オウンドメディア戦略の事例から見る成功のための目的設定

オウンドメディアの戦略を決めるには、目的を先に決定する必要があります。つまり、何のためにオウンドメディアを運用するのかをベースにして、戦略が決定されるということです。成功しているオウンドメディアは、目的がはっきりとしており、それに合わせたコンテンツ制作を行ない、情報を発信しています。オウンドメディア運用に実績のあるメディファンドが、成功事例から戦略と目的を解説します。

参考オウンドメディアとは

参考他社がオウンドメディアを運用する目的と設定しているKPI

参考オウンドメディアでSEO対策に失敗する企業5つの共通点

オウンドメディア戦略の成功事例

オウンドメディアと一口に言っても、その目標は企業によって異なります。例えば、すぐに想定できるのは新規顧客の獲得ですが、それ以外にも既存顧客との交流であったり、自社の価値観に適合した人材の採用であったりさまざまな目的でオウンドメディアは活用されます。
代表的なオウンドメディアの成功事例と紹介されるWebサイトおよびその目的をまとめると次のようになります。それぞれの特徴について説明します。

  • サイボウズ式|知名度向上に特化
  • Hugkum(ハグクム):ユーザーの信頼度を上げる
  • アマノ食堂|顧客のエンゲージメント向上
  • Lidea(リディア)|商品開発・販売のヒント
  • メルカン|採用ブランディング
  • 北欧、暮らしの道具店|ECサイト一体型

サイボウズ式|知名度向上に特化

サイボウズ式のWebサイト
サイボウズ式はChatworkやkintoneなどのグループウェア開発・提供を行っている企業が運営しているオウンドメディアです。オウンドメディアといっても、自社の製品やサービスについてはほとんど紹介せずにサイボウズの「チームワーク」「働き方」「多様性」などに対する価値観を外部に伝えることを目的にしています。
メディアを運用する際は通常アクセス数やPVなどのKPIを設定しますが、あえてサイボウズ式ではKPIを追求せずに自社の価値観に則った記事を公開しています。
とはいえ、月間PV数は平均20万PV以上あり、過去にはFadebookで1万いいね以上を集めた記事もあります。
サイボウズの企業としての知名度及びイメージの向上に貢献しているメディアだと言えます。

Hugkum(ハグクム)|ユーザーの信頼度を上げる

HugKumのWebサイト
Hugkumは出版社の小学館が運営するオウンドメディアで、幼児から小学校低学年のお子様がいる保護者を対象にしたメディアで、「パパママの教養」「学ぶ」「自由研究」「健康」「遊ぶ」「食べる」「ファッション・美容」「おでかけ・旅行」などの多様なテーマの記事を公開しています。月間総PV数は1,100万PV以上、月間総UU数は600万UU以上を誇っています。
子育てに悩むユーザーに役立つ情報を提供することを大切にしており、商品を紹介する場合も自社の商品だけではなく他社の商品も含めて良い商品をセレクトして紹介しています。自社の販促ではなくユーザー利益を重視する姿勢を示すことにより会社に対するユーザーの信頼度向上の効果が期待できます。

アマノ食堂|顧客のエンゲージメント向上

アマノ食堂のWebサイト
アマノ食堂はアサヒグループ食品が運営している食に関するオウンドメディアです。「おいしい食・人・暮らしのあれこれが集まる場所」をコンセプトに料理に関するレシピ集、料理人のコラム・対談、食材や調理方法に関する豆知識などが掲載されています。
月間100万PV以上を誇るメディアで、ターゲットとなる30代前後の女性の取り込みに成功ています。アマノ食堂ではメディアで自社商品以外にもついても積極的に紹介しながら、コンバージョンの1つとして自社のフリーズドライのお試しセットの申し込みを設定しています。これはメディアを通じて顧客のエンゲージメントを向上させ、最終的にお試しセットからマネタイズしようとしているのだと考えられます。

Lidea(リディア)|商品開発・販売のヒント

LideaのWebサイト
歯磨き粉や洗剤などの日用品メーカーのライオンが運営している「Lidea(リディア)」というオウンドメディアは商品開発・販売のヒントを獲得するためのオウンドメディア事例として挙げられます。
リディアでは商品を使って日常生活のちょっとした悩み事を解決する課題解決型のコンテンツが豊富に用意されています。
これからのコンテンツに対するユーザーのメディア内の行動を分析することにより消費者動向のインサイトをつかみ、営業担当が販売店舗への商品提案に役立てたり、製品の売り上げアップに活用したりしています。
ライオンのように主に販売店経由で商品を販売する形態をとっている企業の場合、メディアで直接売上アップを狙うのではなく、メディアでデータを収集して、そのデータを間接的に販売に役立てるといった手法も有効です。

メルカン|採用ブランディング

メルカンのWebサイト
メルカンはフリマアプリのメルカリが運営している採用のためのオウンドメディアです。メルカン内では社内の様子や雰囲気、仕事内容などがわかるコンテンツが豊富に用意されています。
オウンドメディアは売上アップや認知度向上といったフロントオフィス側の役割だけではなく、採用・人事といったバックオフィス側にとっても有効な武器となりえます。
採用のためのオウンドメディアを運営することにより、応募者の母集団を増やす、入社後のミスマッチを防ぐなどの効果が期待できます。

北欧、暮らしの道具店|ECサイト一体型

北欧、暮らしの道具店のWebサイト
オウンドメディアの成功事例としてよく語られるのが「北欧、暮らしの道具店」というメディアです。北欧テイストの雑貨を取り扱っているクラシコムという通販会社が運営しているメディアで、ECサイトとメディアが一体型になっているという特徴があります。
オウンドメディアと共にSNSも運営しており、新商品の情報や生活に役立つ知識・コラムを配信して多くのファンを集めています。
通販サイトの場合、店舗のように接客ができず、Amazonのように型番商品を中心に販売していると価格競争に陥りがちなので、いかに商品の魅力を伝え価格以外で勝負するのかは重要なポイントとなります。
「北欧、暮らしの道具店」にはこのようなメディアを使ったECの販促に関するヒントが数多く含まれています。

オウンドメディア戦略を立てる前に目的を考える

オウンドメディアは無目的で運営しても成果をあげられません。メディアの運営・構築の前提として、目的を考えなければなりません。目的によって設定すべきKPIは異なりますし、必ずしもアクセス数やPVなどの指標にこだわるべきではないケースもあります。メディアの運営目的は大別すると「知名度の向上」「ブランディング」「新規ユーザーの確保」「商品開発・販売のヒント」の4種類に分類できます。
参考オウンドメディアのコンセプト設計方法-情報収集段階のユーザーニーズに応える-

参考WebマーケティングにおけるKPI設定方法と成約までの目標指標事例

参考ゼロから立ち上げるオウンドメディアの作り方マニュアル

知名度の向上が目的の場合

製品やサービスの知名度向上のためにオウンドメディアを活用する場合があります。商品の知名度が低く、情報が少ないといくら良い商品であってもユーザーは購入するのに二の足を踏みます。特に自社で直販せずに、小売店などを通じて商品を販売しているメーカーの場合、小売店の棚に自社の商品を置いてもらう、消費者が陳列されている商品から自社の商品を選ぶためには知名度は重要な要素となります。
例えば、課題解決型のメディアを運営することにより、自社の商品名やサービス以外の検索キーワード経由で集客、ユーザーに悩みを解決すると共に自社の商品を簡単に紹介することにより商品の知名度を向上させるといった手法が考えられます。

ブランディングが目的の場合

オウンドメディアは会社や商品のブランディングにも役立ちます。サイボウズのサイボウズ式やメルカリのメルカンはその典型的な例だといえるでしょう。
メディアによるブランディングにおいてポイントとなるのは、売上アップだけではなく採用や組織づくりにも活用できることです。また、ブランディングを主目的にするのであれば、アクセス数やPV数などのどれだけリーチしているかを計る数値をKPIとせずに、ユーザーのリピート率や平均PV数のようないかにユーザーがメディアを読み込んでいる、リピートしているかを計る指標に気をつかうべきです。

新規ユーザーの確保が目的の場合

新規ユーザーの確保についてもオウンドメディアは有効なツールとなりえます。例えば、比較サイトのようなサービスにとってメディアは安価にユーザーを集める手法としてよく採用されています。
ただし、新規ユーザーを獲得していきなり商品の購買に至るというケースは少ないので例えばメルマガやLINE登録者を増やすことを目標にして、その後の営業方法は別途準備するといったように、新規ユーザー獲得から売上になるまでの一連の過程は設計しておくべきです。

商品開発・販売のヒント収集が目的の場合

オウンドメディアには商品開発・販売のヒントに役立つ情報が集まります。例えば、アクセスが集中しているコンテンツ、流入キーワードにはユーザーの悩み・商品開発に関するヒントが隠れていますし、販売する際の商品の見せ方の参考にもなります。
ただし、これらのデータを分析、品質を担保するためには一定以上のサンプルが必要になるのである程度のPV数が確保されたうえで、SEO対策が十分なことが条件になります。メディア運営の初期にはこのような目標は難しいかもしれませんが、一定以上のメディアに成長すれば、そこから商品開発・販売のヒントを見つける仕組みづくりもした方が良いでしょう。

オウンドメディア戦略は目的を基本にして決定される

どの目的を選択するかによってオウンドメディアのコンテンツ作りやKPIの管理手法など運営に関わるさまざまなことが変わります。よって、メディアを構築する際には第一に目的を明確にすることが重要です。
「知名度の向上」「ブランディング」「新規ユーザーの確保」「商品開発・販売のヒント」がよくある目的ですが、例えば知名度の向上、新規ユーザーの確保の両方を目指すといったように複数の目標を両立させることも可能です。

なぜSEO対策にはコンテンツの質が重要と言われているのか?

なぜSEO対策にはコンテンツの質が重要と言われているのか?

SEO対策を施したコンテンツを更新することによって検索順位の向上を狙う施策をコンテンツSEOといいます。Googleはコンテンツに対して大きな評価基準を持っているのでコンテンツSEOが効果的だと言われています。

コンテンツSEO対策は弱者の戦略です。広告費やSEO対策に費やせる労力や費用が少ない企業に効果的な手段です。

本記事では、Googleが求める良質なコンテンツで検索上位表示を狙うSEO対策の方法をお伝えします。

コンテンツSEO対策の方法

1.適切なSEOキーワード選定を行う

▲コンテンツSEOで狙うと効果的なSEOキーワード(CV:コンバージョン)

検索ボリュームの大きいキーワードを狙うことがアクセスアップにつながる要因です。

また、競合サイトが力を入れてSEO対策をしているコンバージョン率の高いキーワードを選定してしまうと、上位表示までに時間がかかったり、上位表示させるためのコストが大きくなってしまいます。

2.ユーザーの検索意図を分析する

SEOキーワードを選定したら、なぜその検索キーワードを検索窓に入力したのかというユーザーの検索意図を分析する必要があります。(参考:検索意図とは

3.Googleが評価する良質な記事を作成する

  • 自然な被リンクを獲得できる記事
  • ユーザーが知りたい有用な情報を提供している記事

が良質な記事です。

Googleが定義する高品質なコンテンツとは

Googleの品質評価ガイドラインでは、高品質なコンテンツには下記3点が必要だと記載されています。

  • Expertise(専門性):その分野に対して詳しいこと
  • Authoritativeness (権威性):その分野において認められている存在であること
  • TrustWorthiness (信頼性):サイト及び運営者に信頼がおけること

参照元:品質評価ガイドライン(General Guidelines)|Google

Googleはコンテンツの質を検索順位を決める評価の一つとしています。

検索結果のより上位に自ページを表示させることに主眼を置く、品質の低いサイトの順位が下がります。その結果、オリジナルで有用なコンテンツを持つ高品質なサイトが、より上位に表示されるようになります。

引用:日本語検索の品質向上にむけて|ウェブマスター向け公式ブログ

良質なコンテンツを作成して発生する自然な被リンクは検索順位向上に大きく影響します。

PageRank のアルゴリズムでは、ページ間のリンクを「投票」と解釈し、どのサイトが他のページから最高の情報源として投票されているかを分析します。

引用:Google が掲げる 10 の事実|Google

※PageRankは2019年時点では非公開です。

自然な被リンクを獲得するコンテンツやユーザーにとって有益な情報をコンテンツにする場合はSEOで重要なコンテンツの質とはをご参考ください。

4.コンテンツを充実させる

類似キーワードを狙う競合サイトが多い場合は、コンテンツ数が多く、専門性の高いドメインが優遇されます。

しかし、評価が高くなるコンテンツ数に明確な基準はありません。

▲3記事の投稿で月間29000PVのサイト。広告出稿、SNS拡散などの施策は行っていない。

記事数や文字数を増やすよりも、質の高いコンテンツを増やすことが重要です。

5.SEO対策で効果を出しやすいサイト設計を行う

サイト設計で検索順位を向上させることができます。ユーザーが満足し、多くのページが閲覧されるサイトは高い評価を得ることが可能です。

各ページごとに掲載するリンク先、リンクの設置場所、クリックしたくなるバナー、ユーザーファーストなレイアウトなどでページ/セッションが大きく改善した事例が多々あります。詳しくは、コンテンツマップとはをご参考ください。

コンテンツSEO対策の基本的な考え方

コンテンツSEOの基本的な考え方は、ユーザーを満足させるということです。ユーザーを満足させるために、「ユーザーにとって、必要な情報を、必要な形で、必要な量だけ提供すること」を意識することが重要です。

  • ユーザーは何を知りたいのか
  • なぜその情報を知りたいのか
  • どのような形式でコンテンツ化したら満足するか
  • 伝える必要がない情報は排除しているか

上記を意識してコンテンツSEO対策に取り組みましょう。

コンテンツSEO対策4つのコツ

1.競合調査を行う

コンテンツSEO対策のメリットはドメインパワーの強い競合サイトを避けることができる点です。

キーワードプランナーで推奨入札価格が高いキーワードを避ける

▲推奨入札単価は他サイトが力をいれてSEO対策を行っているキーワードを示す指標

MozのDA(Domein Authority)を比較し、強いサイトを見極める

MozBar – Google Chromeを使用し、競合サイトのDA,PAが低いキーワードを選定することがコンテンツSEO対策の勝ち筋です。

2.ユーザーが求める情報を理解した上で執筆する

ユーザーが満足する情報とはなにかをリサーチする必要があります。検索ユーザーにニーズを把握する最も有効な方法は、検索結果画面に表示されているタイトルとタイトル下のスニペットを読み解くことです。

検索結果は現時点におけるユーザーのニーズに応える結果ですので、検索結果かた大きくハズレない情報をコンテンツにすることが重要です。

検索ニーズの取得方法に関しては検索意図とはをご覧ください。

3.専門性・独自性が高い記事を作成する

Googleは記事の信頼性を評価基準としています。著者のプロフィール欄(資格や職業、経歴など)や、著者名の検索回数を基準とし、著者の権威性を測っています。

誰でも書けるコンテンツではなく、1次情報かつ、専門性の高いコンテンツが評価されます。

4.読みやすいレイアウト・デザインにする

読みやすいレイアウト・デザインを作成する上で知っておくべきことは

  1. 人は画面の左上から右下に視線を動かす
  2. タイトルや見出し、画像部分で熟読度が高まる
  3. 文章より画像、動画の方が理解しやすい場合がある
  4. スマートフォンユーザーが見やすい文字・画像サイズで表示させる
  5. 表示速度を低下させる余計なアニメーション、高画質すぎる画像の使用は控える

の5つです。

ユーザーにとって有用なページを作成するために

一度作成した記事でも、時間の経過と共に検索ニーズが変化していくことがあり、検索順位が変化する場合があります。

コンテンツを新たに追加するだけでなく、定期的に内容チェックを行い、情報を最新に保つ事も大事です。

リンク切れや古い情報が掲載されている場合、検索順位の低下を招きます。

オウンドメディアのSEOが失敗する理由

オウンドメディアのSEOが失敗する理由

オウンドメディアはうまく活用できれば驚くほど自社の業績と認知度を高めることができます。しかし、言葉だけが一人歩きしすぎてうまく活用できず失敗している企業も多くあります。

「うちもこれで事業を波に乗せよう」と意気込んで始めても、うまくいかない失敗パターンを5つお伝えしていきます。

1.コンテンツが増える前に予算をオーバー

ネット上にはあまりにも数多くのオウンドメディアがありますが、ほとんどのサイトがコンテンツ数が少ないです。

 数を増やしてGoogleインデックスを高めていき、効果が出るまでに多少なり時間と記事数が必要となります。 有名な企業のサイトであっても認知度は上がりません。

すぐに結果がでないからといって、失敗と判断するのは大きな間違いです。コンテンツが注目度を集めたり会社の認知度が高まったりするようなことを期待しすぎないことが重要です。そしてコンテンツを地道に増やしながら早くても半年から1年と言った時間を考えていく必要があるわけです。うまく予算などが組めず、収益が出る前にそのオウンドメディアを閉鎖させなければいけなくなってしまいます。

2.コンセプトがなく、他のサイトとの差別化がされていない

オウンドメディアの中のコンテンツを増やす時、基本的にチームを組んで作成します。サイトのコンセプトや方向性がバラバラでターゲットがブレてしまい、ユーザーに離脱されてしまうことがよくある失敗例です。

とにかく、時間がかなりかかると担当者がよくわきまえ、 一貫したコンセプトで維持し続けることを計画しましょう。 質の低下やモチベーションの低下を予防することが可能です。

3.収益化に集中してユーザー離れが起こる

メディアの最終的な目的はもちろん業績を高めるために、ひたすら売ることばかりに執着しているせいで誰も寄り付かなくなってしまいます。例えば、記事まとめコンテンツを作った場合にユーザーは役立つと感じず、企業の宣伝ばかりをしているページがよくあります。

恋愛と同じように、相手の話を聞かずひたすら自分の売り込みを必死にやっている人がモテないのと同じです。そこで コンテンツをきちんと作り込んでサービス等の宣伝はあくまで控えめに押さえておくことが重要です。 

4.PVの向上や拡散を狙いすぎている

アクセスを集めてユーザーを拡散しようという考え方だけではいけません。メディアをうまく活用できないパターンに陥ってしまいます。

 アクセス数を増やそうとするばかりで、ターゲットに関係ない記事を量産すると失敗してしまいます。 一時的に注目度を上げるための施策としては有効かもしれませんが、すぐに興味を失われてユーザーが離れていき収益につながらないのです。

5.執筆者や運営者の負荷がかかり続けられない

ペルソナをかなり限定的にしすぎると、記事作成できなくなってしまいます。SEO対策のキーワードを盛り込みペルソナを限定し、記事執筆をしてアップするのはかなり手間がかかります。

記事のネタがなくなって執筆の負荷が大きくなってしまいます。また、執筆するライターに多くのことを要求しすぎて、記事を書ける人がいなくなってしまうか、かなり高額の報酬を払わなければいけなくなってしまうこともあります。。

コンセプトを立てて長く続けられるメディアへ

オウンドメディアの力を過信しすぎて、すぐに結果が出ると勘違いしてしまっている運営者は数多くいます。

多くのアクセスが集まっているサイトも地道に記事を書き続けていたということを忘れないようにしましょう。失敗例を参考にオウンドメディアを見直してみてはいかがでしょうか。

ページスピードインサイトのモバイルページが遅い場合の影響と対策

ページスピードインサイトのモバイルページが遅い場合の影響と対策

 ページスピードインサイトのモバイルページが遅いとユーザーが離脱しやすくなり、SEO対策にも悪影響があります。Googleの調査によると、モバイルページが完全に表示されるまでに3秒以上かかると53%のユーザーは離脱するというデータがあります。改善する方法としては画像の最適化やリソースの圧縮、サーバーの応答時間の短縮、ブラウザのキャッシュの”活用などの方法があります。参考:モバイル表示速度が影響するユーザーの離脱率

1.ページスピードインサイトのモバイルページが遅い場合の影響

  モバイルサイトの表示速度が遅いと、ユーザーがページから離れやすくなり、SEO対策にも悪影響があります。

  現代において半分以上のユーザーはモバイルでサイトを見ています。それで、ユーザー離れを防ぐためにモバイルページの表示速度を上げる事が必須です。ですから、ユーザーの滞在時間を増やしてサイトを楽しんでもらうために、また検索順位を上げて多くのビジターにサイトに訪れてもらうためにも、モバイルページの表示速度を上げる改善をしましょう。

1-1.ユーザーが離脱する

 モバイルサイトの表示速度が遅いと、ユーザーがサイトから離れやすくなります。ネットサーフィンをしている時、サイトのパフォーマンスが悪くイライラして、別のサイトに移ったという経験ありますよね?せっかくサイトに来てくれても、それが原因でユーザーが離れてしまうのは残念です。グーグルの調査は「モバイルサイトの表示速度が1−10秒の場合、サイトのビジターは123%増える」と述べています。

 時間をかけて有益な情報をサイトに投稿したとしても、表示速度が原因でユーザーが離れてしまうなら、本末転倒です。ストレスなくサイトの情報を楽しんで滞在時間を増やしてもらい、さらには、また訪れたいと思ってもらうサイト作りのためにも表示速度を早くしなければなりません。

 

   (引用|“Find out how you stack up to new industry benchmarks for mobile page speed”|Google HP)

1-2.SEO対策に悪影響がある

 モバイルページの表示速度はSEOの検索順位を決める要素の一つです。ですから、ユーザーフレンドリーな表示速度が早いサイトを構築し、SEOの順位を上げる工夫をしましょう。表示速度が遅いとSEOで上位表示を狙うのが難しくなります。そうなればビジターは増えませんし、もちろん収益にも繋がりません。

 SEO流入のユーザーは疑問の答えを知りたいと思っています。しかも、出来るだけ早くそうしたいと思っています。2018年7月から導入された”Speed Update(スピードアップデート)”で

Googleはモバイルページの読み込み速度をモバイル検索のランキング要素に組み入れることを発表しました。Googleはサイト制作者にサイトのパフォーマンスがユーザーに与える影響を考え、モバイルサイトの表示速度が遅いなら対応するよう勧めています。

金谷武昭 Twitter

2.ページスピードインサイトのモバイルページが遅い場合の対策

 対策をすれば、モバイルページの表示速度を速くすることが可能です。最初に、ページスピードインサイトで自分のサイトのモバイルページの表示速度を計測し、原因を探りましょう。

PageSpeed Insights(ページスピードインサイト)

サイトを分析方法は簡単です。「ウェブページのURLを入力」に自分のサイトのURLを入力し、分析をクリックするだけ。以下の6つの項目のラボデータが分かります。

  1. First Contentful Paint First Contentful Paint は、テキストまたは画像が初めてペイントされるまでにかかった時間です。
  2. 速度インデックス 速度インデックスは、ページのコンテンツが取り込まれて表示される速さを表します。
  3. インタラクティブになるまでの時間 操作可能になるまでの時間とは、ページが完全に操作可能になるのに要する時間です。
  4. First Meaningful Paint First Meaningful Paint は、ページの主要なコンテンツが可視化されるまでにかかった時間です。
  5. CPU の初回アイドル First CPU Idle marks the first time at which the page’s main thread is quiet enough to handle input.
  6. 初回入力遅延の最大推定時間 ユーザーに発生する可能性がある初回入力遅延の最大推定時間とは、最も長いタスクの時間(ミリ秒単位)です。

原因がわかれば、必要に合わせて7つの対策をすれば、サイトを軽くすることが可能です。

2-1.画像を最適化する

 画像の容量が大きくて表示速度が遅くなっているなら、画像を圧縮して容量を小さくしなければなりません。なぜなら画像の容量が原因でサイトのパフォーマンスが下がることが多いからです。

  見やすいサイトを作るために画像をたくさん使うと、画像が表示スペースのほとんどを占めていることがあります。それで、画像を圧縮し、ウェブサイトの容量を圧縮しなければなりません。

 Web上で画像を圧縮できるSquooshTinypngを使ったり、プラグインにEWWW Imaga OptimizerやCompress JPEG & PNG imagesを導入して、画像サイズを軽くしましょう。

2-2.HTMLやCSS、JavaScriptを圧縮する

 リソース(HTML、CSS、Javascript) のサイズを圧縮すると、表示速度を速くできます。不要なデータや重複データ、使用されていないコードを発見したなら、それを削除してサイトの容量を軽くしましょう。サイトを分析し、圧縮できる箇所を見つけたならその部分を最適化していきましょう。不要なコメントや改行を見つけたら削除します。そうするなら、不要なリソースがなくなり、サイト全体の容量を減らせます。

2-3.サーバーの応答時間を短縮する

 サーバーの応答時間が遅く表示時間が遅れている場合、それを短縮しなければなりません。サーバーの応答時間は200ミリ秒以下に抑えなければ、ユーザーは別のサイトへ行ってしまいます。そうならないためには原因を見極めなければなりません。

  サイトのデータを計測し調査しましょう。問題が見つかったら改善し、周期的にこの作業を繰り返します。サーバーの容量が足りないならグレードアップしたり、PHPをバージョンアップして改善しましょう。

2-4.キャッシュを活用する

 キャッシュの最適化は、サイトの表示速度を速めるのに効果的です。キャッシュとは、一度アクセスしたサイトのデータをブラウザで一時的に保管しておく仕組みのことです。閲覧したサイトをもう一度表示する時、そのサイトをもう一度インターネット上から開くのではなく、キャッシュに保存されたページから開くため早く表示できます。どのリソースを、どれくらいの期間キャッシュを有効にするかを正しく設定すれば、サイトを高速化できます。

2-5.最初のコンテンツを優先表示させる

 ユーザーが最初に目にする、スクロールしなくても表示されるエリアのコンテンツを少しでも早く提供することを重視しなければなりません。なぜなら、モバイルページの読み込みに 1 秒以上かかった場合、ユーザーの集中力は途切れてしまうからです。それで、最初に見えるコンテンツを表示するのに必要な JavaScript や CSS は外部参照ではなく、インライン化しましょう。

2-6.リンク先でリダイレクトを使用しない

 サイトのパフォーマンスを向上させるために、リダイレクトの使用は最低限に留めておきましょう。なぜなら、リンク先でリダイレクトを使用しているので、表示速度が遅くなっている場合があるからです。リダイレクトとは、ページを訪れたユーザを別のURLに自動的に誘導し、転送させるシステムのことです。パソコンとスマートフォンで同じURLを使うなら、この問題を回避できます。

2-7.静的コンテンツファイルを圧縮する

 静的コンテンツは、動的コンテンツに比べるとレスポンスは早いですが、圧縮するならさらにサイトの表示速度を速めることができます。コンテンツを圧縮したいなら、gzip圧縮がおすすめです。似たような文字列があるなら、それらの文字列を置換することにより、全体のコンテンツサイズを縮小してくれます。

3.ページスピードインサイトのモバイルが遅い場合は対策が必要

 ページスピードインサイトのモバイルサイトの表示速度が遅いと、ユーザーが離れてしまいますし、SEO対策にも悪影響があります。すぐに対策しましょう。

 対策方法は以下の7つです。

  1. 画像を最適化する
  2. HTMLやCSS、JavaScriptを圧縮する
  3. サーバーの応答時間を短縮する
  4. キャッシュを活用する
  5. 最初のコンテンツを優先表示させる
  6. リンク先でリダイレクトを使用しない
  7. 静的コンテンツファイルを圧縮する

 上記の対策をとれば、サイトの容量が減り表示速度が上がります。有益な情報を投稿しても、表示速度が遅いのが原因でユーザーが離れてしまっては残念です。そうならないために、ページスピードインサイトで自分のサイトのスピードを計測し、原因にあった対策をとるようにしましょう。そうすれば、サクサク見れるユーザーフレンドリーなサイトになるでしょう。

 モバイルサイトではなく、Webサイトを軽くしたい方は次の記事をご覧ください。

 重いサイトを軽量化して表示速度を向上させる方法|メディファンド

SEO対策に必要なHTML・XMLサイトマップの違いとは?

SEO対策に必要なHTML・XMLサイトマップの違いとは?

SEO対策に重要とされるサイトマップ。サイトマップが必要ということは分かっていても、サイトマップがどうして重要と言われていて、どんなサイトマップの種類があるのかを問われると、答えに詰まってしまうことありませんか?

サイトマップには「HTMLサイトマップ」と「XMLサイトマップ」があり、双方ともサイトに掲載されている内容の目次という点では共通していますが、それぞれは異なった役割をもっています。その役割を正しく理解し、ポイントを押さえたサイトマップを作りたいものです。

そこで今回は、SEO対策のときに必要なHTMLサイトマップとXMLサイトマップの違いとそれぞれの役割についてお伝えします。

◎サイトマップってなに?

まずは、サイトマップとはどんなものかを確認しておきましょう。

サイトマップは、Webサイト内にあるすべてのページの内容を示している目次のようなものです。「サイトの地図」と訳すことができるその名前のとおり、Webサイトのどこにどんな内容が掲載されているかを示す地図のような存在です。

私たちがWebサイトを閲覧するときに目にしているサイトマップは、「HTMLサイトマップ」と呼ばれるユーザーの利便性を高めるために作られたユーザーのためのものです。このサイトマップを作ることがSEO対策につながっていたこともあったようですが、現在ではSEOへの直接的な効果は得られないとされています。

SEO対策だけに焦点を当てるのであれば、作る必要があるのは検索エンジン向けのサイトマップである「XMLサイトマップ」です。検索エンジンに対してXMLサイトマップを提供することによって、クローラーにより早くページを読み取ってもらい、新しいコンテンツもすばやくインデックスしてもらうことができます。

同じサイトマップでもユーザー向けのものと検索エンジン向けのものでまったく違う役をもっていることを理解しておきましょう。

◎サイトマップの種類とその役割

2種類のサイトマップについて、それぞれの役割と作成することの効果を詳しくみていきましょう。

■ユーザー向けの「HTMLサイトマップ」

Webサイトに訪問するユーザーが、自分の探している情報がサイト内のどこに掲載されているかを確認するために、サイト内のページをリスト化(一覧化)し、HTMLで記述したものを「HTMLサイトマップ」といいます。

HTMLサイトマップは、リストがそれぞれのページへのリンクになっているので、自分が見たい項目をクリックすると該当のページに移動することができます。

探している情報を見つけやすくなるのはもちろんのこと、Webサイト内で迷子になってしまったときなどには元にいたページに立ち戻ることも可能にしてくれます。

検索エンジンがこのHTMLサイトマップを参考にすることはないので、SEO対策への直接的な効果を得ることができません。しかし、このサイトマップを設置することで、ユーザーの利便性を高めることができ、Webサイトのリピーターを増やしたり、リピーターによる口コミで拡散されたりすることにはつながる可能性があります。

直接的なSEO効果を期待できないという理由だけで、HTMLサイトマップを設置しないという決断をせず、それ以外の効果についても検討したうえで設置の可否を判断しましょう。

■検索エンジン向けの「XMLサイトマップ」

Webサイトを検索エンジンに掲載してもらうためには、検索エンジンにWebサイトの各ページをクロールしてもらう必要があります。クローラーに巡回してもらい、インデックスしてもらって初めて検索結果に表示されるようになります。

クローラーは定期的に巡回してくれてはいるものの、新しいコンテンツや深い階層に接地されたページは、巡回までに時間を要してしまうことも。そんな巡回までの時間差を埋めてくれるのが「XMLサイトマップ」です。

検索エンジンに対してWebサイト内のコンテンツの詳細をXMLで記述したサイトマップを提供することで、効率的なクロールとすばやいインデックス化を実現することができます。いつやってくるか分からないクローラーを待ち続けるよりも、少しでも早く検索結果に表示されるようクロールを促すことは、SEO対策のひとつとして効果的といえます。

さて今回は、HTMLサイトマップとXMLサイトマップの違いとそれぞれの役割についてお伝えしましたがいかがでしたか?

同じサイトマップとはいえ、ユーザーの利便性を高めるためにユーザー目線で作成する「HTMLサイトマップ」と、検索エンジンに対してコンテンツの詳細を伝え、検索結果への表示を早めるために作成する「XMLサイトマップ」では目的も役割も構成もまったく異なります。

それぞれのサイトマップの役割を正しく理解し、自分の運営するWebサイトに必要なサイトマップはどれなのかを検討してから作成にとりかかりましょう。

「HTMLサイトマップ」と「XMLサイトマップ」の役割を理解しよう

  • Webサイトへの訪問者の利便性を高めるHTMLサイトマップ
  • 検索エンジンの効率的なクロールとインデックス化を促すXMLサイトマップ
  • 直接的なSEO効果を見込めるのはXMLサイトマップ
  • HTMLサイトマップにも間接的なSEO効果の可能性はあり

Webサイトを運営するうえで、双方のサイトマップが必ずしも必要というわけではありません。Webサイトに掲載されている内容や、ユーザーの特性なども考慮しながら、自分のWebSサイトに適していると判断したものを作成するといいでしょう。

コンテンツSEOとは?普通のSEO対策とは何が違うの?

コンテンツSEOとは?普通のSEO対策とは何が違うの?

SEO対策を施したコンテンツを更新することによって検索順位の向上を狙う施策をコンテンツSEOといいます。Googleはコンテンツに対して大きな評価基準を持っているのでコンテンツSEOが効果的だと言われています。

コンテンツSEO対策は弱者の戦略です。広告費やSEO対策に費やせる労力や費用が少ない企業に効果的な手段です。

本記事では、Googleが求める良質なコンテンツで検索上位表示を狙うSEO対策の方法をお伝えします。

参考SEO対策とは-検索上位を狙う方法

コンテンツSEO対策の方法

1.適切なSEOキーワード選定を行う

コンテンツSEOキーワード
コンテンツSEOで狙うと効果的なSEOキーワード(CV:コンバージョン)

検索ボリュームの大きいキーワードを狙うことがアクセスアップにつながる要因です。

また、競合サイトが力を入れてSEO対策をしているコンバージョン率の高いキーワードを選定してしまうと、上位表示までに時間がかかったり、上位表示させるためのコストが大きくなってしまいます。

2.ユーザーの検索意図を分析する

SEOキーワードを選定したら、なぜその検索キーワードを検索窓に入力したのかというユーザーの検索意図を分析する必要があります。(参考:検索意図とは

3.Googleが評価する良質な記事を作成する

  • 自然な被リンクを獲得できる記事
  • ユーザーが知りたい有用な情報を提供している記事

が良質な記事です。

Googleが定義する高品質なコンテンツとは

Googleの品質評価ガイドラインでは、高品質なコンテンツには下記3点が必要だと記載されています。

  • Expertise(専門性):その分野に対して詳しいこと
  • Authoritativeness (権威性):その分野において認められている存在であること
  • TrustWorthiness (信頼性):サイト及び運営者に信頼がおけること

参照元:品質評価ガイドライン(General Guidelines)|Google

Googleはコンテンツの質を検索順位を決める評価の一つとしています。

検索結果のより上位に自ページを表示させることに主眼を置く、品質の低いサイトの順位が下がります。その結果、オリジナルで有用なコンテンツを持つ高品質なサイトが、より上位に表示されるようになります。

引用:日本語検索の品質向上にむけて|ウェブマスター向け公式ブログ

良質なコンテンツを作成して発生する自然な被リンクは検索順位向上に大きく影響します。

PageRank のアルゴリズムでは、ページ間のリンクを「投票」と解釈し、どのサイトが他のページから最高の情報源として投票されているかを分析します。

引用:Google が掲げる 10 の事実|Google

※PageRankは2019年時点では非公開です。

自然な被リンクを獲得するコンテンツやユーザーにとって有益な情報をコンテンツにする場合はSEOで重要なコンテンツの質とはをご参考ください。

4.コンテンツを充実させる

類似キーワードを狙う競合サイトが多い場合は、コンテンツ数が多く、専門性の高いドメインが優遇されます。

しかし、評価が高くなるコンテンツ数に明確な基準はありません。

3記事の記事投稿で月間30000PV弱
3記事の投稿で月間29000PVのサイト。広告出稿、SNS拡散などの施策は行っていない。

記事数や文字数を増やすよりも、質の高いコンテンツを増やすことが重要です。

5.SEO対策で効果を出しやすいサイト設計を行う

サイト設計で検索順位を向上させることができます。ユーザーが満足し、多くのページが閲覧されるサイトは高い評価を得ることが可能です。

各ページごとに掲載するリンク先、リンクの設置場所、クリックしたくなるバナー、ユーザーファーストなレイアウトなどでページ/セッションが大きく改善した事例が多々あります。詳しくは、コンテンツマップとはをご参考ください。

コンテンツSEO対策の基本的な考え方

コンテンツSEOの基本的な考え方は、ユーザーを満足させるということです。ユーザーを満足させるために、「ユーザーにとって、必要な情報を、必要な形で、必要な量だけ提供すること」を意識することが重要です。

  • ユーザーは何を知りたいのか
  • なぜその情報を知りたいのか
  • どのような形式でコンテンツ化したら満足するか
  • 伝える必要がない情報は排除しているか

上記を意識してコンテンツSEO対策に取り組みましょう。

コンテンツSEO対策4つのコツ

1.競合調査を行う

コンテンツSEO対策のメリットはドメインパワーの強い競合サイトを避けることができる点です。

キーワードプランナーで推奨入札価格が高いキーワードを避ける

入札単価
推奨入札単価は他サイトが力をいれてSEO対策を行っているキーワードを示す指標

MozのDA(Domein Authority)を比較し、強いサイトを見極める

SEOキーワード選定PA,DA
mozbarを利用したPA,DA値

MozBar – Google Chromeを使用し、競合サイトのDA,PAが低いキーワードを選定することがコンテンツSEO対策の勝ち筋です。

2.ユーザーが求める情報を理解した上で執筆する

ユーザーが満足する情報とはなにかをリサーチする必要があります。検索ユーザーにニーズを把握する最も有効な方法は、検索結果画面に表示されているタイトルとタイトル下のスニペットを読み解くことです。

検索結果は現時点におけるユーザーのニーズに応える結果ですので、検索結果かた大きくハズレない情報をコンテンツにすることが重要です。

検索ニーズの取得方法に関しては検索意図とはをご覧ください。

3.専門性・独自性が高い記事を作成する

Googleは記事の信頼性を評価基準としています。著者のプロフィール欄(資格や職業、経歴など)や、著者名の検索回数を基準とし、著者の権威性を測っています。

誰でも書けるコンテンツではなく、1次情報かつ、専門性の高いコンテンツが評価されます。

4.読みやすいレイアウト・デザインにする

読みやすいレイアウト・デザインを作成する上で知っておくべきことは

  1. 人は画面の左上から右下に視線を動かす
  2. タイトルや見出し、画像部分で熟読度が高まる
  3. 文章より画像、動画の方が理解しやすい場合がある
  4. スマートフォンユーザーが見やすい文字・画像サイズで表示させる
  5. 表示速度を低下させる余計なアニメーション、高画質すぎる画像の使用は控える

の5つです。

ユーザーにとって有用なページを作成するために

一度作成した記事でも、時間の経過と共に検索ニーズが変化していくことがあり、検索順位が変化する場合があります。

コンテンツを新たに追加するだけでなく、定期的に内容チェックを行い、情報を最新に保つ事も大事です。

リンク切れや古い情報が掲載されている場合、検索順位の低下を招きます。