ホームページでWEBマーケティングってどうやるの?

ホームページでWEBマーケティングってどうやるの?

WEBマーケティングという言葉がいまいち理解できず取り組んでいない人、多いですよね。「パソコンに詳しくないし難しそう」「WEBに頼らなくても大丈夫」「そもそもWEBマーケティングって何?」といった声をよく耳にします。といってもチラシ集客や地道な営業活動では予算的にも時間的にも限界があります。一方、ホームページ集客は低予算で誰でも取り組めて、地道に取り組めば必ず効果が出る集客方法です。そこで今回は、ホームページ集客のメリット・デメリット、マーケティングの本質についてお伝えします。偏見やアレルギーのある人でも最後まで読んでもらえれば考えがきっと変わるはずです。

そもそもWEBマーケティングって?

WEBマーケティングという言葉に厳密な定義はありません。一般的に、WEBマーケティングとはWEBサイト(=ホームページ)を中心におこなうプロモーション活動を指します。ホームページを中心に据えたマーケティングなので、ホームページ単体での集客はもちろん、SNSを活用してホームページへ集客するのもWEBマーケティングにあたります。WEBマーケティングという言葉を聞いたら「ホームページによる集客のことだな。」と思ってください。

2000~2004年ぐらいの間に「ブログブーム」が始まり今でもブログは多くの人に親しまれています。この時期までは個々人が趣味で楽しむ日記のようなものでした。その後もショッピングサイトの登場などがありインターネットが爆発的に普及しました。楽天などのIT企業はこの頃からインターネットビジネスを中心として展開していましたが、世間的にはごく一部しか取り組んでいませんでした。この時期に大手パソコンメーカーで有名なDELLは他社に先駆けて製品ホームページの整備をおこない、顧客へ直接販売する形式をとることで急激なマーケティング獲得に成功しました。

決定的なのは2010年頃からスマートフォンやタブレットを持つ人が急増したことです。いわゆるスマートデバイスが普及したことで今まで見ていた紙媒体(チラシやパンフレット)よりも企業や商品のホームページを参考にするようになり、紙からWEBへの移行が加速しました。企業の大きさに関わらず、ホームページ集客に取り組む必然性が出てきました。日本の情報通信機器の保有状況の推移(世帯)

(出典:数字で見たスマホの爆発的普及(5年間の量的拡大)|総務省)

ホームページ集客のメリット・デメリット

ここまでホームページ集客がメジャーになるまでの流れをお伝えしました。ここからはホームページ集客のメリット・デメリットについてお伝えしていきます。

4つのメリット

ホームページの閲覧者のデータを測定できる

ホームページ集客におけるメリットは何といっても閲覧した人のデータを測定し、結果が見えることです。誰が、いつ、どこから、どんなキーワードで来たのか、パソコンからなのかスマートフォンなのかなど、かなり踏み込んだデータを採取できます。これによりホームページの良い部分、悪い部分がすべて把握できます。計画→試運転→確認・修正→実行(PDCA)というサイクルを生むことができ、確認・実行の段階で採取したデータが活きます。

他の媒体と比べコストパフォーマンスが高い

ここで覚えておいて欲しいのがホームページ集客では「改善ありき」だということです。ホームページ制作会社に作ってもらって終わりではありません。必ずどこか改善すべきポイントが出てきます。改善に改善を重ねることで集客でき、売上アップにつながります。ところがチラシやダイレクトメールではデータが採取できないので全く改善ができません。ホームページ集客では改善を繰り返しおこなうことで、従来の媒体と比べて高いコストパフォーマンスが期待できます。

見込みの高いターゲットを集客できる

当たり前ですが、サイトを見に来ている人というのは検索したから、サイトを閲覧できているのです。つまり提供する商品・サービスに興味がある人がサイトに来ています。必然的に成約や購入に至るまでの見込みが高いターゲットを集めることができます。ネットが身近になったことでユーザーの検索技術も上がっていて、これまでは検索キーワードが2語(例:アパート 名古屋駅)が多かったのが、最近では3語(例:アパート 名古屋駅 女性専用)に増え、より具体的に調べるようになりました。こうしたユーザー側の変化もあり、ネットでの購入・成約というのは決して珍しいものではなくなりました。

商圏の壁がなくなる

ホームページ集客をおこなうとインターネットを利用している人全員が顧客になり得ます。従来の営業活動(飛込営業、紹介、チラシ…etc)ではアプローチできる数に限りがあります。遠隔地でも対応できる商材・サービスであれば遠方からの集客も可能です。小売業などは特に恩恵を受けやすいです。

3つのデメリット

作ったままでは集客はできない

先ほども述べたようにホームページ集客は「改善ありき」です。例えば、小さい店舗で花屋を開業するとします。開業当初は告知やチラシをまき、来店してもらったらお客様の反応を見るはずです。反応を見て「もっとチラシのまく枚数を増やすべきか」「レイアウトが悪いのかな」「看板が分かりづらいのかな」など考えを巡らせ改善するはずです。これは実店舗でもホームページでも同じで、結局はホームページに来てもらうところから商品・サービスの購入・利用までの導線をひたすら改善し続けることが重要です。実店舗と同じようにホームページも丁寧に根気強く改善し育てる必要があります。

集客までに時間がかかる

先ほどの花屋の例ですと、店舗を構えてチラシをまいたらすぐに1人目のお客様は来ます。チラシや広告は即効性があります。一方、花をホームページで売ろうとすると売れない日が続きます。なぜなら検索結果に引っかからず誰もその花屋のサイトを見ないからです。ネットでの検索結果で上位に表示されたほうが有利で、そのテクニックを「SEO(エスイーオー)」と言います。元はSerch Engine Optmization(検索エンジン最適化)の頭文字を取り、GoogleやYahoo!の検索エンジンにホームページを見つけてもらいやすく工夫することを意味します。このSEOの効果が出始めるまでが一番時間が掛かります。長い目で見ればホームページ集客のほうが圧倒的にコストパフォーマンスは良くなりますが、即効性はチラシなどに劣ります

とりあえずで作ると失敗する

ホームページを作るデメリットとは少しずれますが、「とりあえず作っておこう。」では集客できずほぼ失敗します。なぜならゴールがないからです。ホームページ集客ではゴールをもとに大目標、小目標を設定し、適切な施策を選択します。

  • ゴール:ホームページから1,000万円の売上
  • 大目標:1000人がホームページを閲覧する(閲覧者からの購入率10%、客単価1万円で計算)
  • 小目標:「〇〇」というキーワードで10番目以内に表示される
  • 施策:「〇〇」についての記事を1カ月に10記事ずつ増やす→検索結果の向上のため
  • 施策:閲覧者の離脱が多いページを週に1回は見直す→閲覧者の離脱防止のため

逆にゴールがない、つまり目的もないまま作ってしまうと適切な施策をおこなえません。最終的に形だけのホームページになってしまいます。会社や店舗であれば営業目標が当然のようにありますが、ホームページの話になると目標を掲げなくなるケースが非常に多いです。繰り返しですが、実際の会社や店舗のようにホームページも考える必要があります。

ホームページで集客するためには、閲覧する人が必要な情報にすぐにたどり着けるようホームページ構成を工夫する必要があります。その前に、閲覧する人がどうやってホームページにたどり着くのかも考える必要があります。現状で多いのは先ほどのSEOで検索順位を上げることや、SNS(Facebook、Twitter)、ネット広告(=リスティング広告)で露出を増やすケースが多いです。ホームページ集客では集客から成約に至るまでのプロセス、顧客の導線を絶えず意識する必要があります。

またホームページ集客が当たり前になりつつありますが、ホームページはあくまでマーケティング活動の1つの選択肢で、適さない場合もあります。例えば飲食店であればホームページを開設するより「ぐるなび」や「ホットペッパー」に掲載するほうが効果が出ます。とりあえずで取り組むのではなく、目的を達成するためホームページがあったほうがいいのか、それともなくてもいいのか判断してくださいね

ホームページでWEBマーケティングをおこなう前に

知っておくべきこと

  • 紙媒体やチラシからホームページでの集客に移行する流れ
  • WEBマーケティングとはホームページを中心としたマーケティングのことを指す
  • SNSを活用したホームページへの集客もWEBマーケティングには含まれる

ホームページを作るメリット・デメリット

  • ホームページ閲覧者のデータが採取でき、施策の振り返りができる
  • 改善を繰り返すことで他媒体と比べてコストパフォーマンスがよくなる
  • 見込み度の高いターゲットを集客できる
  • 商圏という概念がなくなるので、小売業などは特に恩恵をうけやすい
  • ホームページを作ったままでは、集客はできない
  • 他媒体と比べて即効性が低いため、効果が出るまで時間がかかる
  • 「とりあえず」で作り始めると集客できないホームページが出来上がる

ホームページ集客は基本的に「そのためにはどうすればいいか?」を深掘りしていく作業です。期待する売上をあげるには、〇人に見てもらう必要がある。そのためには検索順位の向上と併せてネット広告も出す必要がある。そのためには…」といったイメージです。企業や店舗の運営もホームページ集客も同じです。店舗でいう「チラシ」は「ホームページ」、「立地」は「検索順位」、「レイアウト」は「ホームページ内の構成」という風に置き換えられます。きちんと継続して改善を積み重ねていけば他媒体と比べて高い収益性をもたらします。「ホームページは難しそう。」「頼らなくて大丈夫。」と決めつけ、ためらっていた人はぜひこの記事を参考にもう一度考えてみてくださいね。

短期間でWebライティングの文章力を大幅に向上させる方法

短期間でWebライティングの文章力を大幅に向上させる方法

文章を書くのが好きなのに、WEBライティングを始めたら厳しいダメ出しばかりだと自信を無くしますよね。でもそれは、文章力がないからダメ出しをされているのではないのです。まだ自信を無くさないでください。WEBライティングに必要なのは文章力だけではありません。WEBライティングに必要なのは、

  • 簡潔な文章
  • 読み手をひきつけるタイトルや見出し
  • 読み手のメリットになる文章

という視点なのです。どうしたら「読み手のため」の文章が書けるようになるのでしょうか?これさえおさえておけば、すぐにWEBライティングのコツがつかめて、短期間でスキルアップできるようになるポイントをお伝えしましょう。

1.WEBライティングに必要なのは「読ませる力」

悩む女性

WEBライティングを目指す人は、文章を書くことが好きだから始める人がほとんどでしょう。読書も好きだけど、文章を書くのも好きだから文章力にある程度の自信がありますよね。では、文章力がある人がWEBライティングに向いているか、と言うと実はそうではありません。逆にWEBライティングに向いていない書き方をしてしまう恐れがあります。

1-1.簡潔な文章こそWEBライティングに必要な文章力

どのような読み手でも読みやすく、知りたいことが簡単にわかるように書くのがWEBライティングに求められる文章力です。前置きや、長い説明を文章にしても知りたいことがなかなか文章に出てこなかったら、読み手は簡単に「戻る」ボタンをクリックして他のサイトに移ってしまいます。情報があふれているこのインターネット社会で、結論がなかなか出てこないような文章は必要とされていないのです。

1-2.コピーライターの役割

WEBライティングに必要なのは、コピーライターのようなインパクトのある文章で読み手の興味をひきつけることです。サイトを訪れてくる読者は、知りたいことがあって記事を探しています。決して読書がしたくてサイトを訪れてくれたわけではありません。興味がありそうなタイトルだったのに、長くて漢字だらけの文章が書かれていたら前置きだけですぐに興味を失って次のサイトを検索してしまいます。

「書きたいこと」を書くのではなく、「読んでもらえること」を書くのがWEBライティングに必要なことです。

1-3.読み手をイメージする

どんな人がどんなことを知りたくて自分の記事にたどり着いたのか、をイメージしましょう。性別や年齢層はもちろんのこと、検索する事情までイメージする必要があります。どういう状況の人に提供する情報なのか、自分でターゲットを文章化してみるのもいいでしょう。

例えば、「30代後半に入った女性。独身で、ある程度化粧品にお金をかけられる経済状態。化粧品が肌に合わなくなってきたので、30代後半からの女性に向けてすすめられている化粧品を検索している。」と言うようにイメージを文章化します。こうすることでターゲットのイメージが想定しやすくなり、呼びかける対象として文章が書きやすくなります。

1-4.結論は最初に伝える=知りたいと言う気持ちを満足させる

キーワード検索をしてサイトを探している読み手は、知りたいことがあって検索しています。キーワードを検索窓に入力すると、多種多様な検索結果が出ます。その検索結果から自分の記事を見つけ出してくれたのですから、知りたがっていること(結論)を最初に教えてあげましょう。興味をひきつけて離さない、という吸引力になります。

最初に知りたいと言う気持ちを満たしてあげたら、後はゆっくりと目を通してくれます。キーワードにはひっかかったのに、なかなか結論が見えずに何を伝えたいのかわからない文章では、すぐ別のサイトに移ってしまいます。

※結論から先に伝える書き方はSEO対策目的の記事に限ります。

1-5.読み手にメリットがある落としどころを必ず入れる

知りたいことを検索している人は、知った上でメリットがあれば役に立つサイトとしてブックマークをしてくれる可能性があります。読み手に知りたい情報を伝えるだけではなく、どうすれば生活の質が向上できるのかというメリットを伝えてあげましょう。読み手が自分のメリットになるサイトであることを認識してくれれば、リピーターになってくれるでしょう。

2.構成力が必要

困る女性

まずは、記事を書く前に文章の構成を考えましょう。いきなり思いつくままに文章を書くのではなく、構成を組み立ててから文章を書きます。読み手をひきつけるのは、見出しですから、見出しについて考えていきます。構成を組み立て終わったら、全体を眺めて足りないところを足したり、前後を入れ替えたりなどの調整を行います。

2-1.文章を書き始めるより前に構成を考える

構成を始めにきちんと組み立てないと、統一感のない文章になってしまうことがあります。知りたい情報だと思って読んでいるうちに、話の論点がずれていってしまうと読み手は離れていってしまいます。テーマで読み手をひきつけておいて、何を伝えたいのかを最後まで書いていければよいので、やはり構成をきちんと組み立てておく必要があります。

2-2.構成とは見出しのこと

見出しを作っていくことで、構成を組み立てていくことができます。文章の構成が何分割されるのかを考え、見出しを考えます。読み手は見出しだけを見て中身を判断します。大見出し・小見出しなど、箇条書きにして文章がわかりやすいように工夫しましょう。

2-3.見出しの左側に目を引く言葉を使う

人間の目には左から右に目を動かす習性があると言われています。そのために最初に目につく見出しには特に左側に目を引く言葉を使うことをおすすめします。見出しで文章の全体が見えてしまいますから、気になるキーワードは文末ではなく、文頭に持って行って見出しにインパクトを与えましょう。

2-4.構成ができたら全体を眺める

構成は1回組み立てたからと言って、気を緩めてはいけません。全体を眺めてみると話の筋がずれていたり、構成の順番を入れ替えたほうがよかったりと、修正が出てきます。また、書き始めてみると、書きながら修正する部分が出てくることもあるので、話がぶれていかないように注意が必要です。

3.書き出したら一気に仕上げる

パソコンで打ち込み

さあ、構成が出来上がりました。頭の中に全体像があるうちに書き上げてしまいましょう。構成を組み立てているときは、理想的な話の筋道が頭の中にありますが、間が空くとその感覚を忘れてしまいます。文章の文字数にもよりますが、集中力が続く時間を休憩含めて最初に想定しておくと、一気に書き上げるイメージがつくでしょう。

3-1.書き終わる時間を設定する

文章を書くことが好きな人でも、最初は思ったよりも時間がかかります。1,000字に何日もかけてしまうことも!時給換算すると効率が悪いことがわかりますよね。でも、あきらめないでください。経験をこなしていくと、文章を書くスピードは上がります。

書き終わりの時間が納期の期限ぎりぎりではいけません。見直しの時間は必要です。見直してみると修正箇所や、文章の言い回しのおかしなところを書き直していく必要があります。これが結構時間がかかります。書き終わったら一晩おいてから見直すというプロの人も多いです。納期に合わせて余裕を持って時間設定をしましょう。

3-2.テーマ・タイトル・内容・まとめまで一貫しているか?

書きながら、テーマやタイトルを何回も確認しながら書くと方向性を失わずに済みます。クライアントから指示されているコンセプトがあれば、一番わかりやすいですね。再確認しながら書くことで、話がずれていく危険を避けることができます。

WEBライティングでは、結論を最初に持ってくることをお伝えしました。ですから、文末に必要なのはまとめです。伝えた内容をここで要約したら、テーマと照らし合わせてみましょう。お伝えしたことにずれがないかの確認が取れます。

3-3.数字を使うことで記事に具体性がつく

記事の中に数字を入れると、情報が具体性を帯び、文章も理解がしやすくなります。「おすすめ〇選!」というタイトルをよく見かけませんか?あのタイトルの付け方も、内容に具体性があって、読み手にイメージしやすいインパクトがあるためによく使われます。

数字が入ることで、記事のボリュームも想定できますから、読み手が読み始める前に最後まで読めそうな印象を持ってくれます。ただし、文中の見出し全部に数字を入れすぎるのも考えモノです。数字が羅列された文章もまた読みづらくなります。インパクトを与える程度の数字の使い方をおすすめします。

3-4.難解な言葉は必要ない

小説を読むのが好きな人は、難解な日本語をよく知っています。日常的に使うこともあるでしょう。でも、WEBの読み手の人は、難解な日本語に慣れていない人が多いと思っておいた方がよいでしょう。読み手は、すてきな日本語が読みたくてサイトを訪れてくれたわけではありません。知りたい情報があるから自分の記事までたどり着いてくれたのです。

誰もが読みやすい文章を心掛けましょう。専門用語にこだわってみたり、古い使いまわしをしたりすると、読みにくくなり、すぐに読み手は「戻る」をクリックしてしまいます。きれいな日本語の文章にこだわるのは、自己満足になってしまいます。読み手のことを考えられるWEBライターになりましょう。

3-5.修正指摘は伸びしろ

WEBライティングを始めてみると、自分の文章には癖があることに気が付きます。ただしこれは、クライアントが修正指摘をしてくれて初めて気が付くことも多いです。修正指摘されると気分を害するWEBライターもいるそうですが、修正指摘をされないとスキルは上がりません。厳しい修正指摘してくるクライアントは、勉強させてもらっていると思ってどんどん自分の肥やしにしましょう。

3-6.音読をする

最終チェックとして音読してみましょう。誤字脱字が見つけやすくなります。耳で聞くことで、客観的に文章を捉えやすくなりますので、日本語としておかしな文章に気が付きやすくなります。

読み流すのではなく、単語をはっきりと発音しながら音読することでより誤字脱字に気付くことができます。

4.文章は読まれてこそ価値がある

パソコンと女性

文章は、読んでもらえなければこの世に存在しないのと同然です。書いただけでは価値は生じません。「文章は書いても無価値、読まれて有価値、心を動かして資産価値」。まずは、読んでもらえて価値が生じるのです。読み手にとってメリットを提供できれば、読み手の生き方をより良い方向に変えてあげることもできるのです。

読み手が興味を持ってくれるタイトルをつけ、読み手が満足してくれる情報を提供できれば、最後まで飽きずに文章に目を通してくれるような文章を書けるWEBライターにあなたもなれますよ!

ブログを書く前に必ず内部リンクを設計しよう

当ブログメディアではブログの記事数を極力抑え、検索ユーザーに適した情報に合った内部リンク施策を施しており、弊社は毎月安定したお問い合わせを頂いています。

あなたのブログサイトに記事数が100記事以上あるにもかかわらず安定した問い合わせやメールアドレスの取得ができていない場合は、サイト内で見込み客を教育する内部リンク施策がなされていないからかもしれません。

これまで更新した1記事1記事のSEOキーワードや検索意図をどのように仮定し、コンテンツを作成したのか。また、購買意欲をそそる内部リンク先の記事はどのように決めるのか。

これらをすべて把握できるSEOコンテンツ管理シート(Excel、Googleスプレッドシート)を下記ボタンからダウンロードできます。

SEOコンテンツ企画管理シート無料ダウンロード

いきなりブログ記事を更新するのではなく、本シートを利用し、SEOキーワードに基づくコンテンツ企画、ターゲティングを行ってからブログ作成に取り掛かるとブログからの売上が大幅に改善することになるでしょう。