略は知らぬ間に読者がファンになっていく仕組みだということ。

人間は無意識のうちに広告を見ることを避けてしまい、宣伝や売り込み臭さのある場所へは人は集まりにくくなります。

オウンドメディアには商品ではない別の価値を求めて人が集まってきます。会社案内や提供サービスの説明ページさえも無いオウンドメディアも多数存在します。

オウンドメディアのフッターにちょこっとコーポレートサイトのリンクが貼ってあるケースがほとんどです。

3.一度書いた記事はずっとアクセスの流入が見込める

一度外部サイトにリンクが貼られた場合は、外部のサイトにアクセス流入がある限り自分のサイトへのアクセスも見込めます。アクセスがあるサイト同士、ちゃんとした理由で相互にリンクが貼られていたらずっとアクセスは安定しそうですね!

また、誰かが情報を求め続けている限り検索から読者が訪れる可能性があります。まさに記事は財産です。

4.必要なくなったら売却できる!

実は安定したアクセスが見込め、物理的に老朽化しないオウンドメディアは売却できるんです!今まで苦労して育てたサイトを手放すのは寂しいですが、その苦労が価値になるんです。

そして、現代ではWebサイトが資産として見られる時代になっています。安定した売上を見込めるサイトを担保にして銀行から融資を受けることができるんです!

所有年数が経過するにつれて資産価値が減少する不動産よりも担保として安心できるかもしれませんね。

日本で初めてWebサイトを担保に銀行が融資を行ったのは現在(2017年)から13年前にも遡ります。

2003年にサイトを担保に融資を行ったことが書かれた記事(引用:ウェブサイトが銀行貸付の担保に|スラド)

毎月サイトから得られる利益が100万円の場合、だいたい2000万円くらいでサイトの売却が可能です。

多くの人がオウンドメディアの運用を断念するのは成果が出ない時期も根気よく続けなければならないことにあります。ある程度アクセスがあるサイトはそれだけで価値なのです。

情報サイト売買の取引を仲介してくれているサイトが多数あります。

広告費を使って成果が出なかった場合、無駄金となってしまいます。

しかし、記事の更新は成約に繋がらなくてもサイトの売却価値向上に貢献します。

独自ドメインの自社所有サイトでないと売買できません。

オウンドメディアを構築するまでにすべき5ステップ

日記みたいに気が向いた時に自分が思ったことを書くだけのブログとは全く違います。オウンドメディアはしっかりと集客に結びつくようなやり方で計画を立てて設計していくことが重要です。

運営を介してからサイト経由で販売したいものが変わったりすると、サイト内の設計が大きく変わってしまうことになりかねません。慎重に準備を進めていきましょう。

1.サイトから最終的に販売したいサービスを決めよう

最終的に販売する商品・サービスから逆算して設計すると効果が最大化します。

最終的に販売するものよりも提供する情報を先に決めてしまうと、集客の一貫性がなくなってしまいます。

ペットのしつけ情報サイトを作ってたくさんのアクセスが集まったのに、最終的な販売物がパーソナルトレーニングジムだった場合は成約率が大きく下がってしまいます。

ただのボランティアサイトになってしまいますので、赤字になりかねません。

最終的に販売する商品から逆算した素敵なオウンドメディアの成功事例を紹介します。

オウンドメディアで犬に関する情報サイトを所有している企業がトヨタ自動車株式会社です。

「ペットと一緒に外出するなら大きい車が必要でしょ。」

というニーズを引き出すためのサイトです。

引用元: トヨタドッグサークル|トヨタ自動車株式会社

ペットと一緒に外出したい読者を集める戦略です。

猫と一緒に外出する人は少ないので、犬に絞って情報提供しています。

ペットと一緒に泊まれる旅行先やドッグランなどの紹介も行っています。

2.ターゲットを明確にしよう

最終的に販売するサービスが決まっていれば、そのサービスを販売すべきターゲットを明確にしましょう。

トヨタ自動車の犬の情報オウンドメディアは、

「ペットと一緒に出かけたい」

という人をターゲットにしています。

見込み客として期待できるターゲットが響く記事を更新しないといけません。

ターゲットの困りごとは何かをしっかり明確にするためにも、しっかりペルソナ設定をしましょう。

これまでサービスを購入してくださったお客様からしっかりヒアリングを行い、オウンドメディアの構築に望みましょう。

ターゲットを明確にしたらページ全体のデザインや記事のネタ、コンセプトが決まります。

3.読者に響く強力なオファーでリストを集める設計をしよう

オウンドメディアの一番の長所は宣伝臭さがないのに見込み客レベルを向上させることができることです。

情報を求めて集まった人は、知らぬ間にサイトのファンになっていきます。

読者がファンになりやすい理由は、サイトが読者の問題解決をしてくれたから信頼関係を築きやすいからです。また、過度な売り込みを行わない媒体(あくまでオウンドメディアは情報媒体だから)なので、ファンになった後にサービスの宣伝をすることができます。

サービスの宣伝を効果的に行うために、サイト内ではなくメールマガジンなどで宣伝を行う場合が多いのです。

Webサイトからメールマガジンに場所を移して宣伝をしていきます。

メールマガジンに登録してくれるということはファンになった証です。

ファンが喜ぶ情報をメールマガジンで発信していきましょう。

4.闇雲に更新するのではなく、記事ごとの役割を決めよう!

毎回人に役立つ情報を淡々と公開すればそれでいいということではありません。

1つのオウンドメディア内に別々の役割を持った記事が存在するんです。

僕のサイトの記事を使って説明していきます。

1.話題性重視記事

主にSNSからの流入を意識した記事です。シェアされやすいように話題を選んだり、一般ウケする記事に仕上げたりします。

急上昇検索ワードをSEOメタキーワードに入れたネタ記事です。話題のニュースを取り上げたらアクセスが集まりやすいんです。SNSでシェアされやすいのはもちろん、検索順位の観点でも話題性のある情報は新しい記事を優先的に検索上位に表示する傾向があります。もちろん、その分すぐに検索順位が下がったり、そもそもそのキーワードを検索する人が少なくなったりします。

おもしろ系や可愛いペットネタ、エンタメニュース系はシェアされやすいですが一過性のアクセスだということを認識しておきましょう。

このサイトでもたまに話題性記事を作成します。

例えばアディーレ法律事務所が懲戒処分を受けたニュースがあったとき、こんな記事を書きました。

アディーレ法律事務所の広告って即金系ネットビジネス広告より可愛いよね

ニュースの報道があった次の日くらいに記事をアップしたのですが、アップした2日後に「アディーレ 誇大広告」で検索順位1位になり検索流入からのアクセスがありました。

アディーレの広告をインターネットマーケティングに絡めることによって別の記事に誘導することが目的でこの記事を作成しました。

話題性重視記事だけにアクセスが集まっても成約率が低いため収益化はできません。

話題性重視記事は記事内にしっかりお役立ち情報記事へのリンクを貼ることがポイントです。

2.お役立ち情報記事

ノウハウ記事を更新することによって検索して求める情報を提供し、絞られた見込み客を集めることが目的の記事です。

「車 外車」と検索する人は、外車の中古車買い取りに関心がある可能性が高いというターゲットの絞り込みができます。そこで中古車販売サイトへ誘導してあげたほうが、闇雲にバナー広告を掲載するより効果的です。

僕の記事で言うと、アンカーテキストリンクの貼り方と設定の仕方を解説したノウハウ記事です。

ブログに関心があるはずの人を集めて、適切なタイミングで宣伝をすることができます。

お役立ち情報提供記事を書くコツは、検索ユーザーの悩み解決を記事にすることです。

3.サービス布石記事

サービスの案内をいきなり見せても効果的ではありません。実際にお客様がサービスを購入するまでの過程を計算して予め知っておくべき知識を提供しておきましょう。

事業の強みをアピールする記事でもあります。

例えば、このメディファンドではあまり一般的ではない情報を発信することがあります。

一般的ではない知識(見込み客自身が調べようとも思っていない)=検索されにくいので、アクセスを集めることに関しては都合の悪い記事なんです。

ですが、サービスの良さを理解してもらうまでに必要な情報なんです。

弊社ではオウンドメディアの運用サービスを行っているので、お客様の依頼に対するハードルを下げてもらうためにこのような記事を作成しました。

オウンドメディアに対して求めるものが集客だけだと思っていた人にとって不動産という新しい定義付けが出来れば

「オウンドメディアについてもっと知りたい!」

と思ってもらうことが可能になります。

オウンドメディアの必要性を感じない人に向けてサービス依頼・購入案内のページを見せても離脱率が高くなってしまいますので、それまでにしっかり読者の考え方を増やして上げる必要があるのです。

4.セールス記事

ランディングページや商品・サービス宣伝記事です。

メディファンドサービス案内ページ(ランディングページ)
読者がサービスを購入したくなるような文章構成にし、必要性を認識してもらうことが目的の文章です。

サービスや商品の購入を促す記事を書いてもいいですし、メールマガジンの登録を促す記事でも構いません。

しかし、この手のセールス記事の割合はサイト記事全体の1割以下にすることをおすすめします。

宣伝を受けるべきではない読者が多いオウンドメディアでは、宣伝記事をたくさん更新しすぎないようにしてください。

記事下やサイドバーにバナーを貼ってランディングページに飛ばすことが一般的なようです。

それぞれの役割をしっかり果たす記事を書いていきましょうね!2つの役割を担う記事があっても全然大丈夫です!

基本的な考え方は、見込み客の段階に合わせた記事を書いて、ターゲットを教育していこうという考え方です。

6段階の見込み客レベルを知って、適切な集客アプローチ行おう!

5.オウンドメディアのポジショニングを決めよう!

情報発信にも色んなタイプの情報があります。ここでは3つのタイプのオウンドメディアタイプを解説していきます。

ソーシャル流入型オウンドメディア

ニュース性や話題性に特化してアクセスを爆発的に稼ぐのに特化したソーシャル流入型オウンドメディア。ニュース系オウンドメディアはこれに当たります。SNSでシェアされるのはもちろん、SmartNewsやグノシーなどのキュレーションメディア(まとめサイト)に取り上げられることでアクセスを爆発的に稼いでいます。

短所としては、見込み客レベルの低い人が集まるため、大量のアクセスを集めないと売上につながらないことです。このタイプのメディアはSNSなどでシェアしてもらうことにより拡散するため、短時間で広まりやすいです。また、SEOのアルゴリズムで評価基準にしにくい画像や動画に力を入れているのも特長の1つです。

検索流入型オウンドメディア

情報を財産として捉え、検索流入からのアクセスを集めることにより安定した売上を作ることが大きなメリットです。質の高いコンテンツは何年も何処かから流入が見込めます。デメリットとしては、成果が出るまで時間がかかるため、根気と投資が必要です。ちゃんと正しく質の高いコンテンツを更新していれば必ず出るのが検索流入型オウンドメディアの良いところです。失敗のリスクが少ないですね。

ブランド型オウンドメディア

顧客フォローをしてリピーター顧客獲得などの目的を持って運営をしているオウンドメディアが多いです。すでに商品や事業に対して信頼している人が集まるサイトです。

宣伝臭さが強めでも受け入れてもらいやすい媒体になっています。

ブランド型メディアにするためにはメディアだけでなく、事業全体が多くの人に信頼して貰う必要があります。

コカ・コーラなど認知度の高いブランド事業出ない限り、検索流入型オウンドメディアよりも根気のいるメディアです。

タイプ ソーシャル流入型 検索流入型 ブランド型
見込み客のレベル
開始後のアクセス 集めやすい 集めにくい 知名度に影響
大まかな特長 画像や動画を活用している 文量が多い 商品名や事業名がサイト名に入ってる事が多い
事例
  • BBQ GO!(日本ハム)
  • ニキペディア(プロアクティブ)

6.実際にサイトをつくろう!

USPとコンセプトを固める

検索上位になりたいキーワードを予め決めたら、そのキーワードで上位に表示されるサイトの強み、コンセプトを分析しましょう。これができていないサイトが多いから印象に残らないサイトが多く存在してしまうのです。

商品や事業のことを知りたくて訪れるわけではない人に対する集客アプローチなのに、オウンドメディアの差別化としっかりしたコンセプトが決まっていないのはとってもリスクが大きいんです。

似たような情報がはびこるインターネットで求められるサイトになるためには、事業の強みをふんだんに発揮した差別化戦略と、ターゲットの悩みにフォーカスしたコンセプト設計が重要になります。

サイトを作成する

これでやっと自社のオウンドメディアを作成することができます。ドメイン、レンタルサーバーを契約しましょう。できればドメイン取得時にサイト名(例:メディファンドposts)を含めると効果的です(僕はこれを知らなくて後悔してます。)。サイト名はサイトのイメージを印象づけできたり、覚えやすいものがおすすめです。サイトのファンになった人が後に検索しやすいような名前にしましょうね!

デザイン面においては、レイアウトがとても重要になってきます。CTA(クリックを促すボタン)を記事ごとに設置し、メールマガジンに取得してもらうための誘導をしっかり行いましょう。サイドバーに設置するのもいいです。

ライターを外注するなら制作を依頼している間にライターを探しておき、しっかり教育しておきましょう。文章力に長けたライターでも、サイト運営の方向性やターゲットを理解してもらう必要があります。また、サイトのコンセプトからずれない文章の書き方をしっかり伝えておきましょう。

オウンドメディア運営における三禁

1.宣伝したい気持ちを抑えるべし

オウンドメディアの最も大きなメリットは、宣伝だと思われないことです。普段調べ物をする際に情報を求めてどこかしらのサイトに訪れる機会があるかと思います。そのときに宣伝を受けた気分になる情報だと情報に対する信頼度が薄くなりますよね。

読者はただ単に情報を求めているだけです。

宣伝臭さがなければ読者はサイトのファンになります。もちろん、ファンになってから宣伝した方が成約率が高いのでファンにさせるようなコンテンツを作成していきましょう!

2.無意味なアクセスを求めるなかれ

「アクセスが増えない・・・」

サイトを開設したばかりの頃はどうしてもアクセスが集まりません。検索エンジンからの流入も少ないでしょう。かと言って話題性のあるおもしろネタとか、ニュースネタばかり書いていると財産としての蓄積度が低くなってしまいます。

SNSでシェアされやすいような一過性のネタは瞬間的なアクセスは見込めるのですが、どうしても継続的なアクセスは見込めません。

また、おもしろ系や可愛い系、話題ニュース系、エンタメ系はアクセスが集まりやすいです。しかし、これらのネタは成約に繋がりにくいんです。サイトの売却価格にも大きな差が出てきます。アクセス数よりも、最終的に販売したい見込み客をどれだけ集めれているかが重要です。

分野ごとのブログサイト売買価格比較

サイトの概要 販売価格 月間売上 月間コスト 営業利益 月間平均 PV
芸能人や著名人を中心としたエンタメブログ 30万円 5,184円 591円 4,593円 15,383
中古車一括査定のアフィリエイトサイト 180万円 58,000円 1,000円 57,000円 15,000

(引用:サイト売買Z|サイト売買の決定版。ウェブサイトの売買、売却、買取、M&Aならお任せ。

無理してアクセスを集めようとすると、サイトのコンセプトがずれて何屋さんの情報サイトなのかがわからなくなってきます。

情報を診てもらう中で「〇〇屋さんの情報だから信頼できる!」⇛「お願いするならここにしよう!」のように考えが変化していくとサイト運営側としてはうれしいですよね。

特定の読者のためになる情報であることを忘れずにコンテンツを増やしていきましょう。

3.コンテンツ作成を単なる作業として思わないように気をつけるべし

100記事書いたらアクセスが増えるとか、1記事2000文字以上書かないといけないとか都市伝説があります。

コンテンツを増やすことが第一優先事項になっていると、頑張っても結果が出ない自体に陥ります。そもそも100記事とか2000文字とか指定しようとしていることがナンセンスです。2000文字以上の記事だとユーザーの満足度が急に上がるなんてことはありません。

これはあくまで一般的な目安です。記事数に関しては、Googleのロボットがたくさん巡回してくれる可能性を高めるためにページ数がある程度の目安になっています。「100記事更新してもアクセスが増えない」と嘆いている人は大勢いますが、質の低い記事を100記事書いたところで誰もリンクを貼ってくれませんし、検索上位表示もされません。文字数に関しては検索上位を狙うキーワードでの検索上位サイトよりも質とコンテンツ量が多い記事が良いですね。

都市伝説の決まりを守る前に他のサイト運営者が引用したくなる記事をバンバン更新していきましょう!

そして、「読者はここまで読んで何をもっと知りたいだろうか」「何につまずくだろうか」「分かりにくい表現はないだろうか」といちいち考えながら記事を書いていくと、自然と文字数は多くなります。

僕の考えとしては、記事の数をがむしゃらに増やすよりも記事の質と文字数が多い記事を検索されやすいキーワードを用いて丁寧に書いていくことがおすすめです。

オウンドメディア運用に必要な5つの能力

オウンドメディアを自社で運営する際どうしても必要な能力があります。

全ての能力を持っている必要はなく、社員で作業を分担し、定期的に会議を行うことをおすすめします。

1.マーケティング力

オウンドメディアで最も重要視すべきことは最終的に販売するサービスの成約率です。

メディアからメールマガジンの登録者数が多くても、最終的な成約率が低くては意味がありません。

ではどうすれば最終的な成約率が下がらないようにできるのでしょうか?

それは、最終的に販売する商品よりも事業が顧客に提供できる価値を最大限にアピールできるメディアを構築することです。

高級車が欲しくて車の情報を求めてオウンドメディアに訪れ、最終的に販売する車がスズキの車種だったら成約率は下がりますよね?

オウンドメディアスケールではなく、事業全体スケールでのマーケティングが重要です。その後、小さいスケールとしてWebマーケティングの構築を行っていきましょう。オウンドメディアの運用は最終的に販売したいサービスから逆算してメディアの更新を行っていくことが重要です。

オウンドメディア内でのゴールはお問い合わせか見込み客のメールアドレス取得だと思います。

読者にとってお問い合わせやメールマガジンを取得するベネフィット(お客様が得られる明るい未来)は何かを明確にしておき、思わず次のアクションを取りたくなるコンテンツ設計を行っていきましょう。

ただコツコツと記事を更新するだけだと効果が半減します。

2.SEO対策技術力

安定してアクセスを増やすにはSEO対策が必要不可欠です。

”技術力”と大層なことを言いましたが、読者のユーザビリティの向上に務めるという意識があれば大丈夫です。その考え方の下、いろんな施策に出たら良いのです。

平均して1日で約2回のSEOアルゴリズムのアップデートが行われています。SEOアルゴリズムをすべて知っている人はいません。

外部リンクを無理やり貼ってもらったり、あからさまSEOキーワードの詰め込み等を行っては行けません。

小手先のテクニックで検索上位表示を狙うことをブラックハットSEOといいます。

GoogleはコピーコンテンツやブラックハットSEOを簡単に見抜き、検索上位表示させないようにペナルティを課します。正々堂々と読者のためになるコンテンツの配信を行い続けましょう!

3.Webアクセス解析・分析力

Google AnalyticsやSearch Console、Google Trend、キーワードプランナーなどを使い様々な情報を洗い出します。

  • どの記事がアクセスが多いのか
  • なぜその記事のアクセスが多いのか
  • 訪れたユーザーはどのような行動フローを経て離脱しているか
  • どのメディア(SNS、キュレーションメディアなど)からの流入が多いか
  • メルマガ登録までのコンバージョン率はいくらか
  • 内部リンクで見込み客教育するときのコンバージョン率はいくらか
  • どの検索クエリから流入が多いのか
  • 検索表示回数の割にクリック率が低い記事はどれか
  • 検索順位が高いのに検索流入が少ない記事はどれか
  • 記事のメタキーワードにおける検索ボリューム・競合性はどれくらいか
  • 過去と比較して掲載順位が下がっていて、改善できる記事はどれか

など、解析しなくてはならないことがたくさんあります。

ただ単に数字を出すだけではなく、改善するために行うので結果に対する原因追求が目的の解析です。

インターネットだとどうしても読者の顔を見ることができません。感想を受け取るのも困難です。解析データという少ない情報ではありますが、読者の正直な感想が解析データには込められています。

見にくい記事ならすぐに「戻る」ボタンを押されてしまいます。

「面白い!」と思ってもらえたらページの滞在時間は増え、サイト内の別の記事を読んでくれます。

アクセス解析はお客様の声として受け取ってください。

4.編集企画能力

オウンドメディアはまさに雑誌と同じです。コンビニで並んでいるような週刊誌やファッション誌、スポーツ誌など様々な種類があります。雑誌の中身の情報を求めている人に満足してもらい、雑誌内に散りばめられた広告を診てもらうことが目的です。

「また読みたい!」「紹介してあげたい!」「会話のネタにしたい!」

こんな事を思ってもらうためにはどうしても記事の質を高める編集長的役割の人が必要です。雑誌の編集長の主な仕事は

  1. 企画
  2. ディレクション
  3. 進行管理
  4. ライター教育(外注時のみ)
  5. 原稿編集

です。意外とたくさんやることがあって忙しそうですね(笑)

こちらのフォームからメールアドレスを登録すると弊社がライターさんへ送っているマニュアルの一部(SEOライティング)をお渡ししています。

SEO対策改善レポート無料発行フォーム

5.ライティング力

  1. コンテンツ型ライティング:読者が求める情報を分かりやすく伝え、満足してもらうために必要
  2. 行動を促すコピーライティング:内部リンク誘導や読者に問い合わせなどのアクションを求める時に必要

上記2つの能力が必要になるので、ライターを外注する際はしっかり教育することが重要です。

行動を促すコピーライティングに関してのお話をしてる記事がこちら↓

ネット上で利益を生むには?セールスライティングとコピーライティングの違い

文字数だけ稼いだような低品質な記事はサイト全体の評価を下げることになります。

SEOライティングができるライターがいればなお良いですね!

弊社の場合は外部ライターに原稿作成を依頼する前にライティングに関する教育を受けてもらっています。ワードプレスで記事作成を行う場合の技術的な情報や書き方を指導しています。

予めライターさんが作成した原稿をワード形式で受け取り、添削となぜその文章がダメだったのかのコメントをつけてライターに返送します。この過程でライターの能力が上がり、質の高いコンテンツが出来上がります。

まとめ

オウンドメディアを作って1年目でサイト制作費を回収したいというのは、株式を所有して配当金だけで株式購入費用を賄おうとすることと同じです。

また、企業の課税所得の避難場所として今後の安定集客につながるオウンドメディアの制作&運用を行うと良いかもしれませんね。

売却できるようにサイト設計をすれば、オウンドメディアは広告媒体の枠を飛び越え、価値が上がり続ける不動産としてみなすことができます。

売却できるオウンドメディア制作&運用のお問合わせは下記リンクから。

”売却できるオウンドメディア”完全運用サービス(初年度50~100%キャッシュバックあり)
アーンドメディア、ペイドメディアって?トリプルメディア戦略を事例を交えて解説!

アーンドメディア、ペイドメディアって?トリプルメディア戦略を事例を交えて解説!

今回お伝えするトリプルメディア戦略は、メディアの特性を活かしてそれぞれで連携を取っていくことに意味があります。

今回の記事はこんな人に読んでいただきたい内容になっています。

  • 「SNSとブログ、どっちやったほうが良いのかね?」と考えている人
  • インターネット広告を打とうと考えている人
  • SNSに力を入れている人
  • ネット広告しかやっていない人
  • 広告の費用対効果を高めたい人

トリプルメディアの意味とは?

トリプルメディアとは日本語に訳すと「3種類のメディア」という意味です。

企業が情報を発信しながらマーケティングを行う時に、この3つのメディアの連携をおこなっています。

この3種類は何を指すのでしょうか?

本来これから紹介する3つのメディアは、インターネットマーケティングで多く用いられる言葉です。今回の記事ではインターネットマーケティングの視点で解説を行っていきます。

  1. ペイドメディア(paid media)
  2. オウンドメディア(owned media)
  3. アーンドメディア(earned media)

それではそれぞれのメディアについて詳しく見ていきましょう。

ペイドメディアの意味

ペイドメディア(paid media)とは、対価を支払って掲載してもらうタイプのメディアのことです。

「お金でとにかく宣伝したい!早く成果を出したい!」という人は是非ペイドメディアを活用してください。

ペイドメディアとは、TVCM、新聞、ラジオ、看板、雑誌などに掲載される広告の部分のことを言います。

ペイドメディアのメリット

  • 資金があれば短期間で宣伝を行うことができる
  • 商品・サービスの認知度向上につながる
  • 潜在顧客にアプローチできる

ペイドメディアのデメリット

  • 資金が必要
  • 認知が目的の場合(CM、看板など)効果を計測することが難しい

広告の目的がすぐに問い合わせを目的とするものなら実際に見込み客の行動を確認することができるので効果の有無を確認し易いが、単純接触回数を増やすことによる認知度向上が目的の場合、直接的な行動に結びつかないので効果を計測することが難しい。

ペイドメディアの事例

ブログサイトなどの広告枠に自動で切り替わるタイプのディスプレイネットワーク広告

Googleディスプレイネットワーク広告や、Yahooディスプレイネットワーク広告が有名です。ブラウザのユーザーがかつて訪問したWebサイトやユーザーの行動から考えられる興味関心に対応して広告を表示することができる(DMP)のが強みです。

検索結果画面の上下にあるリスティング広告

検索エンジンを利用した検索ユーザーが求めているであろう情報に関係する広告を表示することができます。

絞り込まれたターゲティング設定ができるため、無意味な広告掲載を減らすことができます。

ASP(アフィリエイトセンター)に登録し、アフィリエイターが自由に広告を選ぶアフィリエイト広告(A8netバリューコマースJAネットなど)

引用:A8net

ASP(アフィリエイトサービスプロバイダ)に広告主が広告ページを出稿し、アフィリエイターがその広告を色んな媒体で拡散してくれるサービスです。クリック課金や販売出来高制にすることが可能です。その代わり、アフィリエイターが「掲載したい!」と思うような報酬設定でないと選ばれません。

コンテンツ内に紛れ込ませ、自然なクリックを狙うインフィード広告(Facebook、SmartNews、Yahoo!JapanTOPなど)

TOP画面のニュースに紛れ込んでさらっと広告があるのを見たことがあるかと思います。

近年(2017年)の流行は、宣伝バリバリのランディングページを広告に掲載するより、紛れ込んでいる場所に合ったタイプ(上記のニュースに紛れた広告の場合は記事タイプのページ)にすることが流行のようです。他のリンクに溶け込むことが長所のインフィード広告を上手く活用していきましょう。

今回いくつかインターネット広告に関してお伝えしましたが、ここではしっかり説明できないくらい様々なタイプの広告があります。

詳しい広告の種類は別の記事で解説します。

オウンドメディアの意味

オウンドメディア(owned media)とは、自社で保有・管理しているメディアのことです。

詳しくは今さら聞けないオウンドメディアの意味とは?で説明しています。

インターネットマーケティングの世界でのオウンドメディアとは、独自ドメインのブログサイトのことを言います。

自社の情報かつ、ユーザーが知りたい情報を提供し続けるオンラインマガジンがオウンドメディアです。

今読んでくださっている本Webサイトもオウンドメディアです。

オウンドメディアの事例

現在の日本では数え切れないほどの企業がオウンドメディアの導入をはじめており、検索エンジンで訪れるサイトのほとんどがオウンドメディアと言ってもいいくらいでしょう。

ニキペディア

某有名オウンドメディアコンサル会社のクライアント企業です。

ニキビに悩む人が求めているであろう情報を提供し、最終的にニキビを治すためのケア商品を販売することを目的としたオウンドメディアです。

ニキペディア(プロアクティブジャパン)

マイカジスタイル

花王が所有している情報サイト。家事のちょっとした工夫を集めています。その工夫の1つに「弊社の洗剤を使うと時短に!」のようなあからさまな記事もちらほらあります(笑)

マイカジスタイル(花王)

以下にオウンドメディアサイトの例がまとまったサイトをご紹介します。

Owned Media.me

最強のオウンドメディアはこれだ!企業サイトの100事例まとめ

様々な業種でオウンドメディアが活躍しています。

リスティング広告の費用が高騰してきた現代ではこうした情報サイトを作って検索流入を狙う企業が増えています。

オウンドメディアのメリットとデメリット

メリットとしては、独立した専門情報サイトと言う位置付けになるため、企業のブランディング、商品・サービスのブランディングにつながります。

また、検索上位表示されるサイトで有り続ければ、ずっとアクセスが安定することがとても大きなメリットかと思います。

デメリットとしては、情報の質の向上と手間にコストがかかってしまうということです。

早くて1年を見てくれると安定したアクセスが見込めると思ったほうが良いでしょう。

オウンドメディアの制作手順に関して詳しく説明されている記事があります。

アーンドメディアの意味

アーンドメディア(earned media)とは、ユーザー自体が情報の発信・紹介を行うメディアのことです。earnedとは信頼を獲得・稼ぐことを意味します。

口コミサイトや意見のやり取り、共有ができるSNSなどがこれにあたります。

アーンドメディアの種類

おもなアーンドメディアとして

  • Facebook
  • LINE
  • Twitter
  • YouTube
  • 無料ブログサービス
  • 2ちゃんねる

など、他人のメディアとのつながりを感じられるサービスがアーンドメディアと呼ばれるものです。

アーンドメディアのメリットとデメリット

メリットとしては、話題を呼ぶコンテンツがあれば一気に拡散するということです。お金を書けないのに即効性があるかもしれません。

デメリットとしては、企業のブランディングができないということです。

アーンドメディアはあくまで口コミの要素が強い媒体です。

口コミ=噂なので、情報の信頼度はどうしても薄くなります。

他のデメリットとして、一過性のブームにしかならないということです。

サイトを運営している人はわかると思いますが、SNSからの流入は本当に安定しません(笑)

トリプルメディアをどのように組み合わせると効果的か

最終目標はオウンドメディア一本!

安定したアクセスとブランディングが見込める情報サイトのファンが作れたら、広告費も必要ありません。

オウンドメディアが育ったあとは、コンタクトを取る場所(コメントをもらったり、ページ更新のお知らせをしたりする場所)としてSNSを使っていきましょう。

面白くて役に立つ記事を書いていけば自ずと誰かがSNSでシェアしてくれます。

オウンドメディアが育てば更新のお知らせを受け取れるメールマガジンなどに登録を促しましょう。

トリプルメディアをゼロから構築する場合は。。。。

それぞれのメディアのメリットとデメリットをおさらいします。

即効性のあるものと時間がかかるものを両方一緒にやっていきましょう!ということで、

即効性が見込めるメディア:ペイドメディア、アーンドメディア

育つのに時間がかかるメディア:オウンドメディア

同時に稼働させましょう!

SNSでフォロワーやファンを増やし、後ほどオウンドメディアに流入させます。

その間に広告で顧客の反応を見ながらオウンドメディアのコンセプト決めやネタ決めをしていきましょう。

まとめ

最終ゴールはオウンドメディアですが、どうしても育つまで時間がかかります。それまでにできることをしっかりやっておくという意味でペイドメディア(広告)やアーンドメディア(SNS)を使うとお互いの短所を補える関係性になります。

それぞれの長所を活かし、短所を補う戦略をトリプルメディア戦略といいます。

トリプルメディアの中で何にあたるものなのかをしっかり認識しながらそれぞれにあった集客アプローチを行っていきましょう!