オウンドメディア戦略のメリットと他社事例

「新たなマーケティングとして、オウンドメディアを始めようかな」と考えてはいませんか?とはいえ、オウンドメディアって具体的にどんなことをすればいいのか悩んでしまいますよね。そこでこの記事では、

  • オウンドメディアでできること
  • オウンドメディアのメリット
  • オウンドメディアの導入方法

について詳しく解説します。オウンドメディアの導入は、メディアの設計を理解できればそこまでハードルは高くありません。これからオウンドメディアの導入を検討している人は参考にしてみてください。

オウンドメディアは企業が運営・管理するメディア

オウンドメディアとは、企業が自社ブログやメールマガジンなどを運営および管理しているメディアのことです。オウンドメディアを使うことで、

  • 商品や企業の認知度を上げる
  • 新しいお客様を獲得できる
  • オンライン経由のお客さまを増やす
  • お客さまの満足度を上げる
  • 企業のコンセプトを広める
  • メディアによるマネタイズ

などができます。

近年では、スマートフォンやパソコンの普及によって、お客さまがインターネットを使って企業や商品の情報に触れる機会が増えました。オウンドメディアは、低コストで情報の発信ができるだけでなく、費用対効果が高いことから注目されています。

オウンドメディア戦略と目標の設定方法

オウンドメディアを活用するなら、まずは戦略を立てる必要があります。オウンドメディアの戦略を立てる手順は、

  1. 目的を設定する
  2. ターゲットを設定する
  3. コンセプトを設定する
  4. 編集の体制を調整する

です。それぞれ詳しく説明します。

1.目的を設定する

まずは、オウンドメディア運営の目的をはっきりさせましょう。運営の目的がはっきりすると、自然とメディアの方向性が決まりやすくなります。方向性が決まっている場合、運営の途中で軌道を修正しやすくなります。一般的にオウンドメディア運営の目的は、

  • 資料請求の件数を増やす
  • 会社やサービスを知ってもらう
  • 広告で収入を得る

などが上げられます。

2.ターゲットを設定する

次に、オウンドメディアのターゲット(ペルソナ)を設定します。ターゲットを明確にすることで、読者がオウンドメディアにどんな情報を求めているのかをイメージしやすくなります。例えば、自社オリジナルのプロテインを訴求したい場合。ペルソナを

  • 性別:男性
  • 年齢:30代前半
  • 職業:サラリーマン
  • 住所:東京都
  • 体型:やせ型
  • 所得:450万
  • 悩み:仕事で忙しいため、効率良く筋肉をつけたい

と設定することで、どんな読者に対し商品を提供するべきかがはっきりします。

3.コンセプトを設定する

サイトのコンセプトを決めることで、情報の発信における軸を設けることが可能です。軸を設けることで、メディアを運営でのズレを防止できます。例えば、「どんな人にどんな商品を進める」かを決めておくことで、狙ったターゲットに対して的確に情報を提供してオウンドメディア運営における方針のズレをなくします。

4.編集の体制を調整する

オウンドメディアを運営するには、「戦略を立てる」「運営を始める」「分析や改善をする」という3つの体制が必要です。
「戦略を立てる」の場合、

  • 市場の調査
  • コンセプトの設定
  • 目的の設定

などを担当します。
「運営を始める」の場合、

  • サイトの設計
  • SEOの対策

解析ツールを導入
などを担当します。
「分析や改善をする」の場合、

  • 目的の達成率を分析
  • 改善案の提示
  • コンテンツの公開

などを担当します。

トリプルメディアの活用例

オウンドメディアのほかにも、

  • ペイドメディア:テレビやWEB広告など、お金を払って情報を広めるメディア
  • アーンドメディア:口コミサイトやSNSなど、第三者が広めるメディア

も存在しており、これらを合わせて「トリプルメディア」と呼びます。 トリプルメディアは、企業マーケティングの中心 とされています。例えば、自社の商品において

  1. インフルエンサーに、オウンドメディア上でのコンテンツ制作とSNSでの拡散を依頼する
  2. Facebook広告を依頼する

ことで、商品の知名度を効果的に上げることができます。

オウンドメディアにおける6つのメリット

オウンドメディアのメリットは、

  1. 企業としての資産となる
  2. 見込み客を獲得しやすい
  3. 訴求しやすいコンテンツが作れる
  4. ファンをつくることができる
  5. お客さまの情報を得られる
  6. データを分析して新たなコンテンツが作れる

の6つがあげられます。それぞれ詳しく説明します。

1.企業としての資産となる

オウンドメディアは、サイト自体が企業としての資産になります。自社でメディアを管理することで、運用にかけるコストや力を入れるポイントを決めることができます。また、メディアとして形が残るものに投資できるので、かけたコストが無駄になりません。さらに、メディアの内容をコントロールすることで 長期的にも資産化しやすい です。

2.見込み客を獲得しやすい

オウンドメディアは、ユーザーと直接コミュニケーションを取れるので見込み客を獲得しやすいです。有益な情報を提供しお客さまの信頼を獲得することで、 新規ユーザーから見込み客へと引き上げ ることができます。

3.訴求しやすいコンテンツが作れる

オウンドメディアは、SNSや広告枠がいらないため訴求しやすいコンテンツが作れます。企業の商品やターゲットによって、 お客さまに適した表現で訴求 することが可能です。

4.ファンをつくることができる

オウンドメディアは、価値のあるコンテンツを提供することでファンをつくることができます。ファンをつくることで 継続的にサービスの利用や商品の購入 をしてもらうことが可能です。

5.お客さまの情報を得られる

オウンドメディアを通じて会員登録をしてもらうことで、お客さまの情報を取得することが可能です。例えば、会員登録の際にお客さまの

  • 年齢
  • 性別
  • 職業

などを入力してもらうことで、自社サービスを求めているユーザー層がわかります。オウンドメディアでは、お客さまの情報から 新たな施策を考える ことができます。

6.データを分析して新たなコンテンツが作れる

ユーザーの行動データを分析することで、新たなコンテンツをつくることが可能です。例えば、新規ユーザーがどんなキーワードで自社サイトにアクセスしたのかを分析することで、新たなキーワードからの流入を増やすことができます。ユーザーの行動データを分析してメディアを拡大することで、 新しいお客さまをつくる ことができます。

オウンドメディアを使った成功例

オウンドメディアを使った成功例は、

  • 企業の認知度を高める:サイボウズ株式会社
  • 求人の10%が利用ユーザーに:株式会社バーグハンバーグバーグ
  • メルマガの購読者数が70万人を突破:日本電気株式会社(NEC)

があげられます。それぞれ詳しく説明します。

企業の認知度を高める:サイボウズ株式会社

引用:サイボウズ式

サイボウズ株式会社は、新しい価値を生み出すチームをつくるため「サイボウズ式」という情報サイトを運営しています。その結果、サイボウズ式を経由して求人が来るほど 企業の認知度を高める ことに成功しました。

求人の約10%が利用ユーザーに:株式会社バーグハンバーグバーグ

引用:ジモコロ

株式会社バーグハンバーグバーグは、地方の魅力を面白く伝える「ジモコロ」というWebサイトを運営しています。その結果、バイトや正社員として 求人に応募する人の約10%は、「ジモコロ」を見たことのあるユーザー となりました。

メルマガの購読者数が70万人を突破:日本電気株式会社(NEC)

引用:NECマネジメントパートナー

日本電気株式会社(NEC)は、経営・IT・歴史をテーマにしたビジネスメディアを運営しています。その結果、メルマガの購読者数が70万人を突破し、 数億円の利益アップ となりました。

成功事例として取り上げたオウンドメディアを目指すには、立ち上げるまでに入念な準備が必要です。オウンドメディアを導入するには、どこから始めるのかを次でお伝えします。

オウンドメディアを導入するための4ステップ

オウンドメディアの導入は

  1. ペルソナを明確にする
  2. サイトのコンセプトを決める
  3. サイト内での導線をつくる
  4. サイト及びコンテンツをつくる

というステップを踏みます。それぞれ詳しく説明します。

1.ペルソナを明確にする

まずは、ペルソナ(読者)を明確にしておく必要があります。例えば、読者は

  • 男性なのか女性なのか
  • 職業はなにをしているのか
  • どんなことに困っているのか
  • 休日はどんなことをしているのか

をはっきりさせることで、 サイトの方針を決まりやすく します。

2.サイトのコンセプトを決める

ペルソナが決まったら、次はサイトのコンセプトを決めてみましょう。先ほど決めたペルソナに「何を提供するのか」をはっきりさせます。提供するコンテンツを決めることで、 オウンドメディアの方向性を定める ことが可能です。

3.サイト内での導線をつくる

ペルソナとコンセプトが決まったら、サイトの設計について考えます。例えば、

  1. ユーザーの悩みを分析
  2. 悩みを解決できる商品を紹介
  3. 商品を詳しく紹介
  4. 購入する

などの視点からサイトをつくることで、コンテンツ同士で導線を引くことができます。これにより 効率的にサイトの運営 ができます。

4.サイト及びコンテンツをつくる

上記で決めたことを基に、実際にサイトやコンテンツをつくっていきましょう。サイトとコンテンツは、 同時につくる ことができるのでスケジュールに合わせて進めてみてください。

メディア運営はSEOだけでなくオウンドメディアが攻略のカギ

今までのマーケティングは、SEOだけに力を入れている企業が多くみられました。しかしトリプルメディアを使い、企業ブランドを確立しているケースも多いです。その中でもオウンドメディアは、メディア攻略において中心となる存在です。まずは、自社のサービスをどんなユーザーが求めているのか洗い出すところから始めてみましょう。

オウンドメディアとは?事例から分かる自社Webメディアの存在意義

オウンドメディアとは、消費者に対して発信する自社情報媒体すべてを指しますが、Webマーケティングの領域においてはブログやポータルサイトなどの情報ストック型Webメディアを意味します。

オウンドメディアの位置づけと顧客獲得の仕組み
▲オウンドメディアは検索エンジン、SNS、広告からアクセスを集め、見込み客育成を行う中継地点の役割をもつ

オウンドメディアとは

オウンドメディアとは、自社が所有するWebメディアを意味します。

アーンドメディア・ペイドメディアと合わせて「トリプルメディア」と呼ばれる、マーケティング戦略に用いられるメディアを3種類に分類した概念のひとつです。

トリプルメディアは、それぞれ

オウンドメディア=自社が所有する

アーンドメディア=SNSなどで自然拡散する

ペイドメディア =広告費を支払って掲載する

という性質を持っています。

オウンドメディアの特徴は、自社で管理・運営を行うため、発信する情報を自社でコントロールすることができる点です。

マーケティング戦略に合わせて、見込み顧客やファンに向けて適切な情報を提供することができます。

また、インターネットやSNSの普及・多様化によって、企業と顧客のコミュニケーションにはさまざまな形式ができました。

 多様化するコミュニケーションにおいて、オウンドメディアはアーンドメディア・ペイドメディアを補完し、相乗効果を生み出すことができます。 
トリプルメディアとは
▲トリプルメディアの内訳とオウンド、アーンド、ペイドメディアの連携

アーンドメディアは発信内容が顧客にゆだねられているため、内容を自社でコントロールすることができません。しかし、オウンドメディアよりも顧客同士や自社と顧客間のコミュニケーションに長けています。

ペイドメディアは広告のスペースや文字数に制限があるので、伝えたいメッセージをすべて伝えきることはできません。しかし、オウンドメディアよりも多くの人に認知される影響力を持っています。

トリプルメディアにはそれぞれに役割があり、強みと弱みを補完し合うことで、相乗効果を生み出すことができます。

トリプルメディアのそれぞれの役割については「>トリプルメディアとはオウンド,アーンド,ペイド3種のメディア」を参考にしてください。

オウンドメディアが注目されるようになった2つの理由

オウンドメディアが注目されるようになったのには、2つの理由があります。

1.広告費の削減

オウンドメディアは広告費の削減手段として注目されています。

国内のインターネット広告媒体費は

2010年 6,077億円

2018年 1兆4,480億円

(引用:>日本の広告費|電通)

と、年々高騰していて、今後も高騰を続けると予想されています。

従来のマーケティング戦略では、リスティング広告やバナー広告といったインターネット広告や、新聞広告・テレビCMなどのペイドメディアが売上を伸ばす有力な手段でした。

しかし現在では、顧客とのコミュニケーションの接点が多様化したため、そのすべてで広告を出稿するには、予算がいくらあっても足りません。

競合他社よりも少しでも露出を多くするには、単純に他社よりも費用をかける必要があるからです。

約3割の企業が500万円以上をWeb広告費に充てているという調査結果もありますが、従来のマーケティング戦略のまま、費用削減をすると売上も落ちてしまいます。

(引用:>リスティング広告とは?平均費用、キーワードの選定、平均数値などまとめました!|エムタメ

その点、オウンドメディアは自社で構築・運用をすると1万円以下で可能です。

ペイドメディアに比べて断然安く、顧客へのアピールをすることができます。

また、コンテンツをストックできるので、たとえ更新が止まったとしても顧客へのアピールを続けることができます。

過去のコンテンツであっても、掲載されている情報が顧客から求められ続ける限りは検索やSNS経由で読まれるからです。

 オウンドメディアを運用することで、低価格で顧客を生み出すコンテンツという資産をストックすることができます。 

2.ブランディング効果

オウンドメディアにはブランドイメージを刷り込む効果があります。

ブランディングが成功すると、iPhoneのように例え販売金額を上げても、顧客に選んでもらえるようになります。

オウンドメディアでのブランディングは、専門性の高いコンテンツをストックしていくことで、顧客が繰り返し訪問し、成果を出していきます。

顧客に「このサイトは役に立つ情報を提供してくれる」と認識されることで、サイト、そして自社への信用度が増していきます。

また、コンテンツを通じて自社のメッセージを伝えることで、自社への共感や企業理解も期待できます。

顧客の「ファン」化に成功すると、商品やサービスの販売に「売り込み」は不要です。オウンドメディアで作られた信頼感によって、顧客は自社の商品・サービスを選択してくれるようになります。

競合他社と比較検討されにくくなったり、継続発注をもらいやすくなるなど、 ファンを作ることで売り上げの増加が期待できます。 

オウンドメディアの事例

しっかりと目的を定め、運用に成功しているオウンドメディアの事例を3つ紹介します。

レッドブル・ジャパン

(引用|>レッドブル・ジャパン

レッドブル・ジャパンの公式サイトでは、スポンサーをしているスポーツの大会やアスリートに関するコンテンツを掲載しています。

商品の紹介は最小限にとどめ、レッドブルの企業理念や商品のイメージ構築を目的としています。

mercan(メルカン)

(引用|>mercan(メルカン)

「mercan(メルカン)」はフリマアプリ「メルカリ」を運営する株式会社メルカリのオウンドメディアです。

メルカリの会社としてのカルチャーや、社員の人柄が伝わるようなコンテンツを掲載しています。

メルカンの運用によって、一般の顧客が会社自体のファンになってくれるだけでなく、就職希望者に社内の雰囲気などを伝えることができるため、カルチャーマッチする人材を採用できるという特徴があります。

北欧、暮らしの道具店

(引用|>北欧、暮らしの道具店

「北欧、暮らしの道具店」は株式会社クラシコムが運用するオウンドメディアです。

ECサイトでもありながら、スタッフの商品使用レビューやメイク・ファッションに関するコンテンツを掲載しています。

まだ商品を買う気がない人に商品のイメージを持ってもらい購買意欲を高めることを目的にしています。

しっかりとした目的の設定は、オウンドメディア成功の鍵になっています。

やみくもにコンテンツを作成するだけでは、顧客の信頼を得ることやファン化を期待することはできません。

目的に沿ったオウンドメディア運用で顧客をファンにする

質の低いコンテンツでは検索流入が少なくなるため、オウンドメディアの特徴である広告費削減とブランディングという効果を発揮できないばかりか、かろうじて流入してくれた顧客に対して「役に立つ情報がない」とマイナスイメージを付けてしまうことさえあります。

商品の認知度向上・採用向けのブランディング・オンラインでの購入増加・企業の世界観を広める・新規顧客の獲得・既存顧客のファン化など、オウンドメディアでできることは多岐わたります。

目的に沿った質の高いコンテンツを掲載することで、オウンドメディアを100%活用することができます。

なぜSEO対策にはコンテンツの質が重要と言われているのか?

なぜSEO対策にはコンテンツの質が重要と言われているのか?

SEO対策を施したコンテンツを更新することによって検索順位の向上を狙う施策をコンテンツSEOといいます。Googleはコンテンツに対して大きな評価基準を持っているのでコンテンツSEOが効果的だと言われています。

コンテンツSEO対策は弱者の戦略です。広告費やSEO対策に費やせる労力や費用が少ない企業に効果的な手段です。

本記事では、Googleが求める良質なコンテンツで検索上位表示を狙うSEO対策の方法をお伝えします。

コンテンツSEO対策の方法

1.適切なSEOキーワード選定を行う

▲コンテンツSEOで狙うと効果的なSEOキーワード(CV:コンバージョン)

検索ボリュームの大きいキーワードを狙うことがアクセスアップにつながる要因です。

また、競合サイトが力を入れてSEO対策をしているコンバージョン率の高いキーワードを選定してしまうと、上位表示までに時間がかかったり、上位表示させるためのコストが大きくなってしまいます。

2.ユーザーの検索意図を分析する

SEOキーワードを選定したら、なぜその検索キーワードを検索窓に入力したのかというユーザーの検索意図を分析する必要があります。(参考:検索意図とは

3.Googleが評価する良質な記事を作成する

  • 自然な被リンクを獲得できる記事
  • ユーザーが知りたい有用な情報を提供している記事

が良質な記事です。

Googleが定義する高品質なコンテンツとは

Googleの品質評価ガイドラインでは、高品質なコンテンツには下記3点が必要だと記載されています。

  • Expertise(専門性):その分野に対して詳しいこと
  • Authoritativeness (権威性):その分野において認められている存在であること
  • TrustWorthiness (信頼性):サイト及び運営者に信頼がおけること

参照元:品質評価ガイドライン(General Guidelines)|Google

Googleはコンテンツの質を検索順位を決める評価の一つとしています。

検索結果のより上位に自ページを表示させることに主眼を置く、品質の低いサイトの順位が下がります。その結果、オリジナルで有用なコンテンツを持つ高品質なサイトが、より上位に表示されるようになります。

引用:日本語検索の品質向上にむけて|ウェブマスター向け公式ブログ

良質なコンテンツを作成して発生する自然な被リンクは検索順位向上に大きく影響します。

PageRank のアルゴリズムでは、ページ間のリンクを「投票」と解釈し、どのサイトが他のページから最高の情報源として投票されているかを分析します。

引用:Google が掲げる 10 の事実|Google

※PageRankは2019年時点では非公開です。

自然な被リンクを獲得するコンテンツやユーザーにとって有益な情報をコンテンツにする場合はSEOで重要なコンテンツの質とはをご参考ください。

4.コンテンツを充実させる

類似キーワードを狙う競合サイトが多い場合は、コンテンツ数が多く、専門性の高いドメインが優遇されます。

しかし、評価が高くなるコンテンツ数に明確な基準はありません。

▲3記事の投稿で月間29000PVのサイト。広告出稿、SNS拡散などの施策は行っていない。

記事数や文字数を増やすよりも、質の高いコンテンツを増やすことが重要です。

5.SEO対策で効果を出しやすいサイト設計を行う

サイト設計で検索順位を向上させることができます。ユーザーが満足し、多くのページが閲覧されるサイトは高い評価を得ることが可能です。

各ページごとに掲載するリンク先、リンクの設置場所、クリックしたくなるバナー、ユーザーファーストなレイアウトなどでページ/セッションが大きく改善した事例が多々あります。詳しくは、コンテンツマップとはをご参考ください。

コンテンツSEO対策の基本的な考え方

コンテンツSEOの基本的な考え方は、ユーザーを満足させるということです。ユーザーを満足させるために、「ユーザーにとって、必要な情報を、必要な形で、必要な量だけ提供すること」を意識することが重要です。

  • ユーザーは何を知りたいのか
  • なぜその情報を知りたいのか
  • どのような形式でコンテンツ化したら満足するか
  • 伝える必要がない情報は排除しているか

上記を意識してコンテンツSEO対策に取り組みましょう。

コンテンツSEO対策4つのコツ

1.競合調査を行う

コンテンツSEO対策のメリットはドメインパワーの強い競合サイトを避けることができる点です。

キーワードプランナーで推奨入札価格が高いキーワードを避ける

▲推奨入札単価は他サイトが力をいれてSEO対策を行っているキーワードを示す指標

MozのDA(Domein Authority)を比較し、強いサイトを見極める

MozBar – Google Chromeを使用し、競合サイトのDA,PAが低いキーワードを選定することがコンテンツSEO対策の勝ち筋です。

2.ユーザーが求める情報を理解した上で執筆する

ユーザーが満足する情報とはなにかをリサーチする必要があります。検索ユーザーにニーズを把握する最も有効な方法は、検索結果画面に表示されているタイトルとタイトル下のスニペットを読み解くことです。

検索結果は現時点におけるユーザーのニーズに応える結果ですので、検索結果かた大きくハズレない情報をコンテンツにすることが重要です。

検索ニーズの取得方法に関しては検索意図とはをご覧ください。

3.専門性・独自性が高い記事を作成する

Googleは記事の信頼性を評価基準としています。著者のプロフィール欄(資格や職業、経歴など)や、著者名の検索回数を基準とし、著者の権威性を測っています。

誰でも書けるコンテンツではなく、1次情報かつ、専門性の高いコンテンツが評価されます。

4.読みやすいレイアウト・デザインにする

読みやすいレイアウト・デザインを作成する上で知っておくべきことは

  1. 人は画面の左上から右下に視線を動かす
  2. タイトルや見出し、画像部分で熟読度が高まる
  3. 文章より画像、動画の方が理解しやすい場合がある
  4. スマートフォンユーザーが見やすい文字・画像サイズで表示させる
  5. 表示速度を低下させる余計なアニメーション、高画質すぎる画像の使用は控える

の5つです。

ユーザーにとって有用なページを作成するために

一度作成した記事でも、時間の経過と共に検索ニーズが変化していくことがあり、検索順位が変化する場合があります。

コンテンツを新たに追加するだけでなく、定期的に内容チェックを行い、情報を最新に保つ事も大事です。

リンク切れや古い情報が掲載されている場合、検索順位の低下を招きます。

オウンドメディアのSEOが失敗する理由

オウンドメディアのSEOが失敗する理由

オウンドメディアはうまく活用できれば驚くほど自社の業績と認知度を高めることができます。しかし、言葉だけが一人歩きしすぎてうまく活用できず失敗している企業も多くあります。

「うちもこれで事業を波に乗せよう」と意気込んで始めても、うまくいかない失敗パターンを5つお伝えしていきます。

1.コンテンツが増える前に予算をオーバー

ネット上にはあまりにも数多くのオウンドメディアがありますが、ほとんどのサイトがコンテンツ数が少ないです。

 数を増やしてGoogleインデックスを高めていき、効果が出るまでに多少なり時間と記事数が必要となります。 有名な企業のサイトであっても認知度は上がりません。

すぐに結果がでないからといって、失敗と判断するのは大きな間違いです。コンテンツが注目度を集めたり会社の認知度が高まったりするようなことを期待しすぎないことが重要です。そしてコンテンツを地道に増やしながら早くても半年から1年と言った時間を考えていく必要があるわけです。うまく予算などが組めず、収益が出る前にそのオウンドメディアを閉鎖させなければいけなくなってしまいます。

2.コンセプトがなく、他のサイトとの差別化がされていない

オウンドメディアの中のコンテンツを増やす時、基本的にチームを組んで作成します。サイトのコンセプトや方向性がバラバラでターゲットがブレてしまい、ユーザーに離脱されてしまうことがよくある失敗例です。

とにかく、時間がかなりかかると担当者がよくわきまえ、 一貫したコンセプトで維持し続けることを計画しましょう。 質の低下やモチベーションの低下を予防することが可能です。

3.収益化に集中してユーザー離れが起こる

メディアの最終的な目的はもちろん業績を高めるために、ひたすら売ることばかりに執着しているせいで誰も寄り付かなくなってしまいます。例えば、記事まとめコンテンツを作った場合にユーザーは役立つと感じず、企業の宣伝ばかりをしているページがよくあります。

恋愛と同じように、相手の話を聞かずひたすら自分の売り込みを必死にやっている人がモテないのと同じです。そこで コンテンツをきちんと作り込んでサービス等の宣伝はあくまで控えめに押さえておくことが重要です。 

4.PVの向上や拡散を狙いすぎている

アクセスを集めてユーザーを拡散しようという考え方だけではいけません。メディアをうまく活用できないパターンに陥ってしまいます。

 アクセス数を増やそうとするばかりで、ターゲットに関係ない記事を量産すると失敗してしまいます。 一時的に注目度を上げるための施策としては有効かもしれませんが、すぐに興味を失われてユーザーが離れていき収益につながらないのです。

5.執筆者や運営者の負荷がかかり続けられない

ペルソナをかなり限定的にしすぎると、記事作成できなくなってしまいます。SEO対策のキーワードを盛り込みペルソナを限定し、記事執筆をしてアップするのはかなり手間がかかります。

記事のネタがなくなって執筆の負荷が大きくなってしまいます。また、執筆するライターに多くのことを要求しすぎて、記事を書ける人がいなくなってしまうか、かなり高額の報酬を払わなければいけなくなってしまうこともあります。。

コンセプトを立てて長く続けられるメディアへ

オウンドメディアの力を過信しすぎて、すぐに結果が出ると勘違いしてしまっている運営者は数多くいます。

多くのアクセスが集まっているサイトも地道に記事を書き続けていたということを忘れないようにしましょう。失敗例を参考にオウンドメディアを見直してみてはいかがでしょうか。

ページスピードインサイトのモバイルページが遅い場合の影響と対策

ページスピードインサイトのモバイルページが遅い場合の影響と対策

 ページスピードインサイトのモバイルページが遅いとユーザーが離脱しやすくなり、SEO対策にも悪影響があります。Googleの調査によると、モバイルページが完全に表示されるまでに3秒以上かかると53%のユーザーは離脱するというデータがあります。改善する方法としては画像の最適化やリソースの圧縮、サーバーの応答時間の短縮、ブラウザのキャッシュの”活用などの方法があります。参考:モバイル表示速度が影響するユーザーの離脱率

1.ページスピードインサイトのモバイルページが遅い場合の影響

  モバイルサイトの表示速度が遅いと、ユーザーがページから離れやすくなり、SEO対策にも悪影響があります。

  現代において半分以上のユーザーはモバイルでサイトを見ています。それで、ユーザー離れを防ぐためにモバイルページの表示速度を上げる事が必須です。ですから、ユーザーの滞在時間を増やしてサイトを楽しんでもらうために、また検索順位を上げて多くのビジターにサイトに訪れてもらうためにも、モバイルページの表示速度を上げる改善をしましょう。

1-1.ユーザーが離脱する

 モバイルサイトの表示速度が遅いと、ユーザーがサイトから離れやすくなります。ネットサーフィンをしている時、サイトのパフォーマンスが悪くイライラして、別のサイトに移ったという経験ありますよね?せっかくサイトに来てくれても、それが原因でユーザーが離れてしまうのは残念です。グーグルの調査は「モバイルサイトの表示速度が1−10秒の場合、サイトのビジターは123%増える」と述べています。

 時間をかけて有益な情報をサイトに投稿したとしても、表示速度が原因でユーザーが離れてしまうなら、本末転倒です。ストレスなくサイトの情報を楽しんで滞在時間を増やしてもらい、さらには、また訪れたいと思ってもらうサイト作りのためにも表示速度を早くしなければなりません。

 

   (引用|“Find out how you stack up to new industry benchmarks for mobile page speed”|Google HP)

1-2.SEO対策に悪影響がある

 モバイルページの表示速度はSEOの検索順位を決める要素の一つです。ですから、ユーザーフレンドリーな表示速度が早いサイトを構築し、SEOの順位を上げる工夫をしましょう。表示速度が遅いとSEOで上位表示を狙うのが難しくなります。そうなればビジターは増えませんし、もちろん収益にも繋がりません。

 SEO流入のユーザーは疑問の答えを知りたいと思っています。しかも、出来るだけ早くそうしたいと思っています。2018年7月から導入された”Speed Update(スピードアップデート)”で

Googleはモバイルページの読み込み速度をモバイル検索のランキング要素に組み入れることを発表しました。Googleはサイト制作者にサイトのパフォーマンスがユーザーに与える影響を考え、モバイルサイトの表示速度が遅いなら対応するよう勧めています。

金谷武昭 Twitter

2.ページスピードインサイトのモバイルページが遅い場合の対策

 対策をすれば、モバイルページの表示速度を速くすることが可能です。最初に、ページスピードインサイトで自分のサイトのモバイルページの表示速度を計測し、原因を探りましょう。

PageSpeed Insights(ページスピードインサイト)

サイトを分析方法は簡単です。「ウェブページのURLを入力」に自分のサイトのURLを入力し、分析をクリックするだけ。以下の6つの項目のラボデータが分かります。

  1. First Contentful Paint First Contentful Paint は、テキストまたは画像が初めてペイントされるまでにかかった時間です。
  2. 速度インデックス 速度インデックスは、ページのコンテンツが取り込まれて表示される速さを表します。
  3. インタラクティブになるまでの時間 操作可能になるまでの時間とは、ページが完全に操作可能になるのに要する時間です。
  4. First Meaningful Paint First Meaningful Paint は、ページの主要なコンテンツが可視化されるまでにかかった時間です。
  5. CPU の初回アイドル First CPU Idle marks the first time at which the page’s main thread is quiet enough to handle input.
  6. 初回入力遅延の最大推定時間 ユーザーに発生する可能性がある初回入力遅延の最大推定時間とは、最も長いタスクの時間(ミリ秒単位)です。

原因がわかれば、必要に合わせて7つの対策をすれば、サイトを軽くすることが可能です。

2-1.画像を最適化する

 画像の容量が大きくて表示速度が遅くなっているなら、画像を圧縮して容量を小さくしなければなりません。なぜなら画像の容量が原因でサイトのパフォーマンスが下がることが多いからです。

  見やすいサイトを作るために画像をたくさん使うと、画像が表示スペースのほとんどを占めていることがあります。それで、画像を圧縮し、ウェブサイトの容量を圧縮しなければなりません。

 Web上で画像を圧縮できるSquooshTinypngを使ったり、プラグインにEWWW Imaga OptimizerやCompress JPEG & PNG imagesを導入して、画像サイズを軽くしましょう。

2-2.HTMLやCSS、JavaScriptを圧縮する

 リソース(HTML、CSS、Javascript) のサイズを圧縮すると、表示速度を速くできます。不要なデータや重複データ、使用されていないコードを発見したなら、それを削除してサイトの容量を軽くしましょう。サイトを分析し、圧縮できる箇所を見つけたならその部分を最適化していきましょう。不要なコメントや改行を見つけたら削除します。そうするなら、不要なリソースがなくなり、サイト全体の容量を減らせます。

2-3.サーバーの応答時間を短縮する

 サーバーの応答時間が遅く表示時間が遅れている場合、それを短縮しなければなりません。サーバーの応答時間は200ミリ秒以下に抑えなければ、ユーザーは別のサイトへ行ってしまいます。そうならないためには原因を見極めなければなりません。

  サイトのデータを計測し調査しましょう。問題が見つかったら改善し、周期的にこの作業を繰り返します。サーバーの容量が足りないならグレードアップしたり、PHPをバージョンアップして改善しましょう。

2-4.キャッシュを活用する

 キャッシュの最適化は、サイトの表示速度を速めるのに効果的です。キャッシュとは、一度アクセスしたサイトのデータをブラウザで一時的に保管しておく仕組みのことです。閲覧したサイトをもう一度表示する時、そのサイトをもう一度インターネット上から開くのではなく、キャッシュに保存されたページから開くため早く表示できます。どのリソースを、どれくらいの期間キャッシュを有効にするかを正しく設定すれば、サイトを高速化できます。

2-5.最初のコンテンツを優先表示させる

 ユーザーが最初に目にする、スクロールしなくても表示されるエリアのコンテンツを少しでも早く提供することを重視しなければなりません。なぜなら、モバイルページの読み込みに 1 秒以上かかった場合、ユーザーの集中力は途切れてしまうからです。それで、最初に見えるコンテンツを表示するのに必要な JavaScript や CSS は外部参照ではなく、インライン化しましょう。

2-6.リンク先でリダイレクトを使用しない

 サイトのパフォーマンスを向上させるために、リダイレクトの使用は最低限に留めておきましょう。なぜなら、リンク先でリダイレクトを使用しているので、表示速度が遅くなっている場合があるからです。リダイレクトとは、ページを訪れたユーザを別のURLに自動的に誘導し、転送させるシステムのことです。パソコンとスマートフォンで同じURLを使うなら、この問題を回避できます。

2-7.静的コンテンツファイルを圧縮する

 静的コンテンツは、動的コンテンツに比べるとレスポンスは早いですが、圧縮するならさらにサイトの表示速度を速めることができます。コンテンツを圧縮したいなら、gzip圧縮がおすすめです。似たような文字列があるなら、それらの文字列を置換することにより、全体のコンテンツサイズを縮小してくれます。

3.ページスピードインサイトのモバイルが遅い場合は対策が必要

 ページスピードインサイトのモバイルサイトの表示速度が遅いと、ユーザーが離れてしまいますし、SEO対策にも悪影響があります。すぐに対策しましょう。

 対策方法は以下の7つです。

  1. 画像を最適化する
  2. HTMLやCSS、JavaScriptを圧縮する
  3. サーバーの応答時間を短縮する
  4. キャッシュを活用する
  5. 最初のコンテンツを優先表示させる
  6. リンク先でリダイレクトを使用しない
  7. 静的コンテンツファイルを圧縮する

 上記の対策をとれば、サイトの容量が減り表示速度が上がります。有益な情報を投稿しても、表示速度が遅いのが原因でユーザーが離れてしまっては残念です。そうならないために、ページスピードインサイトで自分のサイトのスピードを計測し、原因にあった対策をとるようにしましょう。そうすれば、サクサク見れるユーザーフレンドリーなサイトになるでしょう。

 モバイルサイトではなく、Webサイトを軽くしたい方は次の記事をご覧ください。

 重いサイトを軽量化して表示速度を向上させる方法|メディファンド

質の高いコンテンツとは?4つの定義と、9つの作成テクニック

質の高いコンテンツとは?4つの定義と、9つの作成テクニック

質の高いコンテンツを作ることは、ユーザビリティ向上だけでなく、SEOにも有効です。Googleが評価するのは、読者にとって必要な情報が載っている、ユーザビリティの高いコンテンツです。

読者のニーズに合った、わかりやすいコンテンツを作ることで、検索順位と読者のロイヤリティを同時に向上させられます。

質が高く、わかりやすい構成でコンテンツを作るために必要な4つの要素と、9つのテクニックを解説します。

質の高いコンテンツとは

質の高いコンテンツとは、検索をしてサイトに訪れた読者にとって、価値のあるコンテンツです。質の高いコンテンツは、下記の4つ要素を満たしています。

【質の高いコンテンツの4要素】

  • 欲しい情報が揃っている
  • 読みやすくわかりやすい
  • オリジナリティがある
  • 信頼性が高い

それぞれの要素が意味することを理解し、質の高いコンテンツを作りましょう。

質の高いコンテンツには、欲しい情報が揃っている

質の高いコンテンツには、読者の欲しい情報がすべて揃っています。情報が不足していると、読者はほかのサイトなどで調べ直しをすることになり、時間と労力を奪われます。

コンテンツを作成する前に、読者はどんな欲しい情報が欲しいのか、よく考えましょう。読者がコンテンツに訪れる際の検索ワードを元に、ニーズを把握することで、どんな情報を載せるべきかがわかります。

読者の顕在ニーズと潜在ニーズを満たしている

読者の顕在ニーズと潜在ニーズを満たすことで、自然と質の高いコンテンツを作れます。

顕在ニーズとは、読者自身が気付いているニーズです。例えば、検索ワードが「ダイエット 方法」の場合、ダイエットの方法を網羅的に紹介することで顕在ニーズを満たせます。

潜在ニーズとは、読者が自分でも気付いていないニーズです。「ダイエット 方法」の場合、読者は「ダイエットの方法を知りたい」と思って検索していますが、心の奥底には「できるだけ楽な方法が知りたい」「健康的にやせたい」のような潜在ニーズがあります。

顕在ニーズだけでなく潜在ニーズに焦点を当てることで、読者にとってより親切な、つまり質の高いコンテンツを作れます。

なお、効率的にキーワード選定をする方法は、こちらを参考にしてください。

SEOキーワード選定の方法|キーワードプランナー活用術

読者のニーズを探す3つの方法

読者のニーズを探すには、下記の3つの方法があります。

【ニーズを探す3つの方法】

  • 読者の立場で考える
  • 競合サイトを調べる
  • Yahoo!知恵袋を調べる

読者と同じ立場になったことがあれば、よりリアルに読者の気持ち(=ニーズ)がわかります。例えば、ダイエットをしたことがある人なら、ダイエットについて調べる読者のニーズを容易につかめるでしょう。

競合サイトやYahoo!知恵袋を調べ、ニーズを探すことも可能です。検索上位に表示される競合サイトは、読者の知りたいことが載っているからこそ、上位表示されています。作成するコンテンツのキーワードで検索し、上位10位以内に表示される競合サイトの内容から、読者のニーズを逆算しましょう。

Yahoo!知恵袋には、読者が具体的に何を知りたいのか、なぜ知りたいのかが書き込まれています。質問者個人のニーズであり、読者全体のニーズではない点に気を付けつつ、参考にしましょう。

質の高いコンテンツとは、わかりやすいコンテンツ

質の高いコンテンツには、わかりやすさも必要です。有用な内容でも、理解できなければ意味がありません。下記の3つの方法を使い、読者の理解を助け、わかりやすいコンテンツを作りましょう。

【わかりやすいコンテンツの作り方】

  • 情報に過不足がない
  • 画像や動画を使う
  • 具体例や手順表を入れる

情報に過不足がない

質の高いコンテンツには、読者の知りたい情報をすべて載せつつも、余計なことは一切書かれていません。

読者のニーズを満たそうとすると、さまざまな情報を盛り込みたくなります。しかし、情報過多で必要な情報を見つけられないことは、情報不足と同じことです。知りたいことが書かれた箇所を見つける前に、読者はコンテンツから離脱してしまいます。

画像や動画を使う

文章だけでなく、画像や動画を使い、読者が理解しやすいコンテンツを作りましょう。

画像で内容を解説するときは、文章より先に画像を載せます。画像を見て全体像を把握し、文章で細かい箇所を補足するイメージです。

「ネクタイの結び方」のような、画像や文章だけでは説明しづらい箇所には、なるべく動画を付けてください。ただし、動画を見なくとも理解できるように、文章の解説も付けましょう。文章で内容を知りたいときに、「詳しくは動画を見てください」のような作り方のコンテンツは、読者に嫌われます。

画像や動画が先にあり、文章は内容を補足するものと捉え、わかりやすいコンテンツを作りましょう。

具体例や手順表を入れる

説明されただけでは理解しにくい内容は、具体例や手順表を用いることでわかりやすく解説できます。

例えば、複数のサービスを比較するような場合、具体例を用いて読者のイメージを促しましょう。サービスの利用シーンや費用などを、ケースごとの具体例で比較することで、読者は自分に合ったサービスを選びやすくなります。

PCやスマートフォンの設定のような、複雑な手順を説明する際は、箇条書きの手順表を用いてわかりやすく解説しましょう。手順を細分化し、短い文章で順番に説明することで、読者を混乱させない解説が可能です。

質の高いコンテンツは、信頼性も高い

質の高いコンテンツは、信頼できる情報で構成されています。読者は、信頼できないコンテンツからすぐに離脱し、二度と訪問しません。

信頼性を高める方法は2つあります。公的データを引用することと、数字や比較対象を明確にすることです。

公的データを引用する

信頼性の高いコンテンツを作るために、データを引用する場合、なるべく公的機関の発表したものを用いましょう。公的機関のものを用意できない場合、調査した機関や方法を明確にすることで、信頼性を担保できます。

引用データの下には、引用元の名前とURLを明記してください。著作権上の必要性もありますが、引用元にネームバリューがある場合、信頼性の担保にも有効です。引用元にネームバリューがない場合も、どのような方法でデータを取ったのか記載することで、信頼性を高められます。

ただし、あまりにも無名な機関や調査方法のハッキリしないデータは、コンテンツの信頼性を損ねます。信頼できるデータのみ、引用しましょう。

数字や比較対象を明確にする

数字や比較対象を明記することで、信頼性の高いコンテンツを作れます。「多い・少ない」のような形容詞は避け、数字による記載を心がけましょう。

「多い・少ない」のような形容詞は、読者それぞれの感性や比較対象によって変わります。具体的な数字で書くことで、誰が読んでも同じ内容が伝わります。比較をするときは、何と比べて多いのか、少ないのかを明確にしましょう。

質の高いコンテンツには、オリジナリティがある

インターネットには、さまざまな情報が出回っています。似通った情報ばかりの競合サイトの中で、オリジナリティのあるコンテンツは、読者の目を引きます。

コンテンツに独自の1次情報を載せ、オリジナリティを持たせましょう。独自の情報を持っていない場合でも、データと分析を用いることで、オリジナリティを生み出せます。

データを用いた分析がある

データを用いた分析をすることで、オリジナリティのあるコンテンツを作れます。分析を用いる際は、基となるデータと根拠を提示しましょう。

データを取った際の調査方法や時期を明記し、何を読み取ったのかを提示します。分析結果に至るまでの経緯と理由を順序立て、根拠を示すことで、信頼性の高いオリジナル情報を作り出せます。

独自の1次情報がある

独自の1次情報を載せることで、オリジナリティのあるコンテンツを作れます。1次情報を載せる場合、情報元と根拠を明記しましょう。

例えば、「3ヵ月で100人以上のダイエットを成功させたトレーナー」と「3ヵ月で自分のダイエットを成功させた個人」の発信するオリジナルダイエット法なら、トレーナーの情報に興味を示す人の方が多いです。より多くの成功事例を持つトレーナーのダイエット法の方が、再現性が高いからです。

また、情報の根拠も順序立てて示しましょう。発信元を明記できない場合でも、論理的な根拠が示されていれば、オリジナル情報の価値は高まります。

質の高いコンテンツは、SEOと回遊率向上に有効

質の高いコンテンツを作ることは、SEOと回遊率の向上に有効です。2020年4月現在、読者にとって価値のあるコンテンツを作ることこそ、効果的なSEOです。質の高いコンテンツを読むことで、読者は「ほかの記事も読んでみたい」と思い、回遊率が向上します。

慣れないうちは、コンテンツを作っている間に、読者のニーズから外れてしまうこともあるでしょう。しばらくは、こちらでより具体的なテクニックを確認しながら、質の高いコンテンツを作成してください。

SEOライティングの基礎-初心者が知るべき35のコツ

コンテンツSEOとは?普通のSEO対策とは何が違うの?

コンテンツSEOとは?普通のSEO対策とは何が違うの?

SEO対策を施したコンテンツを更新することによって検索順位の向上を狙う施策をコンテンツSEOといいます。Googleはコンテンツに対して大きな評価基準を持っているのでコンテンツSEOが効果的だと言われています。

コンテンツSEO対策は弱者の戦略です。広告費やSEO対策に費やせる労力や費用が少ない企業に効果的な手段です。

本記事では、Googleが求める良質なコンテンツで検索上位表示を狙うSEO対策の方法をお伝えします。

参考SEO対策とは-検索上位を狙う方法

コンテンツSEO対策の方法

1.適切なSEOキーワード選定を行う

コンテンツSEOキーワード
コンテンツSEOで狙うと効果的なSEOキーワード(CV:コンバージョン)

検索ボリュームの大きいキーワードを狙うことがアクセスアップにつながる要因です。

また、競合サイトが力を入れてSEO対策をしているコンバージョン率の高いキーワードを選定してしまうと、上位表示までに時間がかかったり、上位表示させるためのコストが大きくなってしまいます。

2.ユーザーの検索意図を分析する

SEOキーワードを選定したら、なぜその検索キーワードを検索窓に入力したのかというユーザーの検索意図を分析する必要があります。(参考:検索意図とは

3.Googleが評価する良質な記事を作成する

  • 自然な被リンクを獲得できる記事
  • ユーザーが知りたい有用な情報を提供している記事

が良質な記事です。

Googleが定義する高品質なコンテンツとは

Googleの品質評価ガイドラインでは、高品質なコンテンツには下記3点が必要だと記載されています。

  • Expertise(専門性):その分野に対して詳しいこと
  • Authoritativeness (権威性):その分野において認められている存在であること
  • TrustWorthiness (信頼性):サイト及び運営者に信頼がおけること

参照元:品質評価ガイドライン(General Guidelines)|Google

Googleはコンテンツの質を検索順位を決める評価の一つとしています。

検索結果のより上位に自ページを表示させることに主眼を置く、品質の低いサイトの順位が下がります。その結果、オリジナルで有用なコンテンツを持つ高品質なサイトが、より上位に表示されるようになります。

引用:日本語検索の品質向上にむけて|ウェブマスター向け公式ブログ

良質なコンテンツを作成して発生する自然な被リンクは検索順位向上に大きく影響します。

PageRank のアルゴリズムでは、ページ間のリンクを「投票」と解釈し、どのサイトが他のページから最高の情報源として投票されているかを分析します。

引用:Google が掲げる 10 の事実|Google

※PageRankは2019年時点では非公開です。

自然な被リンクを獲得するコンテンツやユーザーにとって有益な情報をコンテンツにする場合はSEOで重要なコンテンツの質とはをご参考ください。

4.コンテンツを充実させる

類似キーワードを狙う競合サイトが多い場合は、コンテンツ数が多く、専門性の高いドメインが優遇されます。

しかし、評価が高くなるコンテンツ数に明確な基準はありません。

3記事の記事投稿で月間30000PV弱
3記事の投稿で月間29000PVのサイト。広告出稿、SNS拡散などの施策は行っていない。

記事数や文字数を増やすよりも、質の高いコンテンツを増やすことが重要です。

5.SEO対策で効果を出しやすいサイト設計を行う

サイト設計で検索順位を向上させることができます。ユーザーが満足し、多くのページが閲覧されるサイトは高い評価を得ることが可能です。

各ページごとに掲載するリンク先、リンクの設置場所、クリックしたくなるバナー、ユーザーファーストなレイアウトなどでページ/セッションが大きく改善した事例が多々あります。詳しくは、コンテンツマップとはをご参考ください。

コンテンツSEO対策の基本的な考え方

コンテンツSEOの基本的な考え方は、ユーザーを満足させるということです。ユーザーを満足させるために、「ユーザーにとって、必要な情報を、必要な形で、必要な量だけ提供すること」を意識することが重要です。

  • ユーザーは何を知りたいのか
  • なぜその情報を知りたいのか
  • どのような形式でコンテンツ化したら満足するか
  • 伝える必要がない情報は排除しているか

上記を意識してコンテンツSEO対策に取り組みましょう。

コンテンツSEO対策4つのコツ

1.競合調査を行う

コンテンツSEO対策のメリットはドメインパワーの強い競合サイトを避けることができる点です。

キーワードプランナーで推奨入札価格が高いキーワードを避ける

入札単価
推奨入札単価は他サイトが力をいれてSEO対策を行っているキーワードを示す指標

MozのDA(Domein Authority)を比較し、強いサイトを見極める

SEOキーワード選定PA,DA
mozbarを利用したPA,DA値

MozBar – Google Chromeを使用し、競合サイトのDA,PAが低いキーワードを選定することがコンテンツSEO対策の勝ち筋です。

2.ユーザーが求める情報を理解した上で執筆する

ユーザーが満足する情報とはなにかをリサーチする必要があります。検索ユーザーにニーズを把握する最も有効な方法は、検索結果画面に表示されているタイトルとタイトル下のスニペットを読み解くことです。

検索結果は現時点におけるユーザーのニーズに応える結果ですので、検索結果かた大きくハズレない情報をコンテンツにすることが重要です。

検索ニーズの取得方法に関しては検索意図とはをご覧ください。

3.専門性・独自性が高い記事を作成する

Googleは記事の信頼性を評価基準としています。著者のプロフィール欄(資格や職業、経歴など)や、著者名の検索回数を基準とし、著者の権威性を測っています。

誰でも書けるコンテンツではなく、1次情報かつ、専門性の高いコンテンツが評価されます。

4.読みやすいレイアウト・デザインにする

読みやすいレイアウト・デザインを作成する上で知っておくべきことは

  1. 人は画面の左上から右下に視線を動かす
  2. タイトルや見出し、画像部分で熟読度が高まる
  3. 文章より画像、動画の方が理解しやすい場合がある
  4. スマートフォンユーザーが見やすい文字・画像サイズで表示させる
  5. 表示速度を低下させる余計なアニメーション、高画質すぎる画像の使用は控える

の5つです。

ユーザーにとって有用なページを作成するために

一度作成した記事でも、時間の経過と共に検索ニーズが変化していくことがあり、検索順位が変化する場合があります。

コンテンツを新たに追加するだけでなく、定期的に内容チェックを行い、情報を最新に保つ事も大事です。

リンク切れや古い情報が掲載されている場合、検索順位の低下を招きます。