WordPressでSEO対策を実施する際の重要な10のポイント

SEO対策をWordPress初心者が取り組むにはSEOに最適化されたテーマを利用することや、プラグインの導入や簡単なカスタマイズを行うのがおすすめです。SEOで重要なWordPressの設定や操作方法、カスタマイズの方法や、おすすめのプラグインとWordPressテーマを把握しましょう。また、安心してWordPressを導入できるように導入する際の注意点も理解する必要があります。
参考WordPressプラグインでおすすめする多機能&安心プラグイン12選

SEO対策をWordPressで強化する方法

 WordPressを活用することにより、簡単にコンテンツが管理できるだけではなく効率的なSEO対策も可能です。 WordPressの操作やSEO対策に有効な設定方法について重要なポイントは10個あります。全部実施しなくても10個の中から実行できる対策だけでも行えばSEO対策効果が期待できます。

1-1.ページ間の誘導率を上げるために内部リンクを設置する

ユーザーが興味に合わせて他の記事に移動できるようにコンテンツ同士を内部リンクで繋げたほうがWebサイト内の回遊性は高まり、ユーザーの満足度も向上します。加えて、内部リンクでコンテンツを繋げることはユーザビリティだけではなくSEO対策上のクローラー対策になるといわれています。
クローラーはページ同士のリンクを辿ってWebサイトの全貌をとらえるので、コンテンツ同士が結合している方がクローラーも回遊しやすく、Webサイト、ページを評価しやすくなります。
内部リンクの貼り方には「手動でリンクを設置する」「プラグインを使用する」「WordPressをカスタマイズする」の3つの方法がありますが、サイトの規模感に応じて利用しやすい手法を選択してください。

手動でリンクを設置する

手動でリンクを設置するのはページ数が少ないWebサイトの場合に有効です。また、そもそもWordPressのようなCMSを使用していない場合も手動でリンクを設置しなければなりません。
単純にHTMLをコーディングする際にリンクを設置すれば良いだけなので事前の設定は必要ありません。WordPressのエディターを使えばリンクの設置は簡単にできるのでコーディングの知識もなくても大丈夫でしょう。ただし、大規模なWebサイトになると手間がかかります。

プラグインを使用する

WordPressのプラグインにはユーザーが閲覧している記事に関連するコンテンツをレコメンドする機能を追加できるものもあります。
代表的なプラグインが「Yet Another Related Posts Plugin」で、WordPressに導入することにより、Webサイト内の他の記事をスコアリングしてユーザーが読んでいる記事に関連する記事を自動的にレコメンドしてくれます。
簡単に導入できてメンテナンスもそれなりに簡単で、レコメンドする記事もあらかじめ条件設定さえしていれば自動で選択されるので便利です。ただし、WordPressに負荷がかかり重くなりやすくなるデメリットもあるので必要に応じてWordPressのカスタマイズも検討してください。

WordPressをカスタマイズする

WordPress自体をカスタマイズして、レコメンド機能を追加する方法も考えられます。長期的に大規模なWebサイトを運用するのならば、更新の手間、Webサイトの重さを考慮するとこの方法が一番良いと考えられます。
ただしCSSやPHPを利用して自身でWordPressをカスタマイズできる程度の知識やWordPressのバージョンアップの毎に微調整が必要になります。

1-2.ページごとに独自のタイトル・説明文を表示する

ページ毎に狙っているキーワードを自然に盛り込んだ独自のタイトル、説明文(ディスクリプション)を設定したほうが高いSEO対策効果が期待できます。
ただし、WordPressの初期設定ではディスクリプションを個別に設定できないので、ディスクリプションを設定するためのプラグインを導入しなければなりません。
代表的なプラグインは「All in One SEO Pack」や「Yoast SEO」などでWordPressから簡単に導入できます。
また、有料テーマの中にはプラグインを導入せずとも、ディスクリプションが設定できるようになっているテーマもあります。

1-3.サイトの表示を高速化する

Webサイトの表示速度もSEO対策においては1つの指標になると言われていますが、サイトの高速表示に有効な対策がサーバーの負荷を軽減することです。そして、サーバーの負荷を軽減するためにはキャッシュプラグインを活用して、ユーザー側の端末にキャッシュを残しておくことが有効です。
代表的なキャッシュプラグインとしては「WP Super Cache」「W3 Total Cache」があります。
ただし、キャッシュプラグインは人気記事ランキングを表示する「WordPress Popular Posts」との相性が悪いと言われているのでなるべき併用しない、併用する場合も両方のプラグインが機能しているかテストしてください。
参考重いサイトを軽くする10の方法【コーディング知識が無い初心者向け】

1-4.サイトをGoogleに早く認識してもらえるようにする

Webサイトを更新しても、クローラーが巡回それをインデックスさせなければSEO対策効果は得られません。クローラーがWebサイトの全貌を把握しやすくするためにXMLサイトマップを設置して、Googleサーチコンソールからサイトマップ情報を送信します。
XMLサイトマップを作成するプラグインとしては「Google XML Sitemaps」が有名です。
ちなみに、サーチコンソールを使用すればサイトマップ全体の送信も可能ですが、個別のWebページに対するクローラーの巡回申請も可能です。
参考サイトマップの作り方-クロール促進でSEO効果をアップ

1-5.スマートフォンに対応させる

現代において、大抵のWordPressテーマであればスマートフォンに対応していると考えられますが、念のためスマホに対応しているかチェックした方が良いでしょう。
ちなみにスマホ対応と並んで重要なのがAMP対応です。AMPとはAccelerated Mobile Pagesの略称でモバイル用のページを高速で表示する技術のことを指します。
SEOだけではなくグーグルディスカバー経由のアクセスを確保しようと思えばAMP対応したWebページは必須となります。
AMPのルールに則ってゼロからコーディングしなくても「AMP」と呼ばれるWebページをAMP化するプラグインを使用すれば簡単にAMP対応ページが作成できます。
参考Google砲(Googleアプリ砲)とは-確認方法とDiscover掲載条件

参考Googleが推奨する雷マークのAMP表示ってどんな仕組み?

1-6.SEO対策に適した記述をする

WordPressに限らずコーディングの際にはクローラーが読みやすいように文章にタグをつけた方が良いでしょう。代表的なタグとして「ヘッダータグ」「引用タグ」「リストタグ」「強調タグ」「altタグ」の5つは使いこなしてください。

ヘッダータグ コンテンツ内の階層を示すタグで<h2><h3>…のように表示されます。あまり階層を深くしないように注意してください。
引用タグ 他サイトなどからの引用部分を明示するタグで<blockquote>のように表示されます。引用部分をきちんと明示していないと、他サイトからの転載として扱われSEO上のペナルティが発生する可能性もあります。
リストタグ 箇条書き部分を明確にするためのタグで<ul><li>などのタグが使用されます。デザインの観点からリストタグを入れずに処理したくなるかもしれませんが、クローラーに文章構造を伝えるためにもリスト部分はリストタグを使って、デザインはCSSで修正した方が良いでしょう。
強調タグ 文章の重要な部分を伝えるためのタグで<strong>タグなどが代表的です。ただし、strongタグはあくまでもSEO対策のためというよりは該当部分を太字にして見やすくするというユーザビリティのためのタグで、相対的にSEO対策効果は低いと言われています。
altタグ 画像などの代替テキストを設定するタグがaltタグです。画像に代替テキストは紐づけられているとクローラーが画像の内容を理解しやすくなるので、Googleの画像検索経由のアクセスが期待できます。また、SEO対策以外にも画像が表示できなかった場合の説明、視覚障がい者向けの補助などのユーザビリティ効果も期待できます。

1-7.低品質なページがペナルティを受けないようにする

低品質なページはペナルティの対象となりえます。ただし、例えば通販サイトで同じ商品についてカラーバリエーション毎に説明文や構成などまったく同じで複数ページ生成しなければならないといった致し方ないケースも存在します。
そういった際に低品質なページがペナルティを受けないようにするためにnoindex設定によってクローラーの巡回を回避したり、canonicalタグを使用してWebページをまとめて低評価リスクを回避したりする手法があります。
これらの設定はプラグインの「All in One SEO Pack」「Yoast SEO」を使用しても設定できます。
参考SEOペナルティの診断・確認方法と解除する方法

1-8.サイト内の構造をわかりやすくする

クローラーがWebサイトを巡回しやすいように、リンクはパーマリンクで設定する、パンくずリストを設定する、WordPressカテゴリを設定することも3種類に注意してください。
参考SEOを考慮したカテゴリ分けの方法-Googleクローラビリティを高める階層構造設計-

パーマリンクの設定

▲パーマリンク
パーマリンクとはPermanent Linkの略で、Webサイトの構成が変わっても固定的にリンクが変わらない設定のことを指します。パーマリンクで設定しておくことにより、カテゴリや内容変更があってもURLが変化しないので、更新に伴っていちいち関連するリンクを変更する必要がなくなります。

パンくずリストの設定

▲パンくずリストとは
パンくずリストとはWebページ上部に「大カテゴリ>小カテゴリ>現在のページ」のように表示されている部分のことを指します。パンくずリストを設定しておくことによりWebサイト内の回遊性が高まりSEO効果が期待できます。
パンくずリストを生成するプラグインとしては「Breadcrumb NavXT」などがあります。

WordPressカテゴリの設定

WordPressでは大量のコンテンツの中からユーザーが自身のニーズごとに最適な記事が選べるようにカテゴリによる分類が可能になっています。
ただし、カテゴリがきれいに整理されていないとユーザーは自身の閲覧したい記事に到達できないので、きちんとカテゴリを整理したうえで、対応するコンテンツを紐づけてください。

1-9.SNSで拡散される仕組みを取り入れる

Webサイト外からの被リンクはSEO対策上評価の対象となります。よって、WordPressにおけるSEO対策でも被リンク対策を考慮しなければなりませんが、SNS用シェアボタン、OGPの設定の2つの手法が考えられます。

SNS用シェアボタン

厳密にはSNSからの被リンク自体にはSEO効果はないとされています。ただし、サイテーション効果やSNSでの拡散が間接的に他サイトからリンクが貼られるきっかけになる可能性もあるのでSNS対策は実施しておいた方が無難だと考えられます。
コンテンツをアップロードする際にSNS用シェアボタンをコーディングしておくことも考えられますが、「WordPress Share Buttons Plugin – AddThis」というプラグインを活用すれば簡単にシェアボタンが作成できます。
また、WordPressテーマの中にはデフォルトでSNSシェアボタンが入っているものもあります。

OGPの設定

OGPとは「Open Graph Protcol」の略称で、SNSでコンテンツをシェアしたときに、SNS側にきちんとコンテンツのタイトルやイメージ画像、詳細説明文などを表示させる技術のことを指します。
WordPressの場合、All in One SEO PackYoast SEOを使用すれば簡単にOGPの設定が可能です。

1-10.コメントのスパム対策をする

スパムコメントはユーザビリティだけではなくサイトの品質が下がることによりSEO的にも悪影響が出ることが考えられます。コメント機能は基本的に無効にしておいたほうが良いでしょう。
どうしてもユーザーとのコミュニケーションが取りたい場合は「Akismet」のようにスパム対策のためのプラグインを導入しましょう。アンカーリンクにしてください。

無料でSEO対策に有効なWordPressテーマはXeory base

実際に検索上位に多く表示されている無料WordPressテーマはCocoonSTINGERSimplicityなどのデザインバリエーションが豊富でSEO対策機能も搭載されている高機能な無料のWordPressテーマも存在します。これらのテーマはSEO対策機能が充実しており、使用しているユーザーが多いためカスタマイズする際にもさまざまな参考となる情報を発見しやすいです。
弊社が実際に利用し、上位表示を獲得しているSEO対策済みWordPressおすすめテーマをまとめましたので以下記事をご確認ください。
参考SEO済みのWordPressテーマおすすめ7選-SEOに強いWeb制作会社がレビュー

WordPressテーマ有料と無料の違い

有料テーマの場合は機能が充実しているので購入すればほとんどカスタマイズしなくてもすぐに使用できます。一方で無料テーマは機能が不足していることも多いので足りない機能をプラグインから導入するなどの若干のカスタマイズが必要になります。
有料といっても1万円程度から購入できるものもあるので、それほどコストはかかりませんが予算が限られている場合は無料でも高機能なXeory baseがおすすめです。
Xeory baseはSEO対策のための機能が充実しているのはもちろんカスタマイズをせずともCTA(問い合わせを獲得する機能)を最初から備えています。よって、Webサイトを活用したマーケティングに向いています。

WordPress導入時の注意点

WordPressを導入する際は

  • 脆弱性への対策をする
  • プラグインを入れすぎない
  • ウイルスに注意する

の3点に注意してください。これらの注意点に関しては専門的な知識は必要なく非エンジニアでも十分に対応可能です。

脆弱性への対策をする

脆弱性対策といっても個別にWordPressをカスタマイズするといった難しい処理は必要ありません。WordPressやテーマ、プラグインのバージョンが古いほど脆弱性が高まるため常に最新のバージョンにアップデートしておいてください。
また、サーバーのPHPのバージョンについても最新の状態を保っておいた方が良いでしょう。

プラグインを入れすぎない

プラグインを入れすぎるとサーバー側の処理が重くなりWebサイトの表示速度の低下、処理の不具合が発生する可能性があります。プラグインは必要最小限にして、可能な部分はWordPressのカスタマイズで対応しておいた方が良いでしょう。

ウイルスに注意する

脆弱性対策だけではなくウイルス対策の観点からもプラグインは最新の状態に保っておいた方が良いでしょう。また、さらに念を押すならば最新バージョンが公開されてから数日間不具合がネット上に報告されていないかチェックした後に導入するべきです。
さらに新規のプラグインを導入する場合はインターネット上の評判をインストール前によく確認した上で信頼できるプラグインなのかを精査した方が良いでしょう。

WordPressのSEO対策を試して上位表示を実現しよう

 WordPressにはここで説明した以外にもたくさんのプラグインが用意されており、設定のパターンも含めれば、自身の要望にあったかなり細かいカスタマイズが可能になります。 本記事で説明したプラグインや設定などを駆使すればSEO対策に有利なWebサイトが完成するのでぜひWordPressやプラグインをインストールして自身のWebサイトをカスタマイズしてください。

XMLサイトマップの作り方|手順に沿ってできるSEO対策

XMLサイトマップの作り方|手順に沿ってできるSEO対策

サイトマップとはSEO対策を行うWebサイトで必要な設定で、サイト内の構造をリスト形式で示したものになります。Googleのクローラーがサイト構造を認識するためのXMLサイトマップと、ユーザーが視覚的にサイト構造を理解しやすいHTMLサイトマップが存在します。

参考SEO対策とは-検索上位を狙う方法

サイトマップを作成するために必要な事前知識

XMLサイトマップとは検索エンジン向けのサイトマップ

XMLサイトマップとはサイト内のページをGoogleのクローラーが効率よく巡回させるために必要なXML形式のファイルを意味します。XMLサイトマップを設置することで、1ページずつクローラーが素早く・効率的に巡回を行い、指定の検索キーワードにおける検索結果にふさわしいページかどうかを判断します。XMLサイトマップは検索エンジンからの評価を早く獲得するために必要な設定です。

HTMLサイトマップとはユーザー向けのサイトマップ

HTMLサイトマップは、視覚的にサイト構造をリスト表記したHTMLページを意味します。どのカテゴリ内に求めるページやブログ記事があるのかが分かりやすくなり、ユーザーが知りたい情報にたどり着くことを促します。

詳しい情報は「SEO対策に必要なHTML・XMLサイトマップの違いとは?」に記載されています。

XMLサイトマップの作り方について解説

サイトマップの概要についてお話ししてきました。ここからは本題のサイトマップの作り方について説明していきましょう。まずはWordPress利用者でプラグインを利用した場合についてです。

WordPress利用者のXMLサイトマップの作り方

WordPress利用者がXMLサイトマップを構築するのは「Google XML Sitemaps」というプラグインを導入するだけです。まずはプラグイン「Google XML Sitemaps」を新規追加してください。追加が完了したら有効化を行います。

次に詳細な設定の画面に進みます。「基本的な設定」に関しては初期設定のままで問題ありません。

ワードプレス設定

変更すべきは「投稿の優先順位」で、「優先順位を自動的に計算しない」にチェックを入れましょう。優先順位はのちに設定を行います。

投稿の優先順位

「Sitemapコンテンツ」の設定に移行しますが、この時上から四つ(カテゴリーページ)までチェックをつけましょう。それ以降の項目は内容の重複になる場合もあるのでチェックを外しておくのがベターです。

サイトマップコンテンツ

「Excluded Items」の設定に関しては何もしなくて問題ありません。何かサイトマップから外したいカテゴリーや投稿があれば入力すべきですが、基本的には設定を変える必要はないので安心してください。

カテゴリー設定

「Change Frequencies」の編集に入りましょう。この設定はあくまで目安ですので、設定通りにクロールが行われるとは限りません。設定する値は以下の画像のようにするのがおすすめです。

クロール頻度

次は「優先順位の設定」。この時、クロールされる必要のない場所は値「0」を設定し、クロールして欲しいところは高い値(1.0)を設定しましょう。具体的には以下のように設定するのがおすすめです。

プライオリティ

これでXMLサイトマップの設定は完了です。最後に「設定を更新」を忘れないようにお気をつけください。プラグインを利用すると非常に簡単にXMLサイトマップを構築できます。

プラグインを使用しないXMLサイトマップの作り方

プラグインを使用したくない場合は、「sitemap.xml Editor」でXMLサイトマップを生成することが可能です。

サイトマップ作成

  • 最終更新日

「する」を選ぶと記事を更新した際、更新した新しいページを優先的にクロールしてもらえます。ぜひ「する」にチェックを入れておきましょう。

  • サイトの更新頻度

サイトの更新頻度はあなたの更新頻度にリンクさせてください。毎日更新するのであれば、「毎日」、週に一回なら「1週間ごと」を選択してください。

  • 優先度の自動設定

サイト内のページの優先度を設定します。自動設定してくれるので、「する」にチェックを入れていれば問題ありません。安心してチェックを入れましょう。

  • 除外ディレクトリ

除外ディレクトリはクローリングを避けたいコンテンツを入力してください。例えば、問い合わせページなどの情報として価値の無いページはクロールさせる必要はありません。

  • 同一タイトルURLの除外

同一タイトルの重複があると、SEO対策の面で不利になることが考えられますので「する」にチェックを入れておくようにしましょう。ここまででサイトマップの設定は完了です。

設定後、サイトマップをダウンロードし、「FTPソフト」を利用してXMLサイトマップのファイルをアップロードしましょう。アップロードが完了したら、XMLサイトマップの構築が完了です。

Search ConsoleでサイトマップをGoogleに通知

XMLサイトマップを生成したら、Search Consoleにログイン⇛サイドバーの「サイトマップ」をクリック⇛「新しいサイトマップの追加」という項目がありますので、「sitemap.xml Editor」でダウンロードしたファイル名(sitemap.xml)を記入し、送信をクリックしてください。

サイトマップの追加

送信後、しばらく反映されるまで時間がかかります。10分ほど待ってからページを更新すると「成功しました」とステータスが変更されるでしょう。

HTMLサイトマップの作り方

WordPressユーザーのHTMLサイトマップの作り方

「PS Auto Sitemap」というプラグインを導入し、有効化することでHTMLサイトマップの下準備は完了します。

下記コードを新しく構築した固定ページのテキストエディタに記入してください。

<!-- SITEMAP CONTENT REPLACE POINT -->

その後、コードを追記した固定ページのIDをプラグイン「PS Auto Sitemap」設定画面の「サイトマップを表示する記事」の欄に入力すればサイトマップの完成です。

プラグインを使用しない場合のHTMLサイトマップの作り方

まずご紹介するのはできあいのコードを利用するという方法です。すでにプラグインを使用せずHTMLサイトマップを構築している人がいらっしゃるので、どうしてもプラグインを利用したくない場合は下記サイトを参照してください。

引用:WordPressのサイトマップをプラグインなしで作ってみた|KiyoCode

また、ez-HTML v7.71|Web FrontierからダウンロードできるツールでHTMLサイトマップを作成することが可能です。

XML、HTMLサイトマップの意義

XML・HTMLの両サイトマップの導入はクロールの効率化、ユーザーのサイト回遊率・滞在率の向上が見込めるでしょう。

また、サイトマップの階層化はなるべくシンプルにするのがおすすめです。というのも深く、複雑な構造だとユーザー・クローラーともにサイト内の巡回がうまくいかず、SEO対策における評価が下がる傾向にあるからです。シンプルな階層化ができれば自ずとクロールが効率的になり、SEO対策の面でも有利に働きます。

参考:SEO対策に効くカテゴリ分けと内部構造

検索結果の上位表示を目指すなら、シンプルな階層化にしたサイトマップの構築をしてください。その方が結果としてユーザービリティーも高くなるでしょう。