オウンドメディア戦略の事例から見る成功のための目的設定

オウンドメディアの戦略を決めるには、目的を先に決定する必要があります。つまり、何のためにオウンドメディアを運用するのかをベースにして、戦略が決定されるということです。成功しているオウンドメディアは、目的がはっきりとしており、それに合わせたコンテンツ制作を行ない、情報を発信しています。オウンドメディア運用に実績のあるメディファンドが、成功事例から戦略と目的を解説します。

参考オウンドメディアとは

参考他社がオウンドメディアを運用する目的と設定しているKPI

参考オウンドメディアでSEO対策に失敗する企業5つの共通点

オウンドメディア戦略の成功事例

オウンドメディアと一口に言っても、その目標は企業によって異なります。例えば、すぐに想定できるのは新規顧客の獲得ですが、それ以外にも既存顧客との交流であったり、自社の価値観に適合した人材の採用であったりさまざまな目的でオウンドメディアは活用されます。
代表的なオウンドメディアの成功事例と紹介されるWebサイトおよびその目的をまとめると次のようになります。それぞれの特徴について説明します。

  • サイボウズ式|知名度向上に特化
  • Hugkum(ハグクム):ユーザーの信頼度を上げる
  • アマノ食堂|顧客のエンゲージメント向上
  • Lidea(リディア)|商品開発・販売のヒント
  • メルカン|採用ブランディング
  • 北欧、暮らしの道具店|ECサイト一体型

サイボウズ式|知名度向上に特化

サイボウズ式のWebサイト
サイボウズ式はChatworkやkintoneなどのグループウェア開発・提供を行っている企業が運営しているオウンドメディアです。オウンドメディアといっても、自社の製品やサービスについてはほとんど紹介せずにサイボウズの「チームワーク」「働き方」「多様性」などに対する価値観を外部に伝えることを目的にしています。
メディアを運用する際は通常アクセス数やPVなどのKPIを設定しますが、あえてサイボウズ式ではKPIを追求せずに自社の価値観に則った記事を公開しています。
とはいえ、月間PV数は平均20万PV以上あり、過去にはFadebookで1万いいね以上を集めた記事もあります。
サイボウズの企業としての知名度及びイメージの向上に貢献しているメディアだと言えます。

Hugkum(ハグクム)|ユーザーの信頼度を上げる

HugKumのWebサイト
Hugkumは出版社の小学館が運営するオウンドメディアで、幼児から小学校低学年のお子様がいる保護者を対象にしたメディアで、「パパママの教養」「学ぶ」「自由研究」「健康」「遊ぶ」「食べる」「ファッション・美容」「おでかけ・旅行」などの多様なテーマの記事を公開しています。月間総PV数は1,100万PV以上、月間総UU数は600万UU以上を誇っています。
子育てに悩むユーザーに役立つ情報を提供することを大切にしており、商品を紹介する場合も自社の商品だけではなく他社の商品も含めて良い商品をセレクトして紹介しています。自社の販促ではなくユーザー利益を重視する姿勢を示すことにより会社に対するユーザーの信頼度向上の効果が期待できます。

アマノ食堂|顧客のエンゲージメント向上

アマノ食堂のWebサイト
アマノ食堂はアサヒグループ食品が運営している食に関するオウンドメディアです。「おいしい食・人・暮らしのあれこれが集まる場所」をコンセプトに料理に関するレシピ集、料理人のコラム・対談、食材や調理方法に関する豆知識などが掲載されています。
月間100万PV以上を誇るメディアで、ターゲットとなる30代前後の女性の取り込みに成功ています。アマノ食堂ではメディアで自社商品以外にもついても積極的に紹介しながら、コンバージョンの1つとして自社のフリーズドライのお試しセットの申し込みを設定しています。これはメディアを通じて顧客のエンゲージメントを向上させ、最終的にお試しセットからマネタイズしようとしているのだと考えられます。

Lidea(リディア)|商品開発・販売のヒント

LideaのWebサイト
歯磨き粉や洗剤などの日用品メーカーのライオンが運営している「Lidea(リディア)」というオウンドメディアは商品開発・販売のヒントを獲得するためのオウンドメディア事例として挙げられます。
リディアでは商品を使って日常生活のちょっとした悩み事を解決する課題解決型のコンテンツが豊富に用意されています。
これからのコンテンツに対するユーザーのメディア内の行動を分析することにより消費者動向のインサイトをつかみ、営業担当が販売店舗への商品提案に役立てたり、製品の売り上げアップに活用したりしています。
ライオンのように主に販売店経由で商品を販売する形態をとっている企業の場合、メディアで直接売上アップを狙うのではなく、メディアでデータを収集して、そのデータを間接的に販売に役立てるといった手法も有効です。

メルカン|採用ブランディング

メルカンのWebサイト
メルカンはフリマアプリのメルカリが運営している採用のためのオウンドメディアです。メルカン内では社内の様子や雰囲気、仕事内容などがわかるコンテンツが豊富に用意されています。
オウンドメディアは売上アップや認知度向上といったフロントオフィス側の役割だけではなく、採用・人事といったバックオフィス側にとっても有効な武器となりえます。
採用のためのオウンドメディアを運営することにより、応募者の母集団を増やす、入社後のミスマッチを防ぐなどの効果が期待できます。

北欧、暮らしの道具店|ECサイト一体型

北欧、暮らしの道具店のWebサイト
オウンドメディアの成功事例としてよく語られるのが「北欧、暮らしの道具店」というメディアです。北欧テイストの雑貨を取り扱っているクラシコムという通販会社が運営しているメディアで、ECサイトとメディアが一体型になっているという特徴があります。
オウンドメディアと共にSNSも運営しており、新商品の情報や生活に役立つ知識・コラムを配信して多くのファンを集めています。
通販サイトの場合、店舗のように接客ができず、Amazonのように型番商品を中心に販売していると価格競争に陥りがちなので、いかに商品の魅力を伝え価格以外で勝負するのかは重要なポイントとなります。
「北欧、暮らしの道具店」にはこのようなメディアを使ったECの販促に関するヒントが数多く含まれています。

オウンドメディア戦略を立てる前に目的を考える

オウンドメディアは無目的で運営しても成果をあげられません。メディアの運営・構築の前提として、目的を考えなければなりません。目的によって設定すべきKPIは異なりますし、必ずしもアクセス数やPVなどの指標にこだわるべきではないケースもあります。メディアの運営目的は大別すると「知名度の向上」「ブランディング」「新規ユーザーの確保」「商品開発・販売のヒント」の4種類に分類できます。
参考オウンドメディアのコンセプト設計方法-情報収集段階のユーザーニーズに応える-

参考WebマーケティングにおけるKPI設定方法と成約までの目標指標事例

参考ゼロから立ち上げるオウンドメディアの作り方マニュアル

知名度の向上が目的の場合

製品やサービスの知名度向上のためにオウンドメディアを活用する場合があります。商品の知名度が低く、情報が少ないといくら良い商品であってもユーザーは購入するのに二の足を踏みます。特に自社で直販せずに、小売店などを通じて商品を販売しているメーカーの場合、小売店の棚に自社の商品を置いてもらう、消費者が陳列されている商品から自社の商品を選ぶためには知名度は重要な要素となります。
例えば、課題解決型のメディアを運営することにより、自社の商品名やサービス以外の検索キーワード経由で集客、ユーザーに悩みを解決すると共に自社の商品を簡単に紹介することにより商品の知名度を向上させるといった手法が考えられます。

ブランディングが目的の場合

オウンドメディアは会社や商品のブランディングにも役立ちます。サイボウズのサイボウズ式やメルカリのメルカンはその典型的な例だといえるでしょう。
メディアによるブランディングにおいてポイントとなるのは、売上アップだけではなく採用や組織づくりにも活用できることです。また、ブランディングを主目的にするのであれば、アクセス数やPV数などのどれだけリーチしているかを計る数値をKPIとせずに、ユーザーのリピート率や平均PV数のようないかにユーザーがメディアを読み込んでいる、リピートしているかを計る指標に気をつかうべきです。

新規ユーザーの確保が目的の場合

新規ユーザーの確保についてもオウンドメディアは有効なツールとなりえます。例えば、比較サイトのようなサービスにとってメディアは安価にユーザーを集める手法としてよく採用されています。
ただし、新規ユーザーを獲得していきなり商品の購買に至るというケースは少ないので例えばメルマガやLINE登録者を増やすことを目標にして、その後の営業方法は別途準備するといったように、新規ユーザー獲得から売上になるまでの一連の過程は設計しておくべきです。

商品開発・販売のヒント収集が目的の場合

オウンドメディアには商品開発・販売のヒントに役立つ情報が集まります。例えば、アクセスが集中しているコンテンツ、流入キーワードにはユーザーの悩み・商品開発に関するヒントが隠れていますし、販売する際の商品の見せ方の参考にもなります。
ただし、これらのデータを分析、品質を担保するためには一定以上のサンプルが必要になるのである程度のPV数が確保されたうえで、SEO対策が十分なことが条件になります。メディア運営の初期にはこのような目標は難しいかもしれませんが、一定以上のメディアに成長すれば、そこから商品開発・販売のヒントを見つける仕組みづくりもした方が良いでしょう。

オウンドメディア戦略は目的を基本にして決定される

どの目的を選択するかによってオウンドメディアのコンテンツ作りやKPIの管理手法など運営に関わるさまざまなことが変わります。よって、メディアを構築する際には第一に目的を明確にすることが重要です。
「知名度の向上」「ブランディング」「新規ユーザーの確保」「商品開発・販売のヒント」がよくある目的ですが、例えば知名度の向上、新規ユーザーの確保の両方を目指すといったように複数の目標を両立させることも可能です。

オウンドメディアとは?事例から分かる自社Webメディアの存在意義

オウンドメディアとは、消費者に対して発信する自社情報媒体すべてを指しますが、Webマーケティングの領域においてはブログやポータルサイトなどの情報ストック型Webメディアを意味します。

オウンドメディアの位置づけと顧客獲得の仕組み
▲オウンドメディアは検索エンジン、SNS、広告からアクセスを集め、見込み客育成を行う中継地点の役割をもつ

オウンドメディアとは

オウンドメディアとは、自社が所有するWebメディアを意味します。

アーンドメディア・ペイドメディアと合わせて「トリプルメディア」と呼ばれる、マーケティング戦略に用いられるメディアを3種類に分類した概念のひとつです。

トリプルメディアは、それぞれ

オウンドメディア=自社が所有する

アーンドメディア=SNSなどで自然拡散する

ペイドメディア =広告費を支払って掲載する

という性質を持っています。

オウンドメディアの特徴は、自社で管理・運営を行うため、発信する情報を自社でコントロールすることができる点です。

マーケティング戦略に合わせて、見込み顧客やファンに向けて適切な情報を提供することができます。

また、インターネットやSNSの普及・多様化によって、企業と顧客のコミュニケーションにはさまざまな形式ができました。

 多様化するコミュニケーションにおいて、オウンドメディアはアーンドメディア・ペイドメディアを補完し、相乗効果を生み出すことができます。 
トリプルメディアとは
▲トリプルメディアの内訳とオウンド、アーンド、ペイドメディアの連携

アーンドメディアは発信内容が顧客にゆだねられているため、内容を自社でコントロールすることができません。しかし、オウンドメディアよりも顧客同士や自社と顧客間のコミュニケーションに長けています。

ペイドメディアは広告のスペースや文字数に制限があるので、伝えたいメッセージをすべて伝えきることはできません。しかし、オウンドメディアよりも多くの人に認知される影響力を持っています。

トリプルメディアにはそれぞれに役割があり、強みと弱みを補完し合うことで、相乗効果を生み出すことができます。

トリプルメディアのそれぞれの役割については「>トリプルメディアとはオウンド,アーンド,ペイド3種のメディア」を参考にしてください。

オウンドメディアが注目されるようになった2つの理由

オウンドメディアが注目されるようになったのには、2つの理由があります。

1.広告費の削減

オウンドメディアは広告費の削減手段として注目されています。

国内のインターネット広告媒体費は

2010年 6,077億円

2018年 1兆4,480億円

(引用:>日本の広告費|電通)

と、年々高騰していて、今後も高騰を続けると予想されています。

従来のマーケティング戦略では、リスティング広告やバナー広告といったインターネット広告や、新聞広告・テレビCMなどのペイドメディアが売上を伸ばす有力な手段でした。

しかし現在では、顧客とのコミュニケーションの接点が多様化したため、そのすべてで広告を出稿するには、予算がいくらあっても足りません。

競合他社よりも少しでも露出を多くするには、単純に他社よりも費用をかける必要があるからです。

約3割の企業が500万円以上をWeb広告費に充てているという調査結果もありますが、従来のマーケティング戦略のまま、費用削減をすると売上も落ちてしまいます。

(引用:>リスティング広告とは?平均費用、キーワードの選定、平均数値などまとめました!|エムタメ

その点、オウンドメディアは自社で構築・運用をすると1万円以下で可能です。

ペイドメディアに比べて断然安く、顧客へのアピールをすることができます。

また、コンテンツをストックできるので、たとえ更新が止まったとしても顧客へのアピールを続けることができます。

過去のコンテンツであっても、掲載されている情報が顧客から求められ続ける限りは検索やSNS経由で読まれるからです。

 オウンドメディアを運用することで、低価格で顧客を生み出すコンテンツという資産をストックすることができます。 

2.ブランディング効果

オウンドメディアにはブランドイメージを刷り込む効果があります。

ブランディングが成功すると、iPhoneのように例え販売金額を上げても、顧客に選んでもらえるようになります。

オウンドメディアでのブランディングは、専門性の高いコンテンツをストックしていくことで、顧客が繰り返し訪問し、成果を出していきます。

顧客に「このサイトは役に立つ情報を提供してくれる」と認識されることで、サイト、そして自社への信用度が増していきます。

また、コンテンツを通じて自社のメッセージを伝えることで、自社への共感や企業理解も期待できます。

顧客の「ファン」化に成功すると、商品やサービスの販売に「売り込み」は不要です。オウンドメディアで作られた信頼感によって、顧客は自社の商品・サービスを選択してくれるようになります。

競合他社と比較検討されにくくなったり、継続発注をもらいやすくなるなど、 ファンを作ることで売り上げの増加が期待できます。 

オウンドメディアの事例

しっかりと目的を定め、運用に成功しているオウンドメディアの事例を3つ紹介します。

レッドブル・ジャパン

(引用|>レッドブル・ジャパン

レッドブル・ジャパンの公式サイトでは、スポンサーをしているスポーツの大会やアスリートに関するコンテンツを掲載しています。

商品の紹介は最小限にとどめ、レッドブルの企業理念や商品のイメージ構築を目的としています。

mercan(メルカン)

(引用|>mercan(メルカン)

「mercan(メルカン)」はフリマアプリ「メルカリ」を運営する株式会社メルカリのオウンドメディアです。

メルカリの会社としてのカルチャーや、社員の人柄が伝わるようなコンテンツを掲載しています。

メルカンの運用によって、一般の顧客が会社自体のファンになってくれるだけでなく、就職希望者に社内の雰囲気などを伝えることができるため、カルチャーマッチする人材を採用できるという特徴があります。

北欧、暮らしの道具店

(引用|>北欧、暮らしの道具店

「北欧、暮らしの道具店」は株式会社クラシコムが運用するオウンドメディアです。

ECサイトでもありながら、スタッフの商品使用レビューやメイク・ファッションに関するコンテンツを掲載しています。

まだ商品を買う気がない人に商品のイメージを持ってもらい購買意欲を高めることを目的にしています。

しっかりとした目的の設定は、オウンドメディア成功の鍵になっています。

やみくもにコンテンツを作成するだけでは、顧客の信頼を得ることやファン化を期待することはできません。

目的に沿ったオウンドメディア運用で顧客をファンにする

質の低いコンテンツでは検索流入が少なくなるため、オウンドメディアの特徴である広告費削減とブランディングという効果を発揮できないばかりか、かろうじて流入してくれた顧客に対して「役に立つ情報がない」とマイナスイメージを付けてしまうことさえあります。

商品の認知度向上・採用向けのブランディング・オンラインでの購入増加・企業の世界観を広める・新規顧客の獲得・既存顧客のファン化など、オウンドメディアでできることは多岐わたります。

目的に沿った質の高いコンテンツを掲載することで、オウンドメディアを100%活用することができます。

ブログ集客で成功する7つのコツ【2021年版】

ブログ集客で成功する7つのコツ【2021年版】

ブログ集客で成功するために必要なのは努力ではなく、少しのコツです。

毎日頑張って更新しているブログから何とか集客したいと思っている人のための、初心者でも簡単に実践できる、ブログ集客で成功する7つのコツをお伝えします。

ブログ集客で成功する7つのコツ

▲ブログ集客で成功するコツは、ペルソナやKPI・KGIなどの設定、ベネフィット入りの案内ページの作成、顧客導線の設計、SEO対策などがある

ブログ集客で成功するためには、

  1. ペルソナとカスタマージャーニーマップを作る
  2. KliI(通過点)とKGI(ゴール)を設定する
  3. ベネフィットを入れた商品・サービス案内ページを作る
  4. 悩みに対する解決記事を書く
  5. 文章力を磨く
  6. 顧客動線を設計する
  7. SEO対策をする

という、7つのコツがあります。

7つのコツを押さえることで、「初心者」を卒業することができます。

7つのコツのうち何ができていて、何ができていないのか、自分のブログと照らし合わせてみてください。

1.ペルソナとカスタマージャーニーマップを作る

ペルソナを作る

ブログ記事を書くうえで、ペルソナの設定は必須です。

ペルソナを設定せずに書かれた記事は、要点が絞られておらず、内容も薄くなってしまいがちです。

内容の薄い記事は、読者に「役立つ情報だった」「誰かにシェアしたい内容だった」と思ってもらうことが難しくなります。

しかし、初心者は「20代の女性で美容に興味がある」というような、大まかなターゲット像を決めるだけにとどまってしまいがちです。

「20代の女性で美容に興味がある」という情報では、

  • デパートコスメに興味があるが何を選んでいいかわからない
  • 気分によって商品を使い分けたいので、プチプラでいいものをたくさん知りたい
  • 有名人と同じ商品を使いたいが、何を使っているかわからない
  • 人とかぶらない商品の情報が知りたい

など、悩みが幅広くなってしまいます。

「20代の女性で美容に興味がある」といった大枠だけでなく、

  • 28歳
  • 女性
  • 東京都在住
  • 一人暮らし
  • IT系の企業で営業アシスタントの仕事
  • 年収は350万円
  • 趣味はYouTubeでメイク動画を見ること
  • 週に1回体型維持のためにジムに通っている

のような、具体的にある人が想像できるほどにまで情報作った「ペルソナ」が必要です。

ペルソナを明確に設定することで、「どんな悩み」を抱えている、「誰に向けて」のブログ記事かはっきりさせます。

そして、「どんな悩みを抱えている」かをはっきりさせると、キーワードを絞ることができます。

キーワードを絞ることで、ブログ記事の方向性もしっかりと定まり、読者にとって「この悩みに関してなら、このブログ記事」と認識してもらうことができます。

どうやってペルソナを設定すればいいのか迷った人は「ペルソナは絶対必須!ブログ運営時のペルソナテンプレート」の記事にテンプレートを用意しているので、ぜひ活用してください。

カスタマージャーニーマップを作る

ペルソナの設定をしたら、設定したペルソナをもとにカスタマージャーニーマップを作ります。

カスタマージャーニーマップに沿った内容の記事を掲載することで、読者の購買意欲を高めることができます。

カスタマージャーニーマップとは

  • 認知
  • 興味関心
  • 検索
  • 購買
  • 情報共有

の5つのフェーズで、ペルソナの心理と行動のプロセスを表したものです。

ペルソナがどうやって商品を「認知」し、何がきっかけで「興味関心」を持ち、どう他の情報を「検索」し比較検討することで、なぜ「購買」に至り、どうすれば周りのひとに「情報共有」したいと思うのか、それぞれのフェーズにおけるペルソナの心理と行動を設計していきます。

カスタマージャーニーマップを設計し、ペルソナが次のフェーズに移るために必要な情報を記事にすることで、ペルソナの心理変化を促して購入・契約につなげることができます。

カスタマージャーニーマップの作成に自信がない人は、「カスタマージャーニーマップとは-消費者の行動と心理変化」の記事に、カスタマージャーニーマップの作成テンプレートを用意しているので参考にしてください。

2.KPI(通過点)とKGI(ゴール)を設定する

ブログ集客を実施するなかで「アクセス数はあるのに、購入・契約に至らない」という状況になることもあります。

アクセス数と購入・契約数が比例しない原因の一つに、適切な通過点とゴールを決めていないことがあげられます。

アクセス数があるということは読者にとって「役に立つ情報」を提供できている証拠です。しかし、アクセスが購入・契約につながっていないのであれば、あなたのブログ記事は「ボランティアサイト」になっていることを表しています。

ボランティアサイトから脱出するためには最終ゴール=KGIと、ゴールまでの通過点=KPIを設定することが重要です。

KPIとは「最終ゴールまでの通過点」に対して、KGIとは「最終ゴール」に対して、達成できているかどうか確認するための指標です。

▲KGIは最終ゴール、KPIは最終ゴールまでの通過点のことをいう

フルマラソンで言うと、「42.195㎞を3時間で走る」という最終ゴールはKGIに当たります。

42.195㎞を3時間で走るためには、1時間で14.065㎞のペースで走ることになります。この「14.065㎞を1時間で走る」という通過点がKPIに当たります。

KPIとKGIを設定すると、漠然と「ブログ集客で売上が上がらない」という状況ではなく、「目標の月〇〇〇円に対して、〇〇〇円足りない」と具体的に把握することができます。

逆に、KGIとKPIを設定していないと「ゴールは達成しているかどうか分からない。通過点もクリアしているか分からない。」という状況になります。

ゴールも現在位置もわからない状況では、何を改善していくべきか判断ができません。

KPIとKGIを設定することで、「今やるべき改善策」を見つけ、ブログ集客を前進させることができます。

KPI設定&改善で利益最大化!ボランティアサイトにならないための施策」の記事では、KPIの設定方法やKPIの改善に必要なデータ取得ツールについて詳しくご紹介しています。

3.ベネフィットを入れた商品・サービス内容ページを作る

あなたのサイトには「どんな商品・サービスを提供しているのか」を明確に書いた、商品・案内ページはありますか?

初心者は自分の考えや日々の日記をブログ記事に書いてばかりで、「結局何を提供しているのかが分からない」状態になっていることも多くあります。

商品・サービスの内容が分からないままでは、読者からの購入や契約はありません。

どんな商品・サービスを提供しているのかを書いたページを作って、読者にアピールすることが重要です。

商品・サービスの内容ページを作るときには、ペルソナが「どうなれるのか」という具体的なベネフィットを入れることがポイントです。

ベネフィットとは、単純なメリットではなく、商品を利用したときに得られる未来のことを意味します。

「Webマーケティングコンサルティング」よりも「契約数を3倍にして売上を上げるためのWebマーケティングコンサルティング」と言う方が、読者は具体的に商品・サービスを使った未来が想像できるので、購買意欲が高まります。

特に個人事業主の場合、「自分だから提供できるベネフィット」に注目すると他の同業の個人事業主と差別化することができます。

「なぜあなたから買うのか」「なぜあなたと契約するのか」という具体的な理由があるほど、購買意欲を後押しします。

メリットとベネフィットの違いや、ベネフィットの種類については「ベネフィットとは[マーケティング用語辞典]」の記事でより詳しく紹介しています。

4.悩みに対する解決記事を書く

初心者のブログ記事では好きなこと・書きやすいことばかりを書いていたり、ブログの目的にあっていない内容ばかりを書いていることがあります。

しかし、ブログ集客で重要なポイントは「ペルソナの悩みを解決する」ことです。

あなたのことをまだ知らない読者にブログを訪問してもらうためには、検索エンジンからのアクセスを意識する必要があります。

人が検索エンジンを利用するのはすでに知っている商品・サービスの詳しい情報を知りたいときや、問題の解決方法を探しているときです。

そのため、まだ商品・サービスを知らない人の検索エンジンからのアクセスを増やすためには、「悩みに対する解決記事」で読者にサイトを認知してもらう必要があります。

「解決方法」を求めてサイトを訪問したときに、悩みの解決方法としてあなたの商品・サービスを提示できれば、購買意欲を高めることができます。

解決方法と商品・サービスを直接的につなげることができなくても、悩みに対する解決方法を掲載し続けることで専門家としての認識を獲得することができ、読者の信頼感を高めることができます。

また、悩みに対する解決記事のなかでも、実際に購入・契約した「お客様の声」を反映した記事は特に有効です。

お客様の声の記事は「購入・契約することによってどうなれるのか」を具体的にイメージすることができ、悩みとその解決方法としての商品・サービスが結びつくので、読者の購買意欲を高めることができます。

すでにお客様がいるときは、インタビューや事例としてお客様の声を反映した解決記事を作成してみてください。

5.文章力を磨く

商品・サービスの案内ページや解決記事を作成しても、読者にとって「読みづらい文章」では、購入・契約につながりません。

読者は「なるべく短く、なるべく簡単に、知りたい情報を手に入れたい」と思っています。

どんな読者にとっても読みやすく、知りたいことが簡単にわかるように書くことがWebライティングに求められる文章力です。

「書きたいこと」を書くのではなく、「読んでもらえること」を書くのが重要です。

短期間でWebライティングの文章力を大幅に向上させる方法」にも掲載している通り、読んでもらえるために必要な要素は、

  • 簡潔な文章
  • 読者を惹き付けるタイトルや見出し
  • 読者のメリットになる文章

の、3つです。

「どうしたら読者のためになるのか」「読者は何を求めているのか」というような、「読者の目線」を意識することが、Webライティングの第一歩です。

そして、ブログ集客においては読者がサイトに訪問してくれなければ、何も始まりません。

サイト訪問を促すためには、読みやすさだけでなくSEOも意識したライティングを行う必要があります。

SEOライティングでは、

  • 「私」などの書き手が主語の単語を使わない
  • リード文(イントロ)では結論から書く
  • 可能な限り文字数を少なくする
  • 指示語を多用しない
  • 「Google」と「グーグル」など同じ意味の単語は統一する
  • 人によって尺度が変わる表現は使わない
  • 例え話を避けて事例を紹介する
  • 「思います」「でしょう」を避ける
  • 丁寧すぎる表現を使わない
  • 一文中に同じ単語を多用しない
  • アルファベットや数字は半角を使う

などのポイントがあります。

読者にとって役立つ情報、良質なコンテンツを検索エンジンに評価される形で提供することで、上位表示とサイトへのアクセスが期待できます。

SEOライティングとは-初心者が必ず知るべき35のコツ」では、SEOライティング初心者でも成果を出すことのできる、コツを詳しく記載しています。

6.顧客導線を設計し、コンテンツマップを作る

顧客導線を設計する

優れた文章力で商品・サービスの内容ページと解決記事を用意していたとしても、それぞれのページの移動がスムーズにいくように設計されていなければ、購入・契約にはつながりません。

読者がが欲しい情報を掲載していたとしても、サイト内の分かりづらい場所にあっては他のサイトへ移ってしまいます。

申し込みページや申し込みボタンは読者の分かりやすい位置に設置していることが重要です。

どういう順番でどの位置に表示させるのがいいのか、読者にたどってほしい経路、つまり「顧客導線」を設計する必要があります。

▲顧客導線は読者に訪問してほしいページから逆算で設計する

顧客導線は最終的に読者に訪問してほしいページから逆算で設計していきます。

例えば読者に申し込みフォームを訪問してほしい場合は、申し込みフォーム→サービス案内ページ→コンテンツページ→トップページという流れの設計です。

顧客導線の意味とは-成約率を高めるマーケティング設計」では、配色やレイアウトといった初心者がこだわりがちなポイントよりも重要な、顧客導線についての詳細をお伝えしています。

コンテンツマップを作る

また、顧客導線をより明確に設計するためには、今あるページ同士のつながりを整理する「コンテンツマップ」の作成が有効です。

どの順番でどのページを訪問することで、読者の購買意欲が高まるのかを考えながら、最終的なゴールへと導線を作っていきます。

場合によっては、必要なページが抜けていることに気が付くかもしれません。

サイト内を整理整頓し、想定通りの順番でページを移ってもらうために、コンテンツマップを利用して内部リンクを適切に設置します。

コンテンツマップとは|作成方法と無料作成ツール3選」では、内部リンクを最適化するコンテンツマップの作成方法を掲載しています。

7.SEO対策をする

ペルソナの設定やコンテンツの中身、文章力や顧客導線など、すべてにおいて問題のないサイトであっても、サイトに読者が訪問しなければ意味がありません。

読者の訪問を得るためにも、SEO対策はしっかりと行う必要があります。

SEO対策には

  • 見出しタグはh1>h2>h3のように階層を意識する
  • 見出しのみでコンテンツの内容を理解できるようにする
  • ディスクリプションは本文を読まなくても記事の内容が分かるように書く
  • altタグを記述する
  • 解説系記事は画像を使う
  • タグを利用するときは、AMliを考慮する
  • 引用する部分は引用タグで囲む(引用タグの近くに引用URLをアンカーリンクで記述)

などのコツがあります。

最近ではスマートフォンでWebページを閲覧する人も多いため、特にAMPの考慮は欠かせません。

AMPとは「Accelerated Mobile Pages」の略で、モバイル端末によるWebサイトの表示を高速化するプロジェクト、あるいはプロジェクトの成果となる一連の技術を意味しています。

AMPに対応しているページは読み込み時間が短く、読者の離脱を防ぐ効果があります。

AMPについては「Googleが推奨する雷マークのAMP表示ってどんな仕組み?」に詳細を記載しています。

ブログ集客初心者を卒業して売上増を狙う

ペルソナ・カスタマージャーニーマップの作成や、KPI・KGIの設定、SEO対策などのすぐに取り掛かれるものから、文章力を磨く、解決記事を書くなどの少し時間を要するものもあります。

7つのコツを実践し、ブログ集客初心者から卒業しましょう。

ブログ集客初心者を卒業したあとは、更なる売上増を目指して「【無料】ブログからの売上を3倍にしたコンテンツ管理ツール」の活用がおすすめです。